Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

監督として、ギジェルモ・ヴァスケスにとって最高の瞬間

f:id:ClaudioSuarez:20151022053503j:plain

  • 第13節終わって、勝率72%
  • 2011年後期ステージにおいて同じような成績を残し、リーグ初優勝

 f:id:ClaudioSuarez:20151022080149j:plain

偶然にも、2011年後期ステージでメキシコサッカー1部リーグにおいてタイトルを獲得したギジェルモ・ヴァスケスは、監督しての5年のキャリアの中で最も素晴らしい瞬間にいます。第13節を終えて彼は9勝3敗1分けで、勝ち点28の首位に立っています。これらの数字は勝率72%ということ以外に、実質プレーオフへ進出を決めていることを示しています。そして2011年後期ステージに記録した勝ち点と同じですが、今シーズンと比べて1勝2敗少ない成績に匹敵します。加えて今シーズンは30得点で攻撃面ではナンバー1、被14得点で守備面においても第2位です。あのシーズンにPUMASは7回目のリーグ優勝を成し遂げ、ギジェルモ・ヴァスケスはレギュラーシーズンにおいて勝率68.62%でした。それ以来3シーズン監督としてチームを率いてから、勝ち点が11多いのが今シーズン残している結果です。

f:id:ClaudioSuarez:20151022080226j:plain

クルス・アスルの監督して、2013年前期・後期シーズンにチームを率いて57%の勝率でメキシコ杯を勝ち、リーグ優勝決定戦で惜しくもクラブ・アメリカに敗れました。さらに勝ち点12を上積み可能な2015年前期ステージの今シーズン、ギジェルモ・ヴァスケスは2011年後期ステージに記録した勝ち点35にあと7と迫っているので、レギュラーシーズンにおいて彼の最も素晴らしいトーナメントとして記録する可能性を持っています。


 f:id:ClaudioSuarez:20151022080314j:plain

ギジェルモ・ヴァスケスは、欧州でメキシコ代表チームの指揮を取りたがっている

シーズン残り4節ですでに過去に記録した監督として最高のパフォーマンスと並んだギジェルモ・ヴァスケスは、欧州でメキシコ代表の指揮を取ることで運試しをしたがっている。彼は2015年前期ステージで、監督として就任して以来最もプロダクティヴな瞬間を過ごしている。PUMASがリーグ王者となりレギュラーシーズンを2位で終えた、2011年後期ステージで彼にとって最も高い記録を達成したときと同じ勝ち点28をマークしている。彼は現在首位を走るPUMASのシーズンを締め括るために、彼は仕事と選手たちを納得させることに専念している。監督として独自の目標を追求し将来を考えた際に、まずメキシコ代表の指揮を取る前に海外クラブチームにおいて運を試すことにモチベーションを上げている。

f:id:ClaudioSuarez:20151022080351j:plain

「自分には過去に他のプランがあった。今はメキシコ代表ではなく。メキシコ国外のチームで指揮を取るチャンスが欲しかった。」と、その戦略をESPNのインタビューで語った。バスケスは、これまでに達成した仕事とどうやってそれを獲得したかを自己評価している。わずか数ステップしかなかったということを知っているが、まだ戦うための時間が多く残っている。そのための鍵が、献身と公約だと言うのだ。これまでに勝ち点28を獲得し、PUMASは事実上プレーオフ進出を決めている。にもかかわらず、バスケスは「トーナメントをうまく締め括ろう」と陳述したうえに全般的にチームが達成している仕事の他に、得点王争いもまだ終わったわけではないと強調した。「それを獲得する能力があるんだ。それをした後でそれを実践し、あえて狙うことが物事をうまくやる上で不可欠なんだ。」と言った。

 f:id:ClaudioSuarez:20151022081210j:plain

フィデル・マルティネスの退場処分に異議

先週末に2枚の警告累積によって退場処分を受けたフィデル・マルティネスに対して、PUMASは懲戒委員会に対して異議の要求を行なった。「2枚目のイエローは、明らかに間違っていた。」と、声明で述べた。その後委員会は異議を受理せず、選手に対して引き続き処分の継続をアナウンスした。