読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2016年前期 第7節 関連記事

f:id:ClaudioSuarez:20160824155903j:plain

 

クラブ・ティファナに対して、対モンテレイ戦で行なったようにプレーをすべきだ:マティアス・ブリトス

 

「ホームであれ、アウェイであれ、我々は勝ちに行かなければいけない。対クラブ・ティファナ戦は、対モンテレイ戦で行なったようにプレーをすべきだ。」と、マティアス・ブリトスは述べた。彼はチームを「バランスが取れている。同じようなラインで、プレーを続けたいね。PUMASでは、個人としての結果よりもチームとしての結果を重んじるんだ。」と見ている。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160824160531j:plain

  

今のPUMASに疑念の余地はない

チームメイトであるヘラルド・アルコバの早い戦列復帰を期待している

 

マティアス・ブリトスはファン・フランシスコ・パレンシア監督の指揮下となった新しい体制では議論の余地のない選手が存在しないことが明らかであると判断していて、そのパフォーマンスが納得出来ないような場合は誰もがベンチへ下がると認識している。

 

「チームの誰もが疑いの余地なく自分がレギュラーであると感じている選手がいないことは、良いことだね。全員がトレーニングでも、試合でも一つのポジションを争わなければいけないんだ。修正するために、また100%集中するためにも、健全な競争であるべきだよ。」と、ブリトスは言った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160824211613j:plain

 

そしてエドワルド・エレラは、先週の日曜日に行なわれた5-3でPUMASが勝利した対モンテレイ戦でベンチスタートだった。今週の金曜日に行なわれる現在首位を走るクラブ・ティファナ戦では、PUMASにおける今のレベルを見る為のパラメーターになると認識している。

 

「順位表の上位に位置するチームと対戦する時は、いつも特別なモチベーションに加えて今のチームの状態を見るためのパラメーターになるんだ。決定的なものではないにせよ、大きな責任を取ろうとする素敵なパラメーターにね。」と言った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160824160709j:plain


白星街道を取り戻すことが重要だった。

 

彼はPUMASが2016年前期ステージにおいて白星街道を取り戻すために、先週末の試合に勝つことは重要であったと述べた。

 

PUMASは、大学都市にある彼らの施設外にあるメキシコシティにあるモンテレイ工科大学スポーツセンターで、人工芝におけるプレーを試すためにトレーニングを行なった。今週の金曜日、2016年前期ステージ第7節のカリエンテ・スタジアムのようなピッチに適応するためである。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160824160603j:plain

 

マティアス・ブリトスは、記者会見で日曜日に行なわれたホームゲームにおいてチームに貢献出来たことに満足していると述べた。

 

「いつもチームに貢献するということは自分が役立っていて幸せに感じるものだよ。だけど重要であったのはホームで勝つということと、白星街道を取り戻すことだったんだ。それがまだまだ修正するべきことがたくさん残っているにも関わらず、僕らを穏やかにしているんじゃないかな。」と、モンテレイ工科大学で言った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160824162603j:plain

 

ファン・フランシスコ・パレンシア監督がこれまでチームにしてきたことについて、ブリトスは彼がチームに対して彼の経験を基にサポートしてくれていると述べた。

 

「彼は彼のFWでプレーをする視点で僕らをサポートしてくれているね。時に少し下がった位置でMFとしてプレーをしていたこともあるけれど、今は監督としてチームを率いているんだ。」

 

さらに、彼はこう付け加えた。

 

「誰かが僕らをサポートしてくれたり、コンセプトを同化しようと受け入れるために一緒に居たり、チームの利益のために改善することは良いことだよ。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160824160729j:plain

 

PUMASにおいて時々得点が無い時に受けるプレッシャーに対する質問について、彼はそんな場面は一度も無かったことを明らかにした。

 

「このチームに合流した時から、自身のことは二の次であって重要な結果を得てきたし、このようなビッグクラブの主要な目的である今まで一度も優勝カップをかざしたことはないから、今まで一度も絶望や怒り、不快感を感じたことはないよ。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160824160642j:plain

 

最後に彼はチームの新しい変更に適応することは容易ではないが、可能な限り最高の方法で努力し続けていることを明らかにした。

 

「チームにおいて常に変更はあってそのアイデアを把握するのは苦労するから単純ではないけれど、それを取り入れてグラウンドで実行するために可能な限りオープンであり続けているんだ。」

  

f:id:ClaudioSuarez:20160824160141j:plain

 

下部組織出身選手に可能性を与えてくれる、パレンシア監督に感謝している:ヘスス・ガジャルド

 

6節を終わって290分プレーをしたヘスス・ガジャルドは、PUMASの下部組織出身選手に対して登場する機会を与えているパレンシア監督の戦略に対して感謝の意を示した。2016年前期ステージにおいて良いスタートを切っているPUMASは、ファン・フランシスコ・パレンシア監督による下部組織出身選手の起用により、MFヘスス・ガジャルドが良い仕事をしているのがきっかけで6節を終わって順位表の上位を占めている。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160824211416j:plain

 

「下部組織出身選手たちは、パコが与えてくれている可能性に非常に感謝しているんだ。今までの監督は、TOPチームの基盤を戻すために僕らの存在を見てくれることによって、全幅の信頼をしてくれていなかったよね。パレンシアは僕らのことをとても信頼してくれていて、サッカーをしなくてはならないということをあえてしないといけないことを教えてくれているんだ。」と付け加えた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160824222250j:plain

 

前節の対モンテレイ戦で得点をしたということは、監督が与えられた仕事をしなければならず、またそのすべての行動は下部組織出身選手の技術を考慮されるように再検証しなければならないと知っていながらも、チームにとってゴールゲッターの存在がいかに重要であるか?ということを強調した事実である。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160826192716j:plain

 

「満足しているよ。僕にとって1部リーグ初得点だし、それは大きな自信なんだ。個人的にとても素晴らしいことであって、子供のころから夢見ていたことだしね。僕ら下部組織出身選手が持っているものを示さなければならないし、毎週そチャンスを活かさなければならないんだ。」と、言った。

 

最後に彼はこう言った。

「少しずつだけど、ディフェンスライン、中盤、前線においてバランスが崩れている場所を見つけられるようになってきたと思う。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160824222223j:plain

 

PUMASは金曜日に行なわれるメキシコ1部リーグ第7節のカリエンテ・スタジアムにおける試合のために前日入りする木曜日まで、トレーニングを続ける予定だ。

 

 

 

8年の時を経て、オリンピック・スタジアムにハットトリックが達成された

 

f:id:ClaudioSuarez:20160824160250j:plain

 

2008年8月31日、PUMASのFW:ファン・カルロス・カチョがメキシコリーグの対アトラス戦においてハットトリックを達成した。それ以来、PUMASの選手は誰ひとりとしてハットトリックを達成することが出来ずにいた。

複数(2点)得点は、32回記録されていた。しかし、ハットトリックは誰もいなかった。複数(2点)得点者は下記の通りである。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160824160100p:plain


200年8月31日、メキシコリーグ前期ステージ第7節の試合。前半40分、ダリオ・ヴェロンがペナルティエリア内で倒されたファールに対するペナルティキックで、ファン・カルロスはその日の午後初ゴールをマークした。素晴らしかったのは、2点目である。ハーフウェイでボールを奪ったモラレスは、直ちに伴走する選手を探した。そこに右サイドからトラップしたばかりのボールを受け、見事に2-0となるボレーシュートを放ったカチョがいた。3点目はダンテ・ロペスとの華麗なコンビネーションから、挙げた3-0となるゴールであった。

 

 

 

そして今日ブリトスはエクアドル人のGK:アレクサンドル・ドミンゲスに対して3ゴールをマークし、その長かった途絶えた時間の記録を破った。疑いの余地なく、モンテレイとアントニオ・モハメド監督にとって、5-3という結果を持ち帰ることとなるメキシコシティにおける屈辱的な恐ろしい午後となった。その他の得点者は、PUMASはパブロ・バレラ、ヘスス・ガジャルド、モンテレイはセサル・モンテス、カルロス・サンチェス、ドルラン・パボンであった。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160824160313j:plain