Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

PUMASにおけるリベルタドーレス杯用5人の補強候補

f:id:ClaudioSuarez:20151117121748j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20151117121854j:plain

 

 メキシコリーグ首位、リベルタドーレス杯出場、3人のPUMASの選手がメキシコ代表に招集。PUMASサポーターにとって、先週は悲願である8回目のリーグ優勝を願うチームを信じる者にっとて間違いなくものすごくモチベーションが上がる、とても美しい1週間でした。

 

 先週の月曜日にソーシャルネットワークにおいて、我々サポーターがとても興味深いエクササイズを行ないました。もしあなたがPUMASのオーナーであったら、どんな選手補強をしますか?というもので、みんなによる答えは圧倒的でしたのでここにPUMASサポーターが興奮する、次のリベルタドーレス杯用の選手たちを記述します。明確にしておきますが、これらの可能性は今日現在事実であります。

 

f:id:ClaudioSuarez:20151117125220j:plain

 

  『ダヴィッド・ヴィージャ』

 この補強はかなり非現実的になりますが、これらの例は、実際メキシコリーグで生じている例であるからです。スペイン代表史上最多得点選手、そして最近2年間におけるチャンピオンズリーグ・ファイナリストは彼のキャリアの晩年に巨大な一歩を踏み出し、MLSに到着しました。来年3月までのリーグ閉幕により、移籍は発生する可能性が高いでしょう。我々は完全に非常識な選択肢であることを知っていますが、少しばかり夢を見たところで失うものはないのではないでしょうか?

有利な点:ワールドクラスのクオリティ、100%真面目なプロフェッショナルで、生まれながらのストライカー、そして彼のキャリアの中で新たな挑戦となる。

不利な点:財務上、非現実的な可能性。かなりベテラン選手。

 

f:id:ClaudioSuarez:20151117125405j:plain

 

『イグナシオ・ソコッコ』

 才能溢れるアルゼンチン人アタッカーはチームを去った後7年間の間PUMASサポーターに快適な後味を残し、移籍シーズン毎にオリンピック・スタジアムへ戻ることを夢見続けています。イグナシオは素晴らしい右足、直面する勇気と絶妙な魔法を持っています。このアルゼンチン人の復帰を希望はどう思いますか?

有利な点:リベルタドーレス杯における経験、試合を決められるクオリティ、メキシコリーグを一度経験しており、チームの必要性(もう一人のFW)を補える可能性に加えて移籍金も手頃である(移籍市場によると、300万ドル)。

不利な点:もうすでに30歳を過ぎており、移籍を実施するには困難(ニューウエルズを気に入っている)。そして、概して『出戻り』はあまり良い結果が出ていない。

 

claudiosuarez.hatenablog.com

 

f:id:ClaudioSuarez:20151117160747j:plain

 

『ジョフレ・ゲロン』

エクアドル人FWは、良い選択肢である。メキシコサッカーにおける経験と二度のリベルタドーレス杯最優秀選手受賞。現在ティグレスに所属するFWは、我々にとって良い選択肢になり得るでしょう。PUMASにおいて2次的な役割とフィデル・マルティナスとの仲の良さは、決定的な要因に近づく可能性があります。

有利な点:出場することにより、困難を解決するための品質、多機能性(ウイングとセンターフォワードの両方で生かせられる)。ピッチ上における爆発力、リベルタドーレス杯での高い競争力、そしてメキシコにおける経験と良好なイメージ。

不利な点:すでに30歳を過ぎており、獲得するための高い競争力、ティグレスでの無規律な行動。

 

f:id:ClaudioSuarez:20151117162349j:plain

 

ディエゴ・エルナン・ゴンザレス』

プルポ(愛称:蛸の意味)は、その最初のシーズンからメキシコリーグに恋してしまった。中盤における出入り、このアルゼンチンMFは印象的な技術の高さを示している。規律性のあるディフェンスとピッチにおける最終ラインでの決定的な仕事。サントス・ラグナの選手がもしPUMASに加入すれば、中盤の回転力を加えることが出来るでしょう。

有利な点:頭脳的なプレー、ライン際の強さ、クオリティの違い。

不利な点:ポジション争い過剰(アレハンドロ・カストロダヴィッド・カブレラ、ハヴィエル・コルテス、シルヴィオ・トラレス、ケヴィン・エスカミージャ)、出場する機会が少なくなったり、その存在が輝くための瞬間が依存される可能性。

 

 

f:id:ClaudioSuarez:20151117163827j:plain

 

 マティアス・フェルナンデス

チリ人のMFは、2016年後期ステージにおける補強第1候補です。アントニオ・サンチョは明らかに契約のための最初の一歩として、このクラックへの関心を否定しませんでした。マティはミッドフィールダーまたは右ウィンガーとして、彼がプレーをしてきたクラブで目が眩むような活躍をしてきました。最近のチリ人プレーヤーとしてのDNA、ディフェンスにおける無規律、コンスタントな怪我などあるものの、その特別なボール捌きによるサッカー選手としての違いを見せてきました。

有利な点:南米における威信、チリ代表としての資質、FWとしてのクオリティ、手頃な移籍金(300万ドル)

不利な点:PUMASでは中盤のMFを1人というフォーメーションを使わないという、ギジェルモ・ヴァスケス監督の方針に合わない。攻撃的な選手のための困難性、コンスタントな怪我。