Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2015年前期 第2節 関連記事

『僕らは、ミス修正に対処する。』と、マティアス・ブリトスは認める。

f:id:ClaudioSuarez:20150805095437j:plain

トルーカに対する敗戦は学習だよ。犯したミスに代償を払い、今それが再び起こらないようにトレーニングをする。残念ながら良いスタートを切った後の痛い敗戦だけど、僕らは作業を続ける必要があるんだ。第2節で、僕らはチームがちょうどペースを取ることを知っている。シーズンはまだ先が長く、それは心配することではなくて改善に対処することなんだ。」と、マティアス・ブリトスはオリンピック・スタジアムの第2グラウンドで行なわれたメディアの取り巻く輪の前で語った。

 

 「これは特にプレーオフに到達しようとしているシーズンでは、定期的にすることが重要なんだ。異なるエリアのバランスがより均一な結果を達成するために非常に重要であって、さらに高い安定性とチームの信頼を可能にするんだ。戦術、技術、および個々の局面について作業をしなければならない。」とトルーカにおいて唯一ゴールを決めたウルグアイ人選手は付け加えた。

 f:id:ClaudioSuarez:20150807135220j:plain

 彼は個々のパフォーマンスは関係なく、重要なのはチームプレーであることを強調した。

「チームが負けたら、目標は達成されないんだ。勝ち点は加算されないし、誰もが幸せになれない。たった一つの目的は、チームプレーをすること。個人のプレーは、その場の状況が影響するよね。でもチーム内ではミスを見直すために話し合ったし、各選手がうまく出来たか?もしくは出来なかったか?を認識しているよ。でも彼らはチームプレーをうまくするために100%の仕事をすることによって、持っている意識を高める必要があるんだ。」

 

 さらに、次のリーグ戦の相手についても付け加えた。

 「プエブラは非常によく再編成されたチームだから、とても重要な試合になるね。僕らは、どのチームと対戦することになるかを知っているつもりさ。もし勝ち点を上げられなければ、複雑な状況に陥るだろうね。でも僕らはより順位表の上位に向かって、勝ち点3を上げるつもりだ。だって、PUMASは常に勝たなければいけないチームだからね。」

 

 最後に明日始まるオアハカでの対アレブリヘス戦で、プレーをするチャンスがあるのでうまく戦えるだろうと付け加えた。

 「出場する選手は、最大限真剣にプレーをするべきだ。チームはメキシコ杯に選手達をローテーションしていて、誰が出場しようがベストを尽くすべきだ。」と結論付けた。

youtu.be