Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2015年前期 第15節 関連記事

f:id:ClaudioSuarez:20151030071536j:plain

PUMASは、前を向かなければならない:フィデル・マルティネス

 

 「チームは物事がうまくいくためにハードワークをしているけれど、時に結果が付いて来ないこともあるんだ。今僕らは前を向いて次節の試合に焦点を当てて、勝ち点3を上げられるようにしなければならないんだ。先週の日曜日に起きたことは、もう忘れている。」と、フィデル・マルティネスはオリンピック・スタジアムの第2グラウンドで行なわれた記者会見で言った。

 

 「誰だって、試合に負けることは嫌さ。しかしもうシーズンが終わるから、誰もが圧搾しているね。僕らは失敗から学ぶべきなんだ。プレーオフではなく、今それが起きることは良いことだ。何故ならば、それを修正する時間が残っているからね。勝ち点を上げ続けると同時に、順位表の上位に居続けるために、ラインをクローズして信頼を取り戻すんだ。」と、先週末の日曜日に前節受けた退場処分で出場出来なかったエクアドル人は言った。

 

 2012~14年までプレーをしたティファナ・ショロスとの対戦は、彼にとって特別なものになるであろうことを認めた。「ティファナはメキシコ・サッカー1部リーグで重要なチームだ。今は良い瞬間を過ごせていないけれど、油断は出来ないしチームメイトと今までプレーしてきた通り相手を尊重しようと思っている。僕にとってメキシコサッカーに参入する入り口を開けてくれて、リーグ優勝を飾った特別なチームだよ。でもその時期はすでに終わって、今は歴史の1ページを作りたいPUMASのユニフォームを着て戦う番が来たんだ。」

 

 マルティネスはトーナメントで順位表上位2チームの座を獲得して、コパ・リベルタドーレスへの出場権を得るために、ハードワークを継続する必要があることを認めた。「いつものように、僕らはコパ・リベルタドーレスに出場するステップの途中なんだ。PUMASが国際舞台に戻るためには、僕らはより多くのことを実行する必要があるね。あの大会をプレーをするのはそれは非常に気分が良いだろうけれど、僕らは最後の3節をすべて勝つために、同じインテンシブで続ける必要があるんだ。難しい試合ばかりだろうし、油断は出来ないね。でも僕らのモチベーションは上がっているし、トーナメントを締め括るにあたって精神的に良い感じだよ。」と、言った。

 

 最後に、PUMASの重要なキープレーヤーであるハヴィエル・コルテスについて言った。「残念ながら、ハヴィエルは対チアパス戦で負傷退場した。でも出場機会を待っていた、他の選手がいるんだ。僕は、彼らがきっと良い仕事をしてくれると信じているよ。」と、締め括った。

 

【関連】我々のチームはティファナに向かう