読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

僕らは希望と熱意を持って、新しいトーナメントを考えている:エドワルド・エレラ

f:id:ClaudioSuarez:20151225101052j:plain

 

 「僕らは両方のトーナメントにおいて、うまくやっていけるようにしたいんだ。リーグ戦ではあともう少しというところで終わってしまった優勝を、リベルタドーレス杯も同じだ。最初の目標はまずグループ予選を突破すること、そしてタイトルを争うことだ。2つのトーナメントとも同じくらい重要だね。」と、エドワルド・エレラはオリンピック・スタジアムの第2コートで行なわれた記者会見で語った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20151225113437j:plain


 PUMASのFWは両方のトーナメントで戦う見通しは、彼らにとって脅威ではないと言った。「僕の目にはチームはとても競争力を持っていて、それはテクニックのためにも有益だし監督がいろいろなオプションを持てることにもなるし、2つのトーナメントにおいてチームが高いレベルを保つことに繋がるだろうね。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20151225113456j:plain


 「それらの戦力がチームに組み込まれてポジション毎に複数の選手を持つことは、監督にとってオプションを持てることが重要であると同時にチーム内競争も激化することに繋がるんだ。この2つのトーナメントにおける消耗は激しくなりえるし、それらに耐えうる選手たちがいるね。」と、付け加えた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20151225113715j:plain


 リベルタドーレス杯におけるグループ7のライバルであるオリンピア、エメレク、デポルティーヴォ タチラについて聞くと、こう答えた。「全てのライバルが、困難で競争力がある相手ばかりだ。だから、リベルタドーレス杯に出場しているんだ。相手には敬意を持って対戦するけれど、うまくプレーをして予選を突破しようと思っているんだ。この大会は、ものすごく高いレベルだよ。サントス・ラグナに所属していたときにプレーをしたけれど、どのチームが強いと言い切れないんだ。全ての相手が困難であって、各アウェイゲームへの移動も含めて大変だよ。だけど、このトーナメントに生きている情熱を楽しめることも可能なんだ。」


 「PUMASにとって国際トーナメントに参加することは重要であって、長い期間そうではなかったね。たけど、PUMASの名を高めるためにもこのチャンスを活かさなければならいんだ。」と、言った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20151215000952j:plain

 

 そしてプレーオフ決勝戦2ndレグで起きた、自身が2枚のイエローカード累積で退場したことについて言った。「あのことについては、もう自分で消化をして分析もしたよ。僕にとってあのプレーは故意でした訳ではないし、ボールを取りに行っただけだったんだ。僕にとってはイエローカードではなかったけれど、あの瞬間はもう過去のことで次のことに集中しているんだ。」


 「いつでも過去に自分がしたことを改善しようと思っているよ。もう少しでリーグ王者というところまで行ったし、チームはクオリティを持っていることを証明できたから新しいチャンスを探しているんだ。個人的には、今までしてきたことを超えたいよ。前シーズンは自身最高の11ゴールを決められて、それを超えたいんだ。」と、言い終えた。

 

 

 

【関連】PUMASの熱狂的なファンのみんなへ「僕らは、みんなが愛する人たちと幸せなクリスマスと年末年始を過ごせることを願っているよ」