読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

まるで、自宅にいるかのように感じられる:アブラハム・ゴンザレス

f:id:ClaudioSuarez:20160927203127p:plain

 

2人のスペイン人プレーヤー、サウル・ベルホンとアブラハム・ゴンザレスのPUMASへの合流は、多くの期待を引き起こした。今日その契約から約3ヵ月が経過し、彼らはPUMASにおいて快適に感じることを受け入れるだけでなく、将来的に彼らの同胞にとってメキシコ・リーグがお気に入りの目的地になるだろうと言った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160928002232j:plain

 

「今日世界がグローバル化に対応していて、人々が国外へ出て、競争するために来て、誰もがメキシコ・リーグが非常に強力であることを見るのは、スペインにとって良いことだと思うんだ。そういう視点で言えば、最初から彼らは僕らに対してまるで自宅のような雰囲気を作ってくれているので、サウルと僕は非常に満足しているんだ。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160927203737j:plain

 

ESPNウェブサイトのインタビューでゴンザレスは経済的要因は彼らの意思決定に影響を与えたが、PUMASのオファーを受け入れることが最も重要ではなかったと言った。「どんなプレーヤーであっても、あなたはあなたのため、家族のため、将来のために最高のチームをを探していることは明らかだ。しかし僕はそういう視点ではなく、最初にサッカーを見てこの国を知ることの個人的な経験だったんだ。」

 

さらに迅速に対応することを可能にした他の要因は、フランシスコ・パレンシアはすでに知っていたスペインで多くの概念をPUMASへ持ち込んでいることやPUMASのプレースタイルやゲームプレイに適応することが容易になっていることだ。「彼は、スペインから多くのものをもたらしたよ。我々が伝えたい動きやボール捌き。それはほとんどがスペインのものであって、チームはそれをとても素早く掴んでいるね。僕には、自分にボールを渡し、左右に開くプレースピードを注文したんだ。」と締め括った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160927203215j:plain

 

マティアス・ブリトスは、対クラブ・アメリカに対する敗戦を軽視した

 

PUMASは何も主張することが無いにも関わらず、首都ダービーはチームに対して今シーズン残りに対して後遺症を残した。マティアス・ブリトスは、試合結果はクラブ・アメリカが勝ったにも関わらず彼らよりも試合内容が良かったことが証明されたので、アステカ・スタジアムで彼らは枯れ果てていないと言った。

 

「イライラしていないよ。僕らは85分間の間、彼らよりも優れていたことを誇りに思っているんだ。やるべきことはやってサッカーをプレーして、残念ながら、彼らが上手く利用した5分間のアクションに気を取られたんだ。だけど、厳しいピッチでライバルであるクラブ・アメリカと渡り合った全てのチームメイトを誇りに思うよ。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160927203312j:plain

 

さらに彼は順位表の上部に維持する、またリギージャ(プレーオフ)進出を切望する良い方法だと方法だと強調した。「そうなんだ。これがリギージャ(プレーオフ)進出への道のりであって、僕らはピッチの中でたくさんのセンタリングでボールをいろいろなポジションに動かし、何もすることが出来なかったんだ。」

 

クラブ・アメリカ選手のメンタリティーを残念に思った。彼らの別の提案で、試合は違うものになったからだ。「これは一つの彼らにとって有利に働いた戦略であって、僕らの目的である勝ち点3を挙げる良い試合をしようというように1週間の間に改善されて欲しいね。それは、とてもイーブンで競争力のあるものになるだろう。僕らはチャンスを、より多くの時間を無駄にすることは出来ないんだ。だって、アウェイゲームで勝利していないのだから。だから、ホームゲームではより強くならなければならないんだ。」と、言った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160927203324j:plain

 

そして今、改善すべきであることに注意しなければならない。ブリトスは、すでに対チアパス戦を楽しみにしている。「チームの機能面で作り上げてきたものを改善しなければいけないね。長い時間簡単でない、偉大に振る舞ったこと。偉大な勇気を示したけれど、何も得られなかったこと。結果を得るために戦うことを厭わないが、残念ながら達成出来なかったこと。それらが今、僕らを作り上げるんだ。」