Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2015年前期 第12節 関連記事

f:id:ClaudioSuarez:20151008015801j:plain

 ダリオ・ベロンの健康状態

 

クラブ・ウニベルシダ・ナシオナルは、かつて追加の研究や新しいMRIを完了し、プレイヤー;ダリオ・アナスタシオ・ベロンは左太もも大腿直筋の1級傷害と診断されていることを報告します。

 

クラブの医療サービスのディレクター;ラダメス・ハシオラ・アンヘル博士は、2〜4週間の回復時間を持っていると推定されると述べています。 

 

f:id:ClaudioSuarez:20151007065504j:plain

 PUMASは、ホームゲームで強さを取り戻している:ルイス・キンターナ

 

 「僕らは非常に重要なことである『ホームで強いチームであること』を達成していて、残りのシーズンにおいても引き続きそうあり続けなければならない。なぜならば非常に難しい試合が残っていて、それらを締め括らなければならないからだ。ホームゲーム残り2試合を今までと同じような自信とモチベーションで続けなければならない。」とルイス・キンターナはオリンピック・スタジアムの第2コートで行なわれた記者会見で述べた。

 

 「対チバス戦は、今まで通りにやっていたようにプレー出来なかった。ライバルに対してホームアドバンテージを見せつけなければならないが、重要なことは勝ち点3を獲得したということだ。僕らは改善するために努力する必要があって、僕らチームのパフォーマンスを心配していて、それらを今週改めて見直すつもりだ。」とPUMASのセンターバックは付け加えた。

 

 このチームが今シーズンどこまで辿り着けるか?という質問に対して、こう答えた。「PUMASは偉大なことを成し遂げられるよ。ホームにおいて相手チームに対して重荷になりたいし、そうすれば上位を目指すことが出来る。メキシコサッカーは瞬間であって、僕らは現在首位だけど、毎週首位争いをしているから僕らはリラックスすることが出来ないんだ。偉大なことを熱望するためには、常に改善しなければならないね。」

 

 最後の試合で主将;ダリオ・ベロンによって交代出場した後に、彼がプレーをするための準備が出来ていることの重要性を強調した。「監督は、僕にメキシコ杯でプレーをする機会を与えてくれた。それは、とても気持ちが良かったんだ。どんな試合でも常にスタンバイをしていなければならないし、どのチームが相手であっても出場する場面はやってくるし準備している必要がある。」

 

 最後に、無失点でホーム6連勝していることについて言った。「メキシコリーグ2015年前期シーズンをホーム無敗で終えたいし、アウェイであってもそうありたい。これまでのシーズンとの違いは、今シーズンはイレブンがピッチで集中してプレーをしているのに対して以前は何度か気を抜いてプレーをしていた点だ。全ての試合において、より良くなっているんだ。」と締め括った。