Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

PUMASは、ダリオ・ヴェロン抜きで何試合負けてしまうだろうか?

f:id:ClaudioSuarez:20151015030311j:plain

 皆さんご存知の通り、PUMASは、大幅な戦力低下を受けています。ダリオ・ヴェロンは実質2~4週間の戦線離脱を余儀なくされているからです。これが意味することは、主将はメキシコ1部リーグを首位でシーズンを終えるという願望に向かって、PUMASにとって重要な試合である首位決戦の対クラブ・レオン、ティファナ、チアパス戦に出場をしないということです。そこで、PUMASはダリオ・ヴェロン抜きで何試合負けてしまうだろうか?という分析を行なってみた結果、次のような結果を得られました。

 

  1. ディフェンス面 : 論理的に主将を怪我で失った時、ディフェンスは重みを失います。ルイス・フェルナンド・キンターナは、上記3試合でパラグアイ人の代替として想定されています。最も興味深いのは、ヘラルド・アルコバがPUMASのディフェンス陣におけるリーダーシップを取れるか??という点です。これは、時間が我々に対して答えを出してくれるでしょう。

f:id:ClaudioSuarez:20151014051733j:plain

  1. 複雑な対戦相手 : メキシコ1部リーグの中で最も強いチームの一つである、クラブ・レオンのホームでプレーするということ、PUMASが今まで一度も勝利したことが無いカリエンテ・スタジアムでプレーをするということの2つは困難な仕事のように見えます。マウロ・ボセリ、ダイロ・モレノ、そしてガブリエル・ハウチェらはそれぞれ複雑なライバルであるでしょうし、PUMAS守備陣はきっちり抑えなければなりません。

 

  1. ヴェロンとアルコバのカップリング : 昨シーズン、PUMAS守備陣は重く、その集団行動のために批判されました。そしてそのプレーが心配された試合で3失点をし、我々ははっきりと言いました:ダリオ・ヴェロンとヘラルド・アルコバは一緒にプレーをさせられないと。今シーズンは全てが変わって数試合で、守備陣はその良いプレーを強調表示されました。この二人の守備陣のカップリングは、お互いがプレーをした時間の93.68%において非常に良い結果となっています。

 f:id:ClaudioSuarez:20151014091030j:plain

  1. ゲームメイク :この機能は通常FW陣に関連付けられているが、PUMASの場合基本的にセンターバックです。ギジェルモ・ヴァスケス監督が確立したパスの循環は、完全に効果的です。PUMASは後方からボールを出して、ダリオ・ヴェロンがアレハンドロ・カストロヘもしくはアレハンドロ・カストロかハヴィエル・コルテスがイスマエル・ソーサかフィデル・マルティネスが空いているかを探しているエドワルド・エレラへと、最後に溢れたボールをペナルティボックスに送ります。その公式は、今シーズン非常に素晴らしい結果を与えてくれています。ダリオ抜きでは、守備から攻撃に移る最初のタッチとを失います。彼は、センター葉っっくとしては最高の1試合平均30.91回のパスを繰り出しているのです。

 

  1. 経験 :多くの人間が主将の引退もしくは短期離脱を要求したとき、ダリオは再び私たちを驚かせました。彼はシーズン開幕のために準備する方法を変えて、残忍なプレシーズンゲームにおいて試合ごとに若返ります。パラグアイセンターバックはリーグで最も過酷な前線でレクチャーを与えています。エドウィン・カルドナ、アンドレス・レンテリア、アリエル・ナウエルパン、フリオ・フルチそしてアンドレ・ピエール・ジニャックらは完全に我々の主将によって克服され、我々は本物の守備の演奏を楽しんでいました。

f:id:ClaudioSuarez:20151014091108j:plain 

PUMASは、ダリオ・ヴェロン抜きで何試合負けてしまうだろうか?ほんの数試合であることを願う。国際フレンドリーマッチ試合日によるブレイクは良いタイミングで、我々の36歳の主将はここ数年フィジカルの問題から回復が遅れがちである。最新の才能サンプルを楽しもうではないか。このシーズンが我々のベンチマークであり、切望し続けててきた間違いなく第8度目のリーグ優勝に値することを期待しつつ。