読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2016年前期 第8節 関連記事-2

f:id:ClaudioSuarez:20160907180115j:plain

 

パブロ・バレラ:この2週間は、プレーオフ進出に近付くために重要になる
 
 
「この2週間は、もしうまく活用すればプレーオフ進出に近付くことになるね。まず最初に、対ケレタロ戦に勝つことだ。」とパブロ・バレラは大学都市の第2グラウンドで行なわれたトレーニング後の記者会見で語った。
 
PUMASは2週間にリーグ戦4試合をプレーする予定で、フランシスコ・パレンシア監督のサッカー観についての疑いがないことを証明しようとしている期間である。
 
「もう、彼がグラウンドにおいて何を要求しているか?分かっているんだ。今は、僕らがいかにミスを少なく出来るか?だね。」と、付け加えた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160907180244j:plain 

ルイス・キンターナは、バレラと共にFIFAマッチデーが彼らのミス修正するために役立ったことに相槌を打ち

 

「もう、フィットすることに言い訳は出来ないね。チームはもう、プレーをするか?分かっていて、それは日曜日に結果が反映することを見なければならないね。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160907180202j:plain

 
バレラは、FIFAマッチデーのリーグ中断について明らかにした
 
パブロ・バレラはFIFAマッチデーのリーグ中断について、それ以前に起きたエラーを修正するのに非常に役立ったとの見方を示した。
 
「僕らにとって、このFIFAマッチデーのリーグ中断はそれ以前に起きたエラーを修正するのに非常に役立ったね。これから良い結果を出すためにも、これらを最小限にしていかなければならない。」と、第2グラウンドで行なわれた記者会見で語った。
 
 

f:id:ClaudioSuarez:20160907213033j:plain

 
7節が終わってPUMASのバランスについて質問されたとき、元クルス・アスルやウエストハム選手であった彼は、詳細は毎週改善されているが、どんなタイトル獲得候補チームらと同等であると答えた。
 
「どんな相手とも同等だよ。僕らはアウェイゲームを残っていて、より多くの勝ち点を得ることができるんだ。もう僕らは監督がグラウンドで何を求めているか?分かっているし、修正しなければならない詳細があってそれに対して100%向かっていくよ。」と、彼は言った。
 
最後にバレラは、良好なレベルを維持することが念願であるメキシコ代表復帰への鍵であることを認めた。
 
「本当に代表に戻りたいんだ。自分のクラブで良いパフォーマンスの結果を出さなければ、不可能だけどね。」と、締め括った。
 
 
 

f:id:ClaudioSuarez:20160907180221j:plain

 
パブロ・バレラは、メキシコ代表復帰を夢見る
 

PUMASは第7節までに見せたネガティブな点の修正をするための時間としたとFIFAマッチデーのリーグ中断だったと、パブロ・バレラは語った。

 
「FIFAマッチデーのリーグ中断は、グラウンドでエラーを修正することと良い結果を出すために最小限に抑えることを目指すのに、役立ったね。」と、言った。
 
一方ケレタロFCは良いチームなので、PUMASは勝利を収めるには全てのラインで注意しなければならない。と同時に、2016年前期ステージ途中に諦めるべきではないとも語った。
 

f:id:ClaudioSuarez:20160907213058j:plain

 

2018年W杯北中米4次予選第5,6節における対エルサルバドルとホンジュラス戦のメキシコ代表へ召集されなかったこと、2013年からブラジルで開催されたコンフェデ杯以来代表に召集されていないことについて、こう語った。
 
「PUMASで良いプレーをしなければならないね。そうすれば、メキシコ代表召集されるだろうからね。」と、トリコロールのジャージを纏うモチベーションが高い選手は言った。
 
PUMASは日曜日にオリンピック・スタジアムでヴィクトル・マヌエル・ヴセティッチ率いるケレタロFCを迎え撃つ。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160907213118j:plain