読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

ハヴィエル・コルテス:チアパスFC戦に勝つことは、リギージャ(プレーオフ)進出圏内を確保することだ

f:id:ClaudioSuarez:20170401101544j:plain

 

PUMASは現在リギージャ(プレーオフ)進出圏内である順位表第8位を占めているが、トーナメント終盤において次節の勝利は大きな安心を与えることになる。

 

「この試合とそこで勝ち点3を挙げてリギージャ(プレーオフ)進出圏内を維持することは、非常に重要なんだ。チアパスFC戦に勝つことは、リギージャ(プレーオフ)進出圏内を確保することだよ。」

 

と、この木曜日にオリンピック・スタジアムにおけるトレーニング後の記者会見でハヴィエル・コルテスは語った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170401101607j:plain

 

その場で、彼はPUMASと同様にリギージャ(プレーオフ)進出圏内にいるチアパスFCのようなチームは彼らにとって脅威ではなく、逆に「それは、モチベーションアップする部分だね。終わったことに対しては、振り返らないんだ。最高の形で、土曜日にはピッチで全てを出せるようにしないとね。」と、説明した。

 

彼は各国代表に召集されたダリオ・ヴェロン、ヘスス・ガジャルド、ニコラス・カスティージョらの復帰について、とてもいい形でチームへ戻ってきたと述べた。

 

「それは彼らにとって特別なモチベーションであって、彼らの代表チームと合流した後でとてもやる気になって戻ってきているよ。本当に良いサッカーをしているし、チームにとって彼らの最高なものを持ち帰って帰ってきてるよ。」と、強調した。

 

対チアパスFC戦は、良い試合になるだろう:ブライアン・ラベージョ

f:id:ClaudioSuarez:20170330135044j:plain

 

「チアパスFCは、とても難しい相手だね。メキシコサッカーで、何度も偉大な成績を収めている。彼らのホームでどういうプレーをしてくるか分かっているし、良い試合になるだろう。」と、ブライアン・ラベージョはチアパスにおいて土曜日に行われる試合について語った。

 

彼はまた、こう付け加えた。「対クラブ・アメリカ戦のダービーマッチで負けたくなかったが、もうそれは終わったことだ。順位を上に上げ、我々が位置したい上位を維持するために、全力でチアパスFC戦に集中しなければならないね。この最後の数節は、非常に重要なものとなるよ。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20170330135133j:plain

 

「監督は、全ての攻撃と守備においてハードワークをしているんだ。前進するために、全ての面において改善しなければならないね。僕らは非常に攻撃的なチームで、カウンターアタックを受けることをさらけ出してしまったけれど、それらのことを改善しなければならないんだ。勝ち点3を挙げるために、最良の方法で僕ら自身を開発しなければいけない。」

 

ダリオ・ヴェロン、ヘスス・ガジャルド、ニコラス・カスティージョら3人の各国代表と共に選ばれなかったことについて尋ねられると、こう答えた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170330135148j:plain

 

「僕らの陣容で、カギとなる選手たちなんだ。しかし改善することにおいて、試合に向かってベストな状態で臨むことに集中しなければならないよ。ニコラス・カスティージョはダービーマッチで、素晴らしいゴールを挙げた。今週末のために、戻ってきて欲しいね。非常に重要なプレーヤーの1人だけれど、チームのハードワークに依存しているんだ。全員が、プレーをすることと貢献することに対して同じ願望を持っている。僕らは穏やかで、監督のしていることに自信を持っているんだ。」

 

ホセ・カルロス・ヴァンランキン:PUMASには、対チアパスFC戦で良い結果が出せるようなポジティブな雰囲気がある

f:id:ClaudioSuarez:20170329202218j:plain

 

「今度の試合は、とても難しいものになるだろう。なぜならば、僕らはアウェイだからね。しかしながら3月20日~30日におけるFIFAインターナショナルマッチデーは僕らがハードワークをするのに役立ったし、対チアパスFC戦で良い結果が出せるようなとてもポジティブな雰囲気を持って行けそうなんだ。」と、PUMASの下部組織出身選手である、ホセ・カルロス・ヴァンランキンは火曜日に大学都市の第2グラウンドで語った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170329202243j:plain

 

彼はこの良い雰囲気は、主にコーチ陣の作業によるものであると認識した。「ファン・フランシスコ・パレンシア監督は、次戦を考えてそれをとても巧く行なっているね。気分転換をするべきなんだ。チームは対チアパスFC戦にあたって、いい瞬間を迎えているよ。」と、述べた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170329210947j:plain

