読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

PUMASで、僕らは改善することに気を付ける:ダニエル・ルドゥエーニャ

f:id:ClaudioSuarez:20160113200441j:plain

 

 「僕らは、開幕戦でほんの少し手こずるだろうと思っていたんだ。決して言い訳ではないけれど、ハードワークをするための特別な時間は持てなかったんだ。心配することはないんだけれど、むしろ僕らは改善することと、ハードワークをすることに気を付けるよ。僕らがしたいのは、これらの以前はうまくやっていたことやホームゲームで強くなることなんだ。」と、ダニエル・ルドゥエーニャはオリンピック・スタジアムで行なわれた記者会見で語った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160113200626j:plain


 彼は、言った。「対モンテレイ戦で、理想だったのは引き分けだった。シーズンは長いから、僕らは一歩ずつ行くんだんだ。2つの重要なトーナメントがあって、チームは両方で良い試合が出来るような陣容だよ。みんなが欲しているような、トーナメントの主役のようなPUMASの姿を見ようじゃないか。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160113200642j:plain


 「メキシコリーグは各チームとも良い補強をしているから、とても消耗が激しいトーナメントなんだ。僕らは去年戦った、全ての目標を達成したようなシーズンにしたいんだよ。今日は同じ1日であって、ライバルたちは僕らに多くのチャンスを与えてくれないから僕らは倍のハードワークをしなければならない。」と、言った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160113200700j:plain


 彼はPUMASにとって重要なことは、自然と良い試合のリズム感を可能な限り早く取り戻すことであると認識した。「第1節は、あちこちの試合でクロスゲームがあったよね。関係者全員にとって開幕戦は苦労するし、可能な限り早く自分たちのリズムを掴まなければならないんだ。たくさんの新しいプレーヤーたちがやってきて、誰にとっても良い状態で臨まなければならない出番が来る。僕らは対トルーカ戦をすでにイメージしていて、他のことは考えていないんだ。今度の日曜日には、なんの問題も無いね。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160113200713j:plain


 外国人選手たちやメキシコ帰化選手たちについて聞くと、若いメキシコ人プレーヤーたちはもっと野望的であるべきだと答えた。「僕にとって、良いも悪いもないね。メキシコリーグは、たくさんのクオリティが高い外国人選手たちによって成長しているんだ。君が彼らの誰かが良いと見るならば、その彼は一流チームへと登っていくだろう。僕らには下部組織出身の選手たちが良いプレーをしないことは、何の責任も無いんだ。若手選手たちは、まだまだやるべきことがいっぱいあるんだ。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160113200725j:plain


 前のトーナメントの際に、今の選手たちはハングリーさが欠けていると言ったね。快適さを感じるのは、誰にとっても簡単なことさ。でも選手のキャリアは決して簡単に終焉に辿り着けない、それ以前に維持するのが難しい先が長いものなんだ。たくさんの選手たちが、それに苦労しているね。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160113200755j:plain


 「あんな簡単にデビューしてしまって、そして消えていく。メキシコサッカーのみでなく、全てメンタリティーにおける問題だと思うね。17歳の青年が30歳の誰かが持っている携帯電話を持っている。最新機種が発売されるのを待って、それを買いたがる。でも1部リーグにおける経験があるのか?と聞くと、そうではない。とても複雑なことだけれど、メキシコ帰化選手たちの責任だなんて言わないで欲しいね。だって、そうではないんだから。」と、締め括った。