Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ 2015年前期 第5節 関連記事3

PUMASにおけるスターの座を捨てる:マティアス・ブリトス

メキシコへ帰化したウルグアイ人、マティアス・ブリトスにとって今シーズン誰もがチームがうまくいくために働くので、PUMASにはスター選手はいないし、そのうえ暫定メキシコ代表監督『リカルド“トゥカ”フェレッティ』についてコメントすることも廃棄した。「全員が努力するためにトレーニングをし、結果を達成するために日々改善しようと働き者のチームだ。」と言った。

 

  彼はチームのプレイヤーのそれぞれが自分の責任を知っていると述べた。「誰一人も頂点にたっていない。みんな共にが前へ進むための唯一の方法だ。」

  彼は、それが今シーズンチームが良い結果を出し続けるために応えていると述べた。「結果が出ないときは、常に醜いものなんだ。この前のパチューカ戦で改善出来たし、このまま続けていくべきだし、まだ先は長い上に休んでいる暇は無いんだ。」

 

  チームにおいて内部競争が存在し、それはポジティブなパフォーマンスにとって良いことであり、こうやってサポーターや首脳陣が期待している結果を出す方法であることを付けくわえた。

  シナロア・ドラードスに関しては、このFWはすべてのポジションにとても能力の高い選手たちが揃っているので難しい試合になるだろう。そして試合に負けないためには、良い仕事をすることであると言った。「攻撃はとても素早いし、僕らに対して大きいダメージを与えることのできる素晴らしいモビリティのFWがいる。僕らは、すべてのラインで警戒する必要があるね。スペースを与えないように集中して、ボールを奪ったらそのチャンスを活かすんだ。」と手の内を明かした。

 

  彼はPUMASがグラウンドでドラードスが置かれている1部リーグ降格の状況を考えずに、自分たちのプレーをするべきだと語った。「試合を勝つためにコントロールして、勝ち点3を上げるために主役であり続けることだ。」

 

  リカルド“トゥカ”フェレッティが暫定メキシコ代表監督に就任したことに対して、ブリトスは召集されることを熱望しているので

個人的な意見を避けた。「自分とは何の関係もないよ。本当に最新ニュースに疎いので、ひたすらトレーニングをするだけだね。サッカーにおいて起き得る状況について意見したくないし、自分には無関係な話題だ。」と述べた。