読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ 2016年前期 関連記事

ルイス・フエンテス:プエブラへは、賢いサッカーをしに行くんだ

PUMASの主将:ルイス・フエンテスは、今週日曜日に行なわれる対プエブラFC戦について対ヴェラクルス戦の時のような試合をすべきであると話した。 「結果を掴むために、力強くあるべきだ。ちょうど、対ヴェラクルス戦のようにね。プエブラへは、賢いサ…

ヘラルド・アルコバ:PUMASは、リギージャ(プレーオフ)進出しなければならない

「自分にとってチームはリギージャ(プレーオフ)は進出しなければならないが、義務ではなく確定しなければならないんだ。美徳と自身のメリットによる進出であって、他チームのミスによるものではないんだ。」と、PUMASのDF:ヘラルド・アルコバは大…

サンティアゴ・パラシオス PUMAゾーン・スペシャルインタビュー

以前にもこのブログで紹介しました が、メキシコではテレビサ(Televisa、NYSE:TV)はメキシコ、そしてスペイン語圏最大のテレビ局。メキシコシティに本拠を置く。多くの番組はアメリカのユニビジョンでも放送される)という放送局で、毎週水曜日の夜11時…

サンティアゴ・パラシオス:リギージャ進出は、僕ら次第なので圏外に脱落する危険はない

クラブ・ウニベルシダ・ナシオナルは、良い結果を収め目標を達成するためにファン・フランシスコ・パレンシア監督が指揮しているサッカーに確信をしており、2016年メキシコ1部リーグサッカーのリギージャ(プレーオフ)進出するチームの1つである。 オ…

最終節にリギージャ(プレーオフ)進出のために必要な条件は??

現時点で、5チームが進出可能 2016年前期ステージも、たった5チームのみが現リーグ王者:CFパチューカと対戦する権利を得るリギージャ(プレーオフ)まで最終節を残すのみとなった。現時点でクラブ・ティフアナ、CFパチューカ、UANLティグレス…

大学都市の第2グラウンドで行なわれたトレーニング

日曜日の対モナルカス・モレリア戦前の最後の練習風景です。かつてのPUMASにおける往年の名選手のひとりで元メキシコ代表でもあったダヴィッド・パティーニョ助監督が、さわりでナレーションをしています。 PUMASのTOPチームは、メキシコ代表戦…

マティアス・ブリトス:僕らは、日曜日にサポーターがチームに誇りを感じるような試合をしたい

「ホームで勝つにしても、アウェイで勝つにしても、日曜日にサポーターがチームに誇りを感じるようなサッカーをすることに焦点を当てているし、そうなって欲しいんだ。」と、PUMASのFW:マティアス・ブリトスはオリンピック・スタジアムで行なわれた…

アブラハム・ゴンザレスは、彼の所属するチーム:PUMASへの愛を告白

PUMASのMF:アブラハム・ゴンザレスは、彼の所属するチーム:PUMASへの愛を告白した。たくさんの時間をこのメキシコシティで過ごしたいという気持ちが、彼のチームメイトやサポーターによって育まれたからである。「愛さないということは、難し…

現時点におけるリギージャ(プレーオフ)進出可否

2016年前期ステージのレギュラーシーズンも残り2節、唯一2チームのみがリギージャ(プレーオフ)進出を決めている。上位8チームが現リーグ王者であるCFパチューカと戴冠を賭けて戦う資格を得られる。クラブ・ティフアナとCFパチューカが首位争い…

PUMASは、早くも来期最初の補強選手を見据える

2017年後期ステージを想定すると、レギュラーシーズンも残り3節とリギージャ(プレーオフ)のみ。PUMASはリーグ戦と決勝トーナメント準々決勝における対UANLティグレス戦のCONCACAFチャンピオンズリーグという複雑な日程が控えており…

ダリオ・ヴェロン:PUMASは偉大なクラブであり、リギージャ(プレーオフ)進出を逃す訳にはいかない

・パラグアイ人DFは、W杯南米予選の対ペルー&ボリビア戦の自国代表に召集された 「チームメイト同士で話したことだが、クラブはいつも重要なタイトル争いをすべきであり、それをするための陣容は整っている。まずはリギージャ(プレーオフ)進出をすべき…

イスマエル・ソーサは、PUMASサポーターに称えられた

PUMASサポーターは、第14節の対ティグレス戦において相手チームのスターティングメンバー発表の瞬間から大声で拍手した。しかし試合開始前に相手を制するために、ホーム7連勝を期待する熱狂的なPUMASサポーターは「ソーサ!オウンゴールしてく…

パレンシア 対 フェレッティ:生徒 対 先生??

