Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

マルセロ・アラトーレは、ティグレスに対してオリンピック・スタジアムを要塞にすべくサポーターを招く

f:id:ClaudioSuarez:20161022210051j:plain

 

・PUMASは、日曜日にホーム無敗を維持を挑む

 

f:id:ClaudioSuarez:20151215002640j:plain

 

「対ティグレス戦は過去のトーナメントでリギージャ(プレーオフ)決勝で敗れ、そのライバル関係から言っても待ちに待っていた試合だ。僕らを応援しに、みんなに来て欲しいな。サポーターが僕らと共にいて、オリンピック・スタジアムを大舞台にしたいね。」と、PUMASのDF:マルセロ・アラトーレは日曜日に行なわれる対ティグレス戦を展望した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161022210300j:plain

 

そして、大衆の後押しがオリンピック・スタジアムを要塞にするために、またチームがホームで無敗を維持するために非常に重要であると述べた。「PUMASは、オリンピック・スタジアムで相手にプレッシャーを掛けるんだ。ティグレスは、どんなチームとでも対戦するために来る訳ではないよ。彼らは良いサッカーをするホームチームを相手にして、プレッシャーを掛けられるんだ。」と、言った。

 

彼は、もっと大きなものを熱望するために認識している。対ティグレス戦は、そのための最初の偉大なステップであると。「PUMASは、リギージャ(プレーオフ)進出するために、またリーグ優勝をするためにハードトレーニングをしているんだ。対WコネクションFC戦は僕らに攻撃に対する自信を与えたし、日曜日にはチームのゴールがあるだろう。」と、予想した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161022211130j:plain

 

「PUMASは、狡猾でないとならない」と、アラトーレは警告する

 

PUMASのDF:マルセロ・アラトーレは、明日ティグレスのような守備が固くチェック・アンド・カバー(チャレンジ・アンド・カバー)がしっかりしているチームを制するためには狡猾でないと、またもし必要であれば反対に叩かないとならないと言った。そして彼はリカルド・フェレッティ率いるチームの選手たち、すなわち彼らの中に元チームメイトだったアルゼンチン人:イスマエル・ソーサが危険性を孕んでおり、ダメージを彼らに与えることを避けるために力強いマンマークをするだろうと述べた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161022211742j:plain

 

「彼ら一人一人の持ったクオリティと僕らに欠けていたアウェイでのゲーム運び、すなわち僕らが持っている『オリンピック・スタジアムにおける』少しばかりディテールは分かっているよ。すなわち、守備を固く。もし狡猾でなければならなければ、叩かなければいけなければ、噛みつかなければならなければ、それをしなければならないということだ。」と、真面目な顔で言った。

つい最近までPUMASのユニフォームを着ていた元チームメイトについて、PUMASのスタイルは各試合で見せなければいけないファイト。そして対ティグレス戦においても決して例外ではないので、彼に対してもそれをしなければならないとコメントした。

 

「だからPUMASは、他チームとは違うんだ。だから闘う集団であって、それを見せるんだ。僕らのホームで彼らのサッカーをするのを防いで、試合に勝とうとするんだ。僕らは良い試合をして来ているよ。僕らにはゴールが欠けていたんだ。そして、日曜日にはPUMASのゴールが見られるだろう。」と、予告した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161022211513j:plain

 

イスマエル・ソーサだけにではなく、ライバルの攻撃に対してしなければならないマークについて、どうやったら止められるか?分かっている。鍵はハードマークをして、彼ら危険な選手たちのプレーをさせないことだと答えた。

「彼(イスマエル・ソーサ)や彼らティグレスの持っているクオリティは分かっているよ。しかし、どうやったら止められるか?:相手に対する寄せをきつく、自分たちのプレーをさせない、彼(イスマエル・ソーサ)の上を行くことだ。彼らの持っているクオリティは分かっていて、僕らは力強く守らなければならない。そして、彼(イスマエル・ソーサ)をうまく止めるんだ。」と、自信満々に披露した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161022211905j:plain

 

チームのトレーニング終了後にオリンピック・スタジアムで行なわれた記者会見で、彼はPUMASはリギージャ(プレーオフ)進出するために勝ち点3が必要で、日曜日の対ティグレス戦は何があっても勝たなければならないと締め括った。

「僕ら自身とサポーターにとってリギージャ(プレーオフ)進出するために必要な瞬間が来たんだ。僕らは忍耐強くなければならない。良い戦略が立てられた、カウンターアタックを欲するチームであるべきだ。」