Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2015年前期 第10節 関連記事

f:id:ClaudioSuarez:20150924110948j:plain

僕らは首位に返り咲きをすることにやる気になっている;ハヴィエル・コルテス

 

 「ティグレスと対戦することはチームが良い状態かを再確認することが出来る良い試みになるね。非常に激しいウィークになるだろうし、常に集中しなければならない。」とハヴィエル・コルテスは、オリンピック・スタジアムで行われた記者会見で語った。

 

 「僕らはホームゲームで、どのチーム相手でもベストを尽くすべきだ。勝ち点3をここで奪取することが出来るために、ホームチームとしての義務を果たさなければいけないんだ。」と今シーズン前節の対クルス・アスル戦でゴールをあげたMFは付け加えた。

 

 その試合に対して、重要なのはポジティブに受け止めることだと語った。「僕らは良いゲームをしていたから、負けたのは苦い薬となったね。でも、チームはよく戦ったよ。それは過去の事として、ポジティブに受け止めるべきなんだ。ティグレスと対戦することは、リーグ一の攻撃陣を維持し、かつホームで無敗を継続しているように首位に返り咲きをすることにやる気になる一戦だよ。この連勝は、大事にしたいね。PUMASはどんな相手に対しても、今までの良好なステップを維持することができるから穏やかだよ。」

 

 レフェリーに対する彼の意見を聞くと、コルテスは彼らの仕事を判断しないことを強調した。「一つは、彼らは作業に専念しているんだ。レフェリーだってミスをするし、それは僕らが判断することではないんだ。自分たちがするべきプレーをするだけさ。誰だって、間違いはあるからね。」

 

 最後に、彼の主な課題はPUMASのために最善の努力をし続けることであると述べた。「僕は大きな自信を持って、以前よりはるかに良い感じだよ。徐々にだけど、僕は僕のステップを踏んでいるんだ。僕らは改善しているし、チームを100%助けるために上昇し続けることを願っているんだ。メキシコ代表に戻りたいし、ベストを尽くすよ。期待に応え、手を挙げて可能性を勝ち取る準備は出来ているんだ。」と締め括った。