Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

PUMASのリベルタドーレス杯出場

f:id:ClaudioSuarez:20151103151117j:plain

プレーオフ進出を決め、2部リーグ降格の危険性が去って、PUMASには時間と可能性、そして次期コパリベルタドーレス杯でプレーをする期待感もものすごく高まっています。南米のこのトーナメントには、3つのメキシコ・クラブチームが出場権を得ます。1チームはメキシコ杯を勝ったプエブラが、プレーオフ進出を決めています。さらに2チームがこの2015年リベルタドーレス杯参加権を与えられており、すなわちレギュラーシーズン上位2位までとなっています(現在、北中米カリブ海チャンピオンズリーグでプレーをしているチームを除く)。

f:id:ClaudioSuarez:20151103151133j:plain

 

15節を終わって勝ち点31の首位PUMASにとって、十分な主導権を持って2016年シーズンを迎えられると同時に、残り2節ホームで対ケレタロ戦、アウェイでクラブ・アメリカ戦を残し、数ヶ月前リバープレートとの決勝戦に敗れたティグレスの敵討ちの機会を得るのです。

 

f:id:ClaudioSuarez:20151103151147j:plain

現在の瞬間、順位表は下記の通りです。

 

f:id:ClaudioSuarez:20151103151154p:plain

PUMASが出場権を得るために、次節何をする必要があるか??

 

  • 理論的には、対ケレタロ戦で少なくとも勝ち点を追加する必要があります(つまり、他のチームとの大きな得失点差が+16で考慮に入れて)。これで勝ち点32に到達するでしょうし、出場権を争っている他チーム(トルーカクラブ・レオンベラクルス)が戦ったところで引き分けられることはあっても、抜くことは出来ません。

  • 数字上対ケレタロ戦で勝って勝ち点34とすれば、すでに他チームが出場権を獲得する可能性は無くなります。
  • 今週末の日曜日に対ケレタロ戦を戦わずして、出場権を争っている2・3チーム(トルーカクラブ・レオンベラクルス)が勝たなければ、PUMASは公式に2016年のリベルタド-レス杯出場が決まります。

 

f:id:ClaudioSuarez:20151103151217j:plain

PUMASは、過去この大会でどういう結果であったでしょうか??

 

対戦実績 日付・トーナメント PUMASの得点者
Gremio 3-2 Pumas 2003年2月4日 – 一次予選 ホアキン・ベルトラン、レアンドロ・アウグスト
Pumas 2-0 Bolívar 2003年2月11日 – 一次予選 ルイス・イグナシオ・ゴンザレス、ホセ・ルイス・ロペス
Peñarol 2-0 Pumas 2003年3月11日 – 一次予選  
Pumas 1-0 Gremio 2003年3月20日 – 一次予選 アルバロ・ゴンザレス
Bolívar 2-0 Pumas 2003年3月26日 – 一次予選  
Pumas 3-1 Peñarol 2003年4月10日 – 一次予選 フランシスコ・フォンセカ (2)、マリアノ・トゥリージョ
Pumas 0-1 Cobreloa 2003年4月24日 – 準々決勝  
Cobreloa 0-0 Pumas 2003年5月8日 – 準々決勝  

f:id:ClaudioSuarez:20151103151239j:plain

Nacional 2-0 Pumas 2006年2月8日 – 一次予選  
Pumas 0-1 Maracaibo 2006年2月23日 – 一次予選  
Pumas 1-2 Internacional 2006年3月9日 – 一次予選 ホセ・ルイス・ロペス
Internacional 3-2 Pumas 2006年3月23日 – 一次予選 ヘラルド・ガリンド、ホアキン・ボテロ
Maracaibo 3-0 Pumas 2006年3月31日 – 一次予選  
Pumas 1-1 Nacional 2006年4月18日 – 一次予選 ダニエル・レイテス(アルゼンチン人)

f:id:ClaudioSuarez:20151103151656j:plain

守備陣の大黒柱2人は、PUMASが南米大陸で最高のチームになる可能性によって、サポーターを興奮させます。ウルグアイ人のセンターバック、ヘラルド・アルコバは今シーズン覚醒し、その場に立ってそれが夢ではないと同時に、時間が解決するだろうと告白しました。

f:id:ClaudioSuarez:20151103152214j:plain

リベルタドーレス杯とは、ウルグアイ人の自分にとってものすごく重要なトーナメントなんだ。まずはメキシコ1部リーグのプレーオフ進出を決め、リベルタドーレス杯出場に向かってとても近づいているね。僕らは、両方のトーナメントへ出場出来ることを願っているよ。そこでプレーをするということは、とても強烈なイリュージョンなんだ。」

 

リベルタドーレス杯出場の可能性を強調した、アルコバの守備陣の僚友であるパラグアイ人ダリオ・ヴェロンも冷静に来年の間共にシーズンを過ごすであろうと語った。

f:id:ClaudioSuarez:20151103153649j:plain

「ホームで良い成績を残し、メキシコ1部リーグで強いチームに対して、今はとても満足しているんだ。残り2試合を決勝戦のように戦うだろうが、リベルタドーレス杯出場の可能性があることを認識しているよ。まずは、一歩一歩だね。今は、メキシコ1部リーグのプレーオフが最優先なんだから。」

 

現在の主将はPUMASと出会った時、2003年にPUMASが対戦したCDコブレロアチリに在籍していたのである。

f:id:ClaudioSuarez:20151103153943p:plain

 

現時点における、プレーオフ対戦相手

f:id:ClaudioSuarez:20151103154150p:plain