読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2016年前期 第4節 NECAXA 2-2 UNAM

f:id:ClaudioSuarez:20160808153905j:plain

 

PUMASが反撃して、ドローに持ち込む

 

f:id:ClaudioSuarez:20160808154745j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160808154755j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160808154825j:plain

 

PUMASは、今シーズン開幕時にした際にあった不安要素が消えてきました。この夜対NECAXA戦でパブロ・バレラの得点のおかげで、苦しみながらドローで勝ち点1を挙げました。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160808154904j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160808153959j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160808154012j:plain

 

節の経過とともに、PUMASはわずかながら多くフランシスコパレンシア監督が意図しているアイデアをフィールドでパフォーマンスするようになり、この夜は前半において前節より良いプレーがされ相手チームをパニック状態に陥れました。結果的には後半において試合の決着は付き、PUMASは2-2のドローで勝ち点1を挙げました。パレンシア監督は彼の政権となって、未だ負け知らずです。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160808162639j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160808154924j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160808154934j:plain

 

彼はいつもメンバーをピッチに送り出し、4-2-3-1のシステムで複雑かつアウェイな環境でプラスの結果を完結するために導きました。自信を持って左サイドにヘスス・ガジャルドを配置しましたが、それ以外は今シーズン開幕してからずっと同じのメンバーでした。ヘラルド・アルコバの怪我による欠場は、続いたままです。プレシーズンマッチが終わる際に感じた簡単な筋肉の不快感は、彼をシーズンの四分の一の欠場へと追い込みました。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160830195736p:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160808154028j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160808162756j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160808154048j:plain

 

PUMASはキックオフから相手チームの出だしを圧迫して、サポーターの前で結果を出そうと噛みつくようなプレーをして自分たちに有利に試合を運べるような急いだプレーをしました。監督は試合開始3分後からベンチより飛び出して、マルセロ・アラトーレに適切なポジションを取るように指示しました。6分にはパブロ・バレラのセンタリングに合わせ切れなかったエドワルド・エレラに対してスピードのあるボールには脚を強く出すよう、時間の経過に合わせてその場に適したプレーをするよう指示をしました。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160808154127j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160808154105j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160808154057j:plain

 

NECAXAは相手の攻撃的な戦略に動じず、それとは全く逆に反撃する様子でした。前半10分、アレハンドロ・パラシオスが彼が守るゴールを防ぐセーブをして無得点に抑えていました。最初は相手チームのプレーヤーとの1対1、その後はコーナーキックからのヘディングシュートでした。攻守の攻防は互いに相手陣内を脅かし、得点をしようとしました。観衆はそれに対して、反応し歓声を上げました。NECAXAはチリ人プレーヤーのエドソン・パンチとクラウディオ・リアーニョがボール支配率欠如を補うために攻撃を度々仕掛け、PUMASはピッチ中央からプレーを構築し右サイドの攻撃を強化しました。ハヴィエル・コルテスがパスを散らし、ほぼ常にパブロ・バレラを頼って繋ぎました。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160808154431j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160808154512j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160808154450j:plain


前半26分ペナルティキックをエドソン・パンチが決めた後、それまで全ての状況が変わりました。ヴィクトリア・スタジアムはお祭り騒ぎとなり、サポーターの喜びが爆発しました。ハヴィエル・コルテスがアレハンドロ・ディアスを倒してしまい、レフェリーは迷わずペナルティキックを宣告しました。ホームチームの自信は拡がったかのように見えましたがそれもつかの間、前半35分エドワルド・エレラがハヴィエル・コルテス、パブロ・バレラ、マルセロ・アラトーレらが作ったチャンスを見事に生かし、センタリングからのヘディングシュートで同点に追いついたのです。試合開始時同様、1-1のイーブンで前半を折り返しました。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160808154209j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160808154220j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160808174517j:plain

 


後半開始早々、マルコス・ゴンザレスが再び勝ち越し点を決めました。セットプレーからのボールをヘディングで合わせ、アレハンドロ・パラシオスが守るゴールネット奥に突き刺さりました。PUMASは再びカウンターアタックからの攻撃を再開、パレンシア監督はリアクションを起こすために、フィデル・マルティネスをピッチに投入。左サイドからの攻撃を厚くするためでした。彼は髪をかき上げながらベンチ前を歩いて、考えて、指示を出しました。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160808161127j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160808154618j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160808154559j:plain


NECAXAはそれ以上攻撃を仕掛けませんでしたが、後ろに引いて勝利を確実にするためアドヴァンテージをキープしようとしました。PUMASは犠牲やモチベーションのためにトライを続けましたが、パレンシア監督はもうそれ以上激しく非難することは出来ませんでした。フルスピードでスプリントを行う攻撃は相手を脅かし、それが最小限であっても相手チームにぶつかりました。試合後半、監督はエドワルド・エレラに代えてサウル・ベルホンをピッチに送り込みました。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160808154307j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160808154329j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160809124249j:plain

 


時間だけが経過しPUMASは前半同様ドローに持ち込もうとしましたが、それが出来ませんでした。試合が終わろうとしているにも関わらず、選手たちはアイデアのないプレーを繰り返し、十分な反撃がないまま試合は終わろうとしていました。しかし後半41分、戦いが終わろうとしていたその時、フィデル・マルティネスは彼の頭を上げ、ペナルティエリア内に侵入したパブロ・バレラを見つけ、強力なボレーシュートをゴール右隅に放ったのでした。2-2。スタジアムが静まり返り、PUMASは勝ち点1をもぎ取ったのでした。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160809073344j:plain