読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

PUMASの固定レギュラーを見つけるための5つのオプション

f:id:ClaudioSuarez:20160930213352j:plain

 

2016年前期ステージも11節を消化し、ますますPUMASサポーターが好むようなプレーアイデアやアイデンティティ(ダイナミックなサッカー、ハイプレッシャー、選手たちの偉大な犠牲など)が示されている。

 

9月のFIFAマッチデーにおけるリーグ戦中断後、PUMASはホームゲーム2勝とアウェイゲーム2敗したので、攻撃と守備における実質的な進展を実証した。しかしながらアウェイにおける2敗は、チームとして良い試合をしかつ試合のプロセスを支配したので、ある程度不公平な結果となった。そして-首都ダービーまで-彼らは、何人かの選手を統合し始めている。アレハンドロ・パラシオス、マルセロ・アラトーレ、ダリオ・ヴェロン、ルイス・フエンテス、アブラハム・ゴンザレス、ハヴィエル・コルテス、パブロ・バレラ、ヘスス・ガジャルド、マティアス・ブリトス。しかし、ファン・フランシスコ・パレンシア監督が解決し終わっていない問題が一つある。この後お見せする5つのオプションは、すぐに見つけなければならない固定レギュラーをクロージングするというアイデアから来ている。

 

オプション1:フィデル・マルティネスの4-2-3-1

f:id:ClaudioSuarez:20160930215140p:plain

このエクアドル人サッカー選手が、長い間彼の最高レベルに達していないのは現実である。パレンシア監督は彼が殺到するようなことを忘れてしまっていることを考慮して、彼を左サイドの司令塔として固定することを試しているが、本来彼のベストを発揮することができる最高のポジションはマティアス・ブリトスや両サイド(ヘスス・ガジャルドとパブロ・バレラ)のようなパートナーにセンタリングを上げることを模索する、司令塔であると信じている。これがダイナミックかつ巧みな選手の攻撃を持つ、PUMASに良い結果をもたらすことが出来るからだ。

f:id:ClaudioSuarez:20160930214752j:plain

 

オプション2:サウル・ベルホンの4-2-3-1

f:id:ClaudioSuarez:20160930215217p:plain

このスペイン人選手の合流は高い期待を持たれていたが11節までにたった1得点しか挙げておらず、良いものを持っているということを示していない。よって、違いを示すことが出来る選手として、フィットし終わっていないと言える。彼は左、右、真ん中でそれぞれプレーをしているが、間違いなく彼のベストを見れたポジションとは言えない。彼の最高のサッカーを発揮できるのは、ハーフの司令塔だと思う。サイドを支配するようなスピードは持っていない。よって彼が持っているゲームビジョンとインテリジェンスで可能であると言えるのは、ハーフで非常に便利なプレーヤーである。マティアス・ブリトスがゴールに向かうためのボールを供給出来るような良いコンビを組める資質を持っている。

f:id:ClaudioSuarez:20160930214806j:plain

 

オプション3:ケヴィン・エスカミージャの4-3-3

f:id:ClaudioSuarez:20160930215254p:plain

このオプションは、パレンシア監督が首都ダービーのスタメンで採用したものである。間違いなくエスカミージャはPUMASで良いキャリアを積めるクオリティを持っており、将来のセンターハーフポジションをスタメンで張れるが、あのような大一番であのポジションに起用するのはおそらくベストなアイデアではなかった。つまり4-3-3でアブラハム・コルレスとハヴィエル・コルテスの間でプレーをするのは魅力的に見えるし将来的には面白いが、現在のところは途中交代で起用するのがベストだろう。

f:id:ClaudioSuarez:20161001144719j:plain

 

オプション4:アレハンドロ・カストロの4-3-3

f:id:ClaudioSuarez:20160930215335p:plain

4-3-3のアイデアがパレンシア監督の頭にあるならば、現在のところベストなオプションはアレハンドロ・カストロだろう。彼本来のポジションであり、その経験はエスカミージャより一日の長があるからだ。偉大な固定センターハーフであり、そのパフォーマンスはメキシコ代表に召集されたくらいだ。さらにアブラハム・コルレスとハヴィエル・コルテスの間で彼の姿を見るのは非常に嬉しいし、実際に素晴らしいボールの処理、捌き、ピッチの視野を持っており、マティアス・ブリトスや両サイド(ヘスス・ガジャルドとパブロ・バレラ)へのボールを分配可能だからだ。

f:id:ClaudioSuarez:20160930214826j:plain 

 

オプション5:サンティアゴ・パラシオスの4-4-2

f:id:ClaudioSuarez:20160930233952p:plain

彼は興味深いコンディションを持ったFWであり、チームへ合流してからその輝きを未だ見せていないが、パレンシア監督のシステムに合うことが出来る資質を持っている。彼はメキシコ1部リーグの公式試合で一度も出場していないので、監督はまだ彼を確信することが出来ていないが、もう一つの興味深いオプションである。前方への攻撃に対する大いなる機動性を持っていて、マティアス・ブリトスとのコンビを見てみたいという願望に駆られる。

f:id:ClaudioSuarez:20161001144811j:plain

 ※ただしCONCACAFチャンピオンズリーグには、移籍登録の問題で来年1月まで出場出来ないと公式ツイッターで本人がコメントしている


あなたにとってこの5つのうち、どれがパレンシア監督の固定レギュラーを形成するために適切だろうか??