Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2015年前期 第1節 関連記事

ただ良いスタートを切ったというだけのこと

f:id:ClaudioSuarez:20150728070017j:plain

 冷静さを特徴とし、勝利および敗北で賢明なことをしている監督がいるとすれば、それはギジェルモ·バスケスだろう。

PUMASの戦略はモンテレイ相手に勝ち点3をあげることでシーズンのスタートダッシュを決めることであったが、それだけであった。

「前半は非常に準備周到で、守る時間は固く、意図通りに維持し続けることが出来たと感じていて、シーズンの良いスタートを切ったというだけのことだ。」と記者会見で語った。

「チームは良い結果を得ただけだ。我々はもっと要求しなければいけないし、次以降の試合もこのような可能性を追求しなけばならない。」とPUMASの監督は語った。

補強された選手たちでプレーが際立っていたのは、アレハンドロ・カストロフィデル・マルティネスそしてマルセロ・アラトーレだった。

「新たにチームへ組み込まれた戦力は、とても良い仕事した。ずっと他の選手達と一緒に、意図された通りに練習してきている。前半と比較して、後半は少ししか攻撃が出来なかった。相手(モンテレイ)が前半より修正したのを確認しなければならず、彼らは改善しようとした。暑いグラウンドで仕事をし続け、改善し、難しいことではあるが良いリズムを維持することが必要だが、それを試そうと思う。」

3対0で圧勝したにも関わらず、監督は続けた。

「まだまだ、チームには改善しなければいけないことが残っている。シーズンはまだまだ続くが、すべてにおいて選手とパスの偉大な配列を見つけるつもりだ。それはよく分かっているつもりだし、そのために仕事を続けていきたい。」

シルヴィオ・トラレスがスタメンにもベンチにも不在であったことについては、このように報告をした。

「土曜日の練習中に怪我をして完治しなかったので、スタメンにもベンチにも不在だった。それ以外の選手たちは、ピコリン(アレハンドロ・パラシオス)もそうだが良い仕事をしたし、よくやったと思う。」

 

素晴らしい試合だった

f:id:ClaudioSuarez:20150728070047j:plain

モンテレイ戦の勝利した後、ギジェルモ·バスケス監督は彼のチームが素晴らしい試合をし、すべてのラインのバランスを維持し、特に前半に力強く3点を挙げた攻撃陣について語った。

「素晴らしい試合だった。前半の間、集中攻撃と素晴らしいディフェンスを見せた。今はこのファクターを長いシーズン中維持しなければならない。なぜならば、これは始まったばかりで満足できないからだ。」

とPUMASの監督はオリンピックスタジアムで行われた記者会見で宣言した。

 今シーズン補強された、アレハンドロ・カストロ、マルセロ・アラトーレ、そしてフィデル・マルティネスらのプレーに対してパフォーマンスを称賛し、たった数日のうちにTOPチームに残る必要性を実証しました。と同時に、シルヴィオ・トラレスがなぜプレーをしなかったことについて述べた。

「シルヴィオは、土曜日の練習で怪我をした。アレハンドロ・カストロ、マルセロ・アラトーレ、そしてフィデル・マルティネスはよくやったと言えるし、チームが意図しているプレーを理解してくれていることに満足している。

 後半はチームのリズムが落ち、ボール支配率が落ちて相手ゴールへほとんど到達しなかった。これは、今回起きたことを避けるためにもっとハードワークしなければならない。」と次のステージを見越したコメントで締め括った。

 

夢見ていたPUMASでのデビュー戦

f:id:ClaudioSuarez:20150728070105j:plain

 対モンテレイ戦のPUMASによる勝利の後、アレハンドロ・カストロクルス・アスルでデビューしただけでなく、奥さんが身籠っているのでPUMASの圧勝にゴールで貢献したのです。

「もちろん、こういう形でデビューし、チームのためにこの場にいることに満足しているよ。大きな喜びを感じたね。みんながこういう形でデビューすると思っていて、神様がチャンスをくれて、そのことに満足しているんだ。家内は妊娠していて、女の子であることを期待していて、そのことにとても幸せを感じているんだ。」とカストロは言った。

「本当は試合前は少し神経質になっていたんだ。でもいつもシーズン開幕を勝利で飾ることは重要だし、個人的に自分に自信とワクワク感を与えてくれるんだ。」

 カストロが気に入ったことは「チームが示した堅実性さ。チームがピッチでのプレーで示したアグレッシブさは、非常にポジティブだった。ボール支配率も非常に良かったと思うよ。とても良い気分だし、満足しているよ。たくさん改善していかなければならないことがあるけど、そのことにとっても満足しているんだ。チームメイトは、何の問題もなく自分の事をとても良くしてくれていることにとても感謝しているよ。」