読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

ヘラルド・アルコバの復帰まで1週間

f:id:ClaudioSuarez:20160904164953j:plain

 

メディオ・ティエンポ誌の取材によると、ヘラルド・アルコバがグラウンドへ戻ってくるまでおよそ1週間くらいと推定され、右足の筋肉炎からの回復も最終段階へ入ったということである。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160904170235j:plain

 

シーズン開幕少し前にゴールデンボール賞最優秀DFを受賞した後、ウルグアイ人プレーヤーはずっと試合に出場していない。

 

 

「何も問題は無いね。もし神様が1週間で戻っていいよと仰れば、そのようになるだろう。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160904170116j:plain

 

アルコバは復帰のためにメキシコ自治大学の医療従事者だけでなく、メキシコ代表やクラブ・ティファナの理学療法士:カルロス・H.ペサニャらの専門家を組み合わせたチームを編成しました。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160904170854j:plain

 

彼はプレシーズンマッチで負傷し、全治3週間と診断されていました。しかし予想よりも時間が掛かったため、開幕から第7節までPUMASの両センターバックはダリオ・ヴェロンとアレハンドロ・カストロが担っていました。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160904171028p:plain

 

この推定通りであれば、ヘラルド・アルコバは次週の日曜日にオリンピック・スタジアムにおいて対ケレタロ戦で、もしくは第9節のアウェイの対サントス戦で復帰出来ることになります。