 

彼はチームがそれまですることが出来なかったことを分かっていて、もうすでにリギージャ(プレーオフ)進出圏内維持のためにハードワークをしていると語った。

「最大限、ミスの範囲を削減しないといけないよ。残りの試合において、もっと注意深くプレーをしなければならないね。僕らには素晴らしい方法でハードワークを積んでいる自信があるし、トーナメントにおいて良い締め括りをするんだ。」と、強調した。

 

パートナーツアーカップ UNAM 1-4 Cruz Azul

f:id:ClaudioSuarez:20170327194733j:plain

 

クルス・アスルがメキシコパートナーカップにおいて、PK戦でPUMASを制する

 

f:id:ClaudioSuarez:20170327194755j:plain


ギジェルモ・アリソンがアレハンドロ・カストロとケヴィン・エスカミージャらのシュートを止め、4-1で試合を制する

 

f:id:ClaudioSuarez:20170327194814j:plain


規定の試合時間内に自身のミスにより1-1の同点にされた後、ギジェルモ・アリソンが勝者を決めるためのPK戦で2つのセーブによりヒーローとなった


テキサス州ダラスのフェア・パークにあるコットン・ボウルにおいて行われた親善試合は、クルス・アスルのGKがヒーローとなり、アレハンドロ・カストロとケヴィン・エスカミージャのシュートを止め、アラン・メンドーサのゴールのみによって今シリーズ4-1となった。

 

クルス・アスルはアドリアン・アンドレッティとケヴィン・モンターニョ、フランシスコ・ロドリゲス、ロサリオ・コタによるゴールで、規定の試合時間内に1-1のドローであった試合の決着を付けた。

 

 

試合は両チームとも得点シーンに欠けた退屈な内容となり、唯一真の危険な場面は前半13分にマティアス・ブリトスが受けたファールによるペナルティキックを自身が蹴ったものの、アリソンに止められたものであった。

 

 

感動的な場面は最後の5分、アドリアン・アルドレテがフリーキックを直接決め1-0としてクルス・アスルが先制するシーンまでなかった。

 

 

そしてそのまま試合は終わろうかという後半40分、コーナーキックに対して悪い飛び出しをしたアリソンを利用してホセ・アントニオ・ガルシアが同点とした。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170327194851j:plain

 

f:id:ClaudioSuarez:20170327194909j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170327194928j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170327194920j:plain

 

ドローとなった試合は勝者を決めるPK戦となり、前述のとおりGKの活躍によって4-1とクルス・アスルが勝利した。

 

メキシコリーグ2017年後期 第11節 UNAM 2-3 América

f:id:ClaudioSuarez:20170322214036j:plain

 

クラブ・アメリカが大学都市において、PUMASを制する

 

f:id:ClaudioSuarez:20170322214102j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170322214125j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170322214141j:plain

 

敵地で3-2、勝ち点14でリギージャ(プレーオフ)進出圏内へ近づく

 

f:id:ClaudioSuarez:20170322214215j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170322214227j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170422162744j:plain

 

大学都市はクラブ・アメリカにとって脅威なピッチではなく、むしろそれは誇りや勇気、気概を捨てさせるように誘う確執がある。彼らのオリンピック・スタジアムへの到着は、PUMASの餌食になるのではなく、苦しむゲームになると知っていて勝利を挙げるチームであった。CAモナルカス・モレリア対プエブラFCの試合を残して、今トーナメントにおいて初めてリギージャ(プレーオフ)進出圏内に突入したのであった。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170322215145j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170322214727j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170422162828j:plain

 

PUMASは試合開始直後に大胆なところを示したが、危険な場面を作る試みはほんの少しであった。試合開始直後にミゲル・サムディオが右足を負傷したにも拘わらずクラブ・アメリカは守りを固くし、彼らのゲームプランはあえて強調せずオプションがあると分かっていた。クラブ・アメリカは負傷者続出であったが、PUMASの勢いを止めるキャパシティは持っていた。パレンシア監督はやや大胆にもヘスス・ガジャルドをサイドに配置したが、問題は彼が後方から駆け上がるために苦労する点であった。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170322215011j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170322214617j:plain

 

ラ・ボルペ監督は負傷者続出のため、オリジナルプランではへルソン・トーレスがプレーをする予定であったが、コスタリカのアンダー20代表に登録されており、ルールではそういったカテゴリーに登録されている外国人選手は1部リーグでプレーをすることができないため、青年ディエゴ・ライネスにチャンスを与えた。こうして彼はスタメン出場し少ししかボールに触るシーンはなかったものの、そういった場面では即座にボール・コントロールの良さを示した。最初のチャンスを掴んだのは、PUMASだった。ニコラス・カスティージョがヘディングをするためにヘスス・ガジャルドがセンタリングを上げるためにアブラハム・ゴンザレスがボールを繋いだが、そのシュートはゴールバーの上を超えていった。明らかな得点チャンスであり、これが試合の流れを変える要素となった。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170322215214j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170322215231j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170422162922j:plain

 

クラブ・アメリカはPUMASのボールの繋ぎが流れるように行かなかったので、急ぐこともなくうまくボールを収めた。オスマル・マレスのセンタリングからオリベ・ペラルタがヘディングシュートしたボールはゴールポスト脇を掠めたが、チームは守備の秩序を保ち続けた。クラブ・アメリカが先制したのは敵陣でボールをリカバリーし、シルビオ・ロメロがアルフレッド・サルディヴァルの守るゴールポスト右上に突き刺したシュートだった。彼は、今シーズン最初の得点をメキシコシティにおける試合で記録した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170322214551j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170322214647j:plain

 

PUMASのリアクションは、受け身であった。何も爆発せずサポートを欠き、ロングボールを敵陣に放り込むだけであった。クラブ・アメリカは、中盤で何の苦労もなくボールを支配した。ブライアン・ラベージョも、パブロ・バレラもサイドを崩せなかったからである。前半終了間際、クラブ・アメリカは追加点を挙げる。オスマル・マレスが奪ったボールをPUMASはヘラルド・アルコバへのファールであった主張したが、それを許したオリベ・ペラルタはペナルティーエリアに達しアルフレッド・サルディヴァルを交わしてボールを押し込んだ。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170322215102j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170322214512j:plain

 

 

後半は、PUMASの反撃が義務付けられた。チームはより攻撃的に、決定力を持った攻撃をしなければならなかったが、果たしてそういうプレーをした。押し込み、相手陣内でボールを支配し、後半7分ニコラス・カスティージョが相手キーパー:アグスティン・マルチェシンが届かないヘディングで追撃弾を挙げた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170322214909j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170322214921j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170422163010j:plain

 

試合は主導権が変わり、PUMASが反撃に転じた。ラ・ボルぺ監督は、中盤を引き締めるためにディエゴ・ライネスからハヴィエル・グェメスを投入した。PUMASは攻撃の手を緩めなかったが、クラブ・アメリカは抵抗した。アグスティン・マルチェシンはパブロ・バレラのシュートをパンチングで防ぎ、守備陣はゴールマウスを脅かす全てのボールを抑えたが、数回のミスによって引き分けのチャンスを与えてしまった。後半22分、ウィリアンがボールをカットされ、オスマル・マレスがコントロールを誤ったボールを奪ったパブロ・バレラが繋いだチャンスをニコラス・カスティージョがアグスティン・マルチェシンが防げなかった同点弾を挙げた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170422163054j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170422163103j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170422163113j:plain

 

試合はPUMASが逆転するかと思えるほど両チームにとってオープンとなった。アグスティン・マルチェシンは数回、逆転される窮地を救った。終盤セシリオ・ドミンゲスが奪ったボールをカウンターアタックに移ったクラブ・アメリカは、最後彼自らがシュートまで持ち込み再度逆転に成功した。両チームともチャンスを作ったが、PUMASはもうすでに追い付くことは出来なかった。クラブ・アメリカは鍵となる瞬間において、重要な結果を出した。それは敵地であっても、逆境に屈しないという明確な答えであった。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170322214424j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170322214934j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170322214834j:plain


スタメン:

PUMAS:13-アルフレッド・サルディヴァル、2-ホセカルロス・ヴァンランキン、3-ヘラルド・アルコバ、4-ダリオ・ヴェロン、17-ヘスス・ガジャルド、10-アブラハム・ゴンザレス、7-ハヴィエル・コルテス、8-パブロ・バレラ、11-ブライアン・ラベージョ、20-マティアス・ブリトス、30-ニコラス・カスティージョ、監督:ファン・フランシスコ・パレンシア

クラブ・アメリカ:1-アグスティン・マルチェシン、18-ブルーノ・バルデス、6-ミゲル・サムディオ(前半12分、4-エリク・ピメンテル)、21-ダニエル・ゲレーロ、282-エドソン・アルヴァレス、15-オスマル・マレス、7-ウィリアム・ダ・シルヴァ、340-ディエゴ・ライネス(後半12分、5-ハヴィエル・グェメス)、10-セシリオ・ドミンゲス、9-シルビオ・ロメロ(後半18分、11-マイケル・アロージョ)、24-オリベ・ペラルタ、監督:リカルド・ラ・ボルぺ

 

主審:マルコ・アントニオ・オルティス・ナヴァ、副審:アルベルト・モリン、ジミー・アコスタ、第4審:アドナイ・エスコベード

 

警告:

 

PUMAS 前半1分 ヘスス・ガジャルド、後半1分 ブライアン・ラベージョ

クラブ・アメリカ 後半16分 ウィリアム・ダ・シルヴァ、35分 ダニエル・ゲレーロ、45分 アグスティン・マルチェシン

 

www.youtube.com

 

 

マティアス・ブリトス:ダービーマッチ勝利のために、満員のスタジアムでプレーをすることはPUMASにとって希望を持たせてくれる

f:id:ClaudioSuarez:20170318194754j:plain

 

「ウィークデーは力強さを持ってハードワークをし、日曜日のためにベストな方法でサッカーをするようにしているんだ。チケットは完売して満員のスタジアムでプレーをすることを知って、僕らはとても熱狂的でありまた満足してるよ。それは対クラブ・アメリカ戦の勝利を掴むために、PUMASにとって希望を持たせてくれるね。」と、この金曜日にマティアス・ブリトスは対クラブ・アメリカ戦の見通しを語った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170318194819j:plain

 

彼は対クラブ・アメリカのようなライバルと対戦することは、モチベーションが上がると強調した。しかしながら、この試合で対戦するにあたってプレースタイルは変えないだろうと言った。

「レベル的にとても複雑な相手だね。だけど僕らはボールポゼッションを維持して、相手に向かっていつも通り勝ちに行くんだ。これは勝利を掴むためにモチベーションアップし、それを僕らのサポーターへプレゼントするとても素晴らしい試合なんだ。」と、説明した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170318194830j:plain

 

彼はもし勝利を収めればトーナメント終盤へ向かって視界が拡がるので、チームは偉大な責任を持ってホームでプレーをすると強調した。

「非常に重要な勝ち点3になるだろうね。なぜならば、順位表においてリギージャ(プレーオフ)進出圏内である8位以内に鋭く迫るからだ。だが今回は、特別な試合の意味があるね。だってこれはダービーマッチだし、モチベーションと期待が高まるんだ。僕らだけでなく、サポーターにとってもなんだ。だから、彼らの期待に応えたいね。」と、コメントした。

 

ヘラルド・アルコバ:クラブ・アメリカに勝つことは、上位陣との直接対決において上へ行くことになる

f:id:ClaudioSuarez:20170316192807j:plain

 

PUMASは、日曜日の大学都市における対クラブ・アメリカ戦のトレーニングを続けており、ヘラルド・アルコバによればそれは一つの始まりとその後の現トーナメントにおいて記録を出来るということである。

「もし我々が持っている勝ち点とともに進むのであれば、勝てば上位陣との直接対決において上へ行くことになり負ければ少しのプレゼントをすることになるね。」と、語った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170316192851j:plain


彼は今季を含め5シーズンPUMASに在籍し、この類の試合が持っている重要性と勝てば全てにおいて必然的に伴うことを知っている。

「試合の特別な味わいのためにプレーをしたいね。これはダービーであって、常に満員のスタジアムプレーをするんだ。観衆は、僕らに勝って欲しい試合だよね。自分が持っている大きな責任を超えて、とても楽しみたいんだ。」と、説明した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170316192900j:plain

 

ホームで戦えることはそのプレースタイルからしてクラブ・アメリカのようなチームと対戦するためにとても有利な要素であることを強調し、とても尊重しているライバルと対戦するにあたって何も変えないと言った。

「全てのラインにおいて良いチームだし、それを注意しなければならないね。計画したプレースタイルによって集中しなければならないし、いつも相手ゴールを目指すんだ。違うプレースタイルをするときは、常に想定したリスクを負う場合のみだ。」と、述べた。

 

日曜日の対クラブ・アメリカ戦では、クラブは元選手で首脳陣でもあり2度のW杯に出場したアーロン・パディージャ・グィテレスに記念品を贈呈する予定であり、試合開始前にその場を設ける。