Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

アレハンドロ・パラシオス:僕らは、リギージャ進出という目標に近づいている

f:id:ClaudioSuarez:20161012203904j:plain

 

彼は、今度の日曜日の対デポルティーボ・トルーカFC戦が重要なステップになるだろうということを知っている。「対デポルティーボ・トルーカFC戦は、クオリティの高い選手たちが相手だから難しい試合になるね。僕らは、アウェイで勝利を収めるためにとても良い準備をしていてるんだ。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20161012210733j:plain

 

ヴィジターで勝つという結果を少しずつ達成するという予想をしているアレハンドロ・パラシオスは、PUMASにとってアウェイで勝つことが義務ではないと述べた。「それが義務であるとは見ていないよ。でも、アウェイで勝利を挙げるということはリギージャ(プレーオフ)進出出来るか、出来ないかの差なんだ。僕らは、ホームで良いサッカーをしているよね。でも、アウェイではそうではないんだ。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20161012210752j:plain

 

対戦相手が彼らの敬意を失なったと思われるオリンピック・スタジアムにおけるすべての試合に勝ってきたPUMASは、日曜日にトルーカにおいてヴィジターとして必要な勝利を強く望むために完結する試合をすべきであると述べた。「今度こそ、決めたいね。ゴールチャンスは作ってきたけれど、足りなかったのは試合を決めることだからね。」と、説明した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161012204012j:plain 

 

火曜日に選手たちは他の攻撃的視点と同じように、主にフィニッシュをトレーニングした。「僕らはすぐに必要な得点が取れて、そのためのポイントに対する完全な自信を持っているよ。」

 

彼のキャリアで最も良い瞬間

 

f:id:ClaudioSuarez:20161012210446j:plain

 

アルフレード・タラベラ、ホセ・デ・ヘスス・コロナ、ギジェルモ・オチョアら今回召集されているメキシコ代表のGKらと同じレベルにいると感じるか?という質問が飛んだとき、彼はこうコメントした。「とても良い気分だよ。自分のプロとしてのキャリアで最も良い瞬間のステージにいて、日々のハードトレーニングが重要な自信を生むんだ。僕は、穏やかだよ。今は、ただ自分のやれることをし続けなければいけないね。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20161012210814j:plain

 

2016年前期ステージにおいてPUMASが上位にランクされるための基盤になりつつあるアレハンドロ・パラシオスは、メキシコ代表への新たな可能性を期待を語った。「1つは、代表チームへの復帰という希望を持っているんだ。現メキシコ代表監督・オソリオに、メンバーとして考慮されたということは幸運だったよ。そして自分は満足しているし、感謝しているね。誰だって、プレーをし続ける間はメキシコ代表でいたいという希望があるものさ。良いパフォーマンスをし続けることのみが、可能性を掴むことのできる方法なんだ」と、言った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161012210825j:plain

 

最後に彼は、対デポルティーボ・トルーカFC戦がリギージャ(プレーオフ)進出のために重要になるだろうと述べた。「僕らは第4位につけていて、リギージャ(プレーオフ)進出の可能性に近づいている。これは、あくまでも僕ら次第なんだ。今それを獲得するために、よりいっそう努力しないといけないね。」と、この火曜日大学都市第2グラウンドでトレーニング後にPUMASのキーパー:アレハンドロ・パラシオスは言った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161012210851j:plain

 

彼は、アウェイで勝ち点3を挙げることをこう評価した。「僕らはチームとして、アウェイで勝利を挙げなければならないということを意識しているんだ。なぜならば、それはリギージャ(プレーオフ)進出出来るか、出来ないかの差になり兼ねないからね。」と、説明した。「今シーズンはホームにおける6連勝という力強さを持っていて、そして今アウェイで最高の結果を収めなければならないね。対デポルティーボ・トルーカFC戦では、彼らのホームで勝利を目指すんだ。それは、重要な試合になるだろうね。結果は出ていないけれどアウェイで良いパフォーマンスをし続けているから、良い試合をして勝利を挙げることが出来ると思うよ。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161012210701j:plain

 

アルベルト“チーヴォ”コルドヴァ メキシコ州(首都であるトルーカがある州)立自治大学スタジアムにおいて、相手チームのメキシコ代表・守護神:アルフレード・タラベラとの対決について聞かれると、彼は相手に敬意を表した。「彼と挨拶のハグを試合前にすることは歓迎だよ。だけど個人的な対決は向こう側へ置いておいて、PUMASがより早くリギージャ(プレーオフ)進出するために勝利することだけを考えるんだ。」と、締め括った。

 

www.instagram.com

f:id:ClaudioSuarez:20161012210907j:plain