読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

アレハンドロ・パラシオス:人生は、時にリベンジの機会を与えられる。そして、これはその1つである。

f:id:ClaudioSuarez:20161123165528j:plain

 

「昨年末にリギージャ(プレーオフ)決勝で対UANLティグレス戦に敗れたことは、みんながまだ記憶に新しいところだよね。もちろん、人生においては時にリベンジの機会が与えられ、これはその1つなんだ。