2016年前期ステージ第13節が差し迫り、リギージャ(プレーオフ)進出への切符争いで各クラブが最後の追い込みを始めたかのような様相を呈している。各チーム監督は、勝ち点を挙げるために、ホームもしくはアウェイで負けないための、もう失点しないよ…

アルフレッド・サルディヴァル:僕らの夢は、クラブワールドカップ出場だ

PUMASのゴール・キーパーは、今度の日曜日の対ティグレス戦の前に迎える試合はとても特別な一戦になるだろうと言った。「僕らは、ホームで強いんだ。決勝トーナメントに進出して、サポーターへ喜びを与えたいね。僕らの夢は、クラブワールドカップ出場…

クルス・アスルとPUMASは、FIFAインターナショナルマッチデーに親善試合を開催

11月のFIFAインターナショナルマッチデーのメキシコ代表が参加する2018年W杯北中米4次予選に、試合勘を維持するためにクルス・アスルとPUMASは米国で親善試合を行う。 Houston ,Texas Cruz Azul to face Pumas Friendly!!!November 13 at B…

我々は、敗北に値しなかった:パレンシア

PUMASの監督:ファン・フランシスコ・パレンシアは、たぶんトルーカのピッチで勝利を挙げるまでは彼の欲求不満を隠そうとして、無関心な態度を見せた。今彼のチームは敗北に値せず、審判がすべてを台無しにしてしまったからだ。 さらに「審判については…

デポルティーボ・トルーカFCは、PUMASに対してホームアドバンテージの圧力を掛けようとしている

これが特別な試合であると考えるデポルティーボ・トルーカFCのDF:オスカー・ロハスは、勝ち点3を挙げてリギージャ(プレーオフ)進出圏内を維持するためにチームはホームアドバンテージの圧力を掛けようとしていると語った。「いつも試合は重要で特別…

フィデル・マルティネス:PUMASでエクアドル代表でしたようなプレーをしたい

フィデル・マルティネスはFIFAインターナショナルマッチデーの間、南米サッカー連盟の2018年W杯南米予選においてエクアドル代表として傑出したプレーをした後、PUMASのトレーニングに戻った。そして、今チームで同じようなプレーをしたいと強…

たとえ翌年1月デビューになったとしても、サンティアゴ・パラシオスはPUMASでプレーをしたい

サンティアゴ・パラシオスは、欧州2部リーグで5年間プレーをした後に2016年前期ステージでメキシコ1部リーグにおけるキャリアが始まる可能性を待つことになるだろうとは決して思わなかった。しかし「1年間の契約がある」から、絶望もしなければPU…

アレハンドロ・パラシオス:僕らは、リギージャ進出という目標に近づいている

彼は、今度の日曜日の対デポルティーボ・トルーカFC戦が重要なステップになるだろうということを知っている。「対デポルティーボ・トルーカFC戦は、クオリティの高い選手たちが相手だから難しい試合になるね。僕らは、アウェイで勝利を収めるためにとて…

クラブ・アメリカに敗れた後、PUMASはメキシコシティに戻った

メキシコシティへの帰還は、期待していたものと違った 米国における首都ダービーは、彼らにとって意味したものは非常に少なかった。PUMASはカリフォルニアで輝くことが出来なかったにも関わらず、彼らの帰国には大して影響は無かった。なぜなら、監督は…

フランシスコ・パレンシア 独占インタビュー:監督としてのバランス

“重度のプレッシャーを感じるために、体内でアドレナリンが過剰に生成されていて、おそらくそのために緊張を一切振り払って集中できている。だが、この場に(監督として)いられることは喜びだ” メキシコリーグ2016年前期ステージはまだ12節しか消化し…

アブラハム・ゴンザレス:PUMASは軌道に乗っている

チームは雑音をシャットアウトする必要はない、新監督とその選手たちに対して忍耐を持つべきだ 「僕がチームに合流したときに、素晴らしい雰囲気のロッカールームを見たんだ。僕らはひとつの家族のようなもので、それはピッチでも表れているよね。」と、もう…

PUMASは、外野を黙らせた:パレンシア

PUMASは、外野を黙らせた:パレンシア PUMASの監督:ファン・フランシスコ・パレンシアは、チームが良く機能し同じく特にホームゲームにおけるクオリティをはじめ良い結果を反映されていることを示しているため、外野の雑音をシャットアウトさせた…

フィデル・マルティネス、5ヶ月以上無得点

2016年、フィデル・マルティネスは先が見えないトンネルの中にいる:最初にレギュラーの座をルイス・キニョネスに奪われ、そして今試合に出れず低迷。 試合が近づき、戦闘モードに入るPUMAS選手たち。ヘラルド・アルコバ、マティアス・ブリトスそし…

マルセロ・アラトーレ:PUMASは闘うチームで、対チアパス戦で勝利を目指す

「ホームでプレーをすることは、僕らにとって自信を与えてくれるね。常にオリンピック・スタジアムでは強い試合をしてきているし、とても良いサッカーをしていると思う。PUMASは闘うチームで、対チアパス戦で勝利を目指すよ。」と、金曜日にマルセロ・…

PUMASの固定レギュラーを見つけるための5つのオプション

2016年前期ステージも11節を消化し、ますますPUMASサポーターが好むようなプレーアイデアやアイデンティティ(ダイナミックなサッカー、ハイプレッシャー、選手たちの偉大な犠牲など)が示されている。 9月のFIFAマッチデーにおけるリーグ戦…

パブロ・バレラ ESPN独占インタビュー

バレラ:パレンシアは、試合における言い訳を受け入れない 聞き手:一度PUMASから移籍して、6年後の復帰ですね。どういう風に戻ってこれましたか?? バレラ:やぁやぁ、インタビューしてくれてありがとう。そうだね、満足しているよ。クラブは自分に…

マティアス・ブリトス:土曜日のようにプレーすれば、より勝利に近付ける

「結果はどうあれ、首都ダービーはPUMASがアウェイとしてボールを支配した試合で最も素晴らしい試合の一つだったね。もし首都ダービーのようにプレーすれば、もっと勝利に近付けるだろう。」と、マティアス・ブリトスはこの火曜日の記者会見で語った。 …

まるで、自宅にいるかのように感じられる:アブラハム・ゴンザレス

2人のスペイン人プレーヤー、サウル・ベルホンとアブラハム・ゴンザレスのPUMASへの合流は、多くの期待を引き起こした。今日その契約から約3ヵ月が経過し、彼らはPUMASにおいて快適に感じることを受け入れるだけでなく、将来的に彼らの同胞にと…

「我々は、何も出し惜しみをしなかった」フランシスコ・パレンシア

彼は、選手たちがどのように首都ダービーに直面したか?を強調した。大胆なアプローチにも関わらず、試合においてポジティブな結果を放棄してしまったと考えた。 首都ダービーの最終的な分析は、PUMASの監督:フランシスコ・パレンシアにとってポジティ…

ファン・フランシスコ・パレンシア監督は、まだ彼のチームに満足していない

監督は幸せであるにもかかわらず、彼のチームにさらに多くを期待していることを認めた PUMASは、すでにフランシスコ・パレンシア監督のお墨付きをもらい始めている。4カ月間のハードトレーニング、そして一連の批判の後でPUMASは順位表の第4位に…

アブラハム・ゴンザレス:PUMASは、どんな相手でも制する。そのために、アステカ・スタジアムへ行くんだ

「クラブ・アメリカは、偉大なチームだ。でもPUMASは、どんな相手でも制する。そのために、アステカ・スタジアムへ行くんだ。これは唯一、アウェイで勝利を上げられるためのチャンスなんだ。」と、アブラハム・ゴンザレスは今度の土曜日に行なわれる対…

ヘラルド・アルコバ:このクラブを愛している。そして、自分の全てを出し切りたい

「今日はこの場に出席することが出来て、嬉しく思っている。そして、出来るだけ早くチームメイトと合流したいんだ。」 とヘラルド・アルコバは、火曜日に彼の数人のチームメイトと練習後に言った。 彼は、今シーズンこれまで欠場したのは、彼が苦しんだ筋損…

パレンシア監督が犯した失策

3-1でサントス・ラグナに対する敗戦後、ファン・フランシスコ・パレンシアがこの試合で犯した失策は以下のようであると推察出来る。 まず最初に、サウル・ベルホンのレギュラーメンバー権である。彼は少し下がった位置での全てのプレーを実行する。PUM…

PUMASは、トレオンで自分たちのプレーをする:パレンシア

日曜日の午後に順位表のポジションを上げて連敗を止めたいサントス・ラグナと対戦するPUMASは、大規模なサポーターによる歓迎をトレオンで受けた。 PUMASの監督:ファン・フランシスコ・パレンシアにとって、トレオンにおけるアウェイゲームはそう…

PUMASは、壊れた皿の代金を支払うことになるだろう

対PUMAS戦の勝利へ自信たっぷり ディエゴ・デ・ブエンのインタビューによると、今度の日曜日コロナ・スタジアムでPUMASは、メキシコ杯においてサントス・ラグナの敗退による衝撃を蒙るであろうということである。 「ここ数週間の悪い経験はもう忘…

パレンシアの成功の鍵は、PUMASのベンチにある

“ガティジェロ(殺し屋=パレンシアのニックネーム)”は今トーナメントにPUMASの監督としてデビューした。多数の移籍選手がいたにもかかわらず、フアン・フランシスコは大半は下部組織出身選手中心にリーグ総合順位・第3位である。 2016年前期ステ…

プレビュー:PUMASはケレタロ相手にホーム無敗を維持する

2016年前期ステージ第8節、PUMASは、両チームがそれぞれ対クラブ・ティファナ、ネカクサに対して躓いて後退しないようにする戦いとしてケレタロを迎え撃つ。 ファン・フランシスコ・パレンシア監督率いるPUMASは、ホームゲーム3試合戦って無…

メキシコリーグ2016年前期 第8節 関連記事-3

ハヴィエル・コルテス:対ケレタロ戦は、僕らのホームグラウンドでプレーを出来ることを活かすべきだ。 「対ケレタロ戦は、激しい一戦になるだろうね。PUMASが良い仕事をしていて、勝ち点3を挙げるために、僕らのホームグラウンドでプレーをすることを…

メキシコリーグ2016年前期 第8節 関連記事-2

パブロ・バレラ:この2週間は、プレーオフ進出に近付くために重要になる 「この2週間は、もしうまく活用すればプレーオフ進出に近付くことになるね。まず最初に、対ケレタロ戦に勝つことだ。」とパブロ・バレラは大学都市の第2グラウンドで行なわれたトレ…

ヘラルド・アルコバの復帰まで1週間

メディオ・ティエンポ誌の取材によると、ヘラルド・アルコバがグラウンドへ戻ってくるまでおよそ1週間くらいと推定され、右足の筋肉炎からの回復も最終段階へ入ったということである。 シーズン開幕少し前にゴールデンボール賞最優秀DFを受賞した後、ウル…

メキシコリーグ2016年前期 第8節 関連記事

マルセロ・アラトーレ:対ケレタロ戦は、順位表の上位に居続ける可能性を持っている 「最後の試合(対クラブ・ティファナ戦)はもう終わって、今はケレタロとの次の試合に気持ちを切り替えているんだ。この試合を勝ちに行くことで、順位表の上位を維持するた…

【FW編】今シーズンのPUMASが抱えている問題点について

続いて、今度はFW陣について。こちらはDF陣よりも、ある意味もっと深刻な状況だと思います。 まずは、昨シーズンまでの陣容から。システムは4-2-3-1で、両ボランチにハヴィエル・コルテスとアレハンドロ・カストロ、トップ下にチームのエースであるイ…

【DF編】今シーズンのPUMASが抱えている問題点について

2016年前期ステージも第7節が終わり、ちょうど三分の一が消化されたので、ここで前半戦のPUMASが昨シーズンと比べてどうであったのか??という部分について、少し触れたいと思います。 まずは、昨シーズンの陣容という意味で『2016年 リベルタド…

メキシコリーグ2016年前期 第7節 関連記事-3

人工芝のグラウンドに慣れるのに苦労した:パレンシア PUMASは人工芝のグラウンドに慣れるのに苦労し、漸く慣れたのは時すでに遅しであった。このようにファン・フランシスコ・パレンシア監督は、主張した。チームは前半に芝の問題で良い試合が出来ず、…

メキシコリーグ2016年前期 第7節 関連記事-2

フィデル・マルティネス、元クラブ・ティファナ選手。PUMASの選手として、再び輝きを取り戻すことを狙う エクアドル人FWは2012年からクラブ・ティファナに入団し、その後レオネス・ネグロスで数シーズンを過ごした後、現在PUMASで活躍してい…

メキシコリーグ2016年前期 第7節 関連記事

クラブ・ティファナに対して、対モンテレイ戦で行なったようにプレーをすべきだ:マティアス・ブリトス 「ホームであれ、アウェイであれ、我々は勝ちに行かなければいけない。対クラブ・ティファナ戦は、対モンテレイ戦で行なったようにプレーをすべきだ。」…

メキシコリーグ2016年前期 第6節 関連記事

「PUMASは、上昇している」ファン・フランシスコ・パレンシア 対モンテレイ戦のポジティブな結果の後に、PUMASの監督は2016年前期ステージにおいてチームは良くなっているという見方をしている PUMASはホームにおいて対モンテレイ戦を5…

メキシコリーグ2016年前期 第5節 関連記事-3

ファン・フランシスコ・パレンシア「2点目が我々をノックアウトした」 彼は今週末にイダルゴ・スタジアムで対パチューカ戦において、チームが良いプレーを出来なかったことを認識している PUMASはイダルゴ・スタジアムで対パチューカ戦において3-0…