読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

PUMASは、壊れた皿の代金を支払うことになるだろう

 

f:id:ClaudioSuarez:20160917235219j:plain

 

対PUMAS戦の勝利へ自信たっぷり


ディエゴ・デ・ブエンのインタビューによると、今度の日曜日コロナ・スタジアムでPUMASは、メキシコ杯においてサントス・ラグナの敗退による衝撃を蒙るであろうということである。

 

「ここ数週間の悪い経験はもう忘れて、壊れた皿の代金を支払うことになるだろうPUMAS戦に集中しているんだ。」

 

カップ戦における悪かった結果にもかかわらず、木曜日にコロナ・スタジアムで行なわれた素晴らしいトレーニングによって自信を取り戻したチームの中の雰囲気はとても良いと付け加えた。

 

「悪い試合では、無かったんだ。最終的に常に僕らは試合を作れなかったにも関わらず、いくつかの得点をするオプションがダイナミックにそして古今のスランプから脱出したいという欲望が生まれたんだ。」

 

明確なチームの今シーズンにおける目標であったメキシコ杯決勝トーナメント進出というものが潰え、しかし今はもうリーグ戦のことを考えるべきだと言った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160918000217j:plain

 

「しかしまず最初にPUMASに勝って、その後にどこまで行けるかを見てみるよ。もっと良いプレーをして、結果を出さなければいけないね。」

 

FIFAマッチデーにおけるリーグ戦中断は、監督のコンセプトを強化するためにピッチにおいて言葉や図等を使用して彼のプロジェクトやアイデアに具体的な形を与えるのに役立ったと言った。

 

「勝ち星が挙げられたあかつきには、毎週穏やかにハードトレーニングをするための自信が与えられるだろうね。でもこんどの日曜日には、チームの今シーズン2勝目が間違いなく達成されると思うよ。」

 

自分たちがしているサッカーを変えるためにメンタルを変えようとしていて、常にネガティブな考え方を無くさないとどんどん悪い方悪い方へと行ってしまうので、不利な結果から脱出することに集中し続けている。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160918003948j:plain

 

「僕らに欠けていた力強さ。幸運はよりたくさん練習をした者に与えられるけれど、それに依存せずトレーニングにおけるハードワークによって結果が出るんだ。」

 

彼は常にプレーをするのが好きな選手だから、あくまでも監督の決定は尊重するが、彼にとってスタメンでプレーをする、しないに関わらずそれを共有しないと強調した。

 

「僕らが今現在置かれている状況(8節消化して1勝7敗)に対して心配しているよ。だけど僕らはハードトレーニングを積んでいて、それは僕ら次第なんだ。僕らはより良いパフォーマンスをさせてくれる偉大なチームもしくはクラブをサポートしているんだよ。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160918000137j:plain


PUMASについて、彼がプロデビューする可能性を与え、小さなころから11年間を過ごしたクラブでチームメイトであった仲間に再び言葉を交わし合うことは素敵なことだと述べた。

 

「週2試合開催に向かって、とても勝つ気満々でムードは上々なんだ。どんな相手とも戦ってきたし、まだ自分たちの限界に達したわけではなくて結果が出ていないだけだよ。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160918000243j:plain


勝ち癖を付ける:ホセ・マヌエル・デ・ラ・トーレ

 

対戦するチームの名前に関わらず、サントス・ラグナはあまり良いサッカーはしていないが勝ち癖を付けること。ホセ・マヌエル・デ・ラ・トーレ監督は対PUMAS戦では『砂漠の神殿(コロナ・スタジアム)』というホームで戦える利を活かして、勝ち点3を取りに行くつもりだ。

 

「プレーオフ進出の可能性を減らしている現状で、ステップを厳しくする必要性がある。どんな相手(この場合のライバルは、PUMASだが)でも勝って、あまり良いサッカーはしていないが勝ち癖を付けるんだ。」

 

彼にとって各試合はさまざまな側面から批准する可能性であり、よって対PUMAS戦で勝利を目指すということは2016年前期ステージにおけるサントス・ラグナの2勝目を挙げることになる。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160919192549j:plain

 

「今は我々に対して自信を与え、来るものに対して耐えるための結果が重要だ。」と、ホセ・マヌエル・デ・ラ・トーレはコロナ・スタジアムで木曜日に行なわれたトレーニング後の記者会見で語った。

 

トレーニングでその要素の容易さやどのようにその能力を利用することが出来るか?を分かっているにも関わらず、あたかも良いプレーをしてたくさんのチャンスを作ったりしても、勝利が遠く選手たちは残念がったり怒っていると付け加えた。

 

「ゴールチャンスを作ったり、得点をすることが複雑なことは分かっている。アグアスカリエンテスにおける対ネカクサ戦の時のように、実現することが出来なかったからね。」


そして、繰り返して言った。「試合の戦術的な要素が得点であり、チームはそれを理解しているよ。最近あったトラブルと言えば、本来試合毎にピッチで示すべきことをロッカールームで揉めたことだ。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160918000307j:plain

 

彼は最近、彼がしている仕事を説明するために時間を取った。

 

「各ラインの負荷を均一にし、より多くのフィニッシュをする。ボールポゼッションや素早いプレー、各選手の特徴によって目指すチームコンセプト通りのプレーをすることなどをね。」

 

そしてサントス・ラグナの作業工程表は大変重要である。集団的パフォーマンスを向上するために各選手の状態を上げようとする度合いである。若い選手をプレーさせる機会を与えてきた、チーム戦力のクオリティについて語った。

 

「とても高いポテンシャルと素晴らしい特徴を持ったチームだ。でもチーム内競争では、キャリアや国籍は関係無いんだ。選手が期待に応えるか?応えないか?そこから、誰がプレーをして誰がしないのかを決める。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160919003332j:plain

 

そして、こんどの日曜日。サントス・ラグナのメンタリティは悪い方向へ行くか?そうではないのか?ではなく、ポジティブなこと。つまり勝つことだけを考えて、敗けることは考えていないので、決して悲観論者ではない。

 

「クラブには理解するだけの価値がある。常にプレーオフ進出、タイトルを目指し、この瞬間に取れるだけの勝ち点を挙げる。それがトーナメントであり、達成可能な道のりだ。」


プレーオフ進出の可能性がある限り、それは彼らの手の中にまだに残っているんだということを彼は明確に言った。そしてサントスサポーターが行なった、たとえチームの成績が悪かろうが、選手たちを励ますアウェイゲーム観戦ツアーについて語った。

 

「サポーターは本当にいつも我々に対してホームスタジアムで執拗に応援し、力を与え、いつも一緒になって我々をサポートしてくれるとても大切な存在だよ。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160918000915j:plain

 

今困難な時期を過しているプレイヤーに対して目の前で触れ合い勇気付けるために、トレーニングを行う際のゲートを開放し、サントスサポーターはこの絶好の機会を見逃さなかった。

 

メキシコ杯敗退と8節が終わってたった1勝のリーグ戦。サントス・ラグナの選手たちは日曜日のPUMAS戦に対して、彼らは励ましのビンタを受けた。

 

トレーニング終了後にコロナ・スタジアムで行なわれたこの催しで選手たちはサポーターたちから勇気を百倍もらい、サイン入りボールをプレゼントした。主将であるカルロス・イスキエルドスは、彼らサポーターの大きなジェスチャーを認識するためにスタンドに登り、個人的に挨拶をした。

 

金曜日と土曜日に2016年前期ステージ第9節の対PUMAS戦に最大限集中するために、再びトレーニングを報道陣シャットアウトで行なう。