Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

マドリードにおけるPUMASの奇跡とは何だったのでしょうか?

f:id:ClaudioSuarez:20150902015601j:plain

2004年8月31日。ウーゴ・サンチェスのキャリアに敬意を表して、またレアル・マドリードで最高のストライカーの1人として、その後PUMASの監督として、第26回サンティアゴ・ベルナベウ杯を勝ち取りました。それは非常に厄介な試合で、PUMASは1-0でレアル・マドリードを破りました。彼は、親善試合以上プレイをしていました。そしてPUMASの歴史に栄光の1ページを刻みました。マドリードにおけるPUMASの奇跡とは何だったのでしょうか?

f:id:ClaudioSuarez:20150902105659j:plain

あれから11年経った今、それを賛辞する方法としてここに彼らイレブンのキャリアの一部を振り返ってみましょう。

f:id:ClaudioSuarez:20150902102511j:plain

セルヒオ・ベルナル 45歳

ゴールキーパーは2010年にそのグローブを置き、引退後はPUMASのユースにて2015年1月まで働いていました。今日では、メキシコ自治大学の門を守りながら同じ情熱を持ってウイナーを待つ場所レアリティ・ショー『無人島』というテレビ番組に出演中です。

f:id:ClaudioSuarez:20150902102521j:plain

イスラエルカストロ 34歳

マドリードの奇跡の立役者は現在、グアダラハラで降格争いを戦っています。 PUMASを去った後、2011年にクルス・アスルへそしてその2年後グリーンバレーにレースへ乗り出しました。最大の成果は、ギジェルモ・バスケスのコーチ陣としてメキシコ杯を制覇したことでしょう。

f:id:ClaudioSuarez:20150902102530j:plain

ダリオ・ヴェロン 36歳

パラグアイ人DFはこの試合をプレーした選手のうち、唯一の現役選手として今もプレーを続けています。『魔術師』はPUMASのジャージを着て400試合出場を達成し、今もなおチームの要として活躍し続けています。

f:id:ClaudioSuarez:20150902105534j:plain

ホワキン・ベルトラン 38歳

その後、キャプテン・ベルトランはPUMASに彼の人生すべてを捧げていました。この勝利の2年後、ネカクサというチームでさらに多くの時間を過ごしたいという願望を持ってチームを去ることになります。そこで栄光を勝ち取ることなく、クルス・アスルへ移籍後最終的にケレタロで彼は彼のキャリアを終えることになりました。テレビサというテレビ局のコメンテーターをした後、今ではケレタロの取締役であります。

f:id:ClaudioSuarez:20150902105549j:plain

ハイメ・ロサーノ 35歳

PUMASで2シーズン連覇を達成した後、2005年前期シーズンにおいて、『ジミー』は市場で最も高価なプレーヤーとなりティグレスと契約をしました。数年間の良いシーズンの後、クルス・アスルへ移籍し、その後PUMASとの決勝戦を演じたモレリアで彼の元チームメイトホアキン・デル・オルモの使命を委任され、再び2012年にプレーをしました。そして、このMFはグラウンドから去ることを決意しました。現在は、ケレタロの20歳以下チームのヘッドコーチです。

f:id:ClaudioSuarez:20150902110107j:plain

ホセ・ルイス・ロペス 35歳

常に達成者であり続けた『パレヒータ』は、2007年にクラブを去りました。PUMASが彼のキャリアの中で最もプレーをしたクラブとなりました。その後、ネカクサ、クルス・アスルモレリアメリダ、イラプアト、コレカミノス、ベラクルス、そして最後に引退することになるメリダへ再び移籍をしたのでした。

f:id:ClaudioSuarez:20150902110119j:plain

ホワキン・ボテロ 37歳

PUMASで2シーズン連覇後、再び栄光の瞬間を迎えることのなかったボリビア人は、2006年にチームを去り世界中でプレーをすることになりました。アルゼンチンからベネズエラ、クェート、中国、そして最後に2014年ボリビアのチームで引退することになります。そして、自国代表として20ゴールを上げ最多得点者としてその名を刻まれています。

f:id:ClaudioSuarez:20150902110618j:plain

ヘラルド・ガリンド 37歳

『ジェリー』が2006年にネカクサへ移籍するため、PUMASを去った翌シーズンに同じネカクサへ、その後モンテレイ、テコス、ティファナ、アルタミラへと移籍し続け、引退しました。試合よりもピッチの外で恐ろしい喉頭癌を克服するためにより困難な時間を過ごすことに。現在はその危険から逃れて、カピ・ベルトラン、ジミー・ロサーノらとケレタロの取締役を務めています。

f:id:ClaudioSuarez:20150902111315j:plain

レアンドロ・アウグスト 38歳

メキシコへ帰化したブラジル人は現在、メモ・ヴァスケス監督下で技術コーチをしています。2011年に一度PUMASを去ってティファナへその後プエブラへ移籍し、2014年にPUMASへ戻って2014年前期シーズンにおいて怪我のため引退することになりました。

f:id:ClaudioSuarez:20150902111559j:plain

フランシスコ・フォンセカ 36歳(写真右)

シーズン連覇を達成した後『キキン』は、ベンフィカでプレーをしたのちティグレスへ。アトランテへ移籍した後、2015年コスタリカのチームにおいて引退。現在はTDNというテレビ局の分析者をしています。

f:id:ClaudioSuarez:20150902112117j:plain

ディエゴアロンソ 40歳

マドリードにおける勝利の後、少しの期間をPUMASでプレーをし続け、2005年にスペイン、中国、アルゼンチン、ウルグアイでプレーをしたのち2011年にペニャロールで引退。現在はパチューカで監督をしており、前シーズンはプレーオフ準決勝まで勝ち残りました。

f:id:ClaudioSuarez:20150902112430j:plain

ウーゴ・サンチェス 57歳

PUMASの後、ネカクサ、メキシコ代表、アルメリアパチューカを監督して率いるも、5年間の間タイトル獲得はならず。現在はESPNというテレビ局で『フットボール・ピカンテ』という番組の分析者をしています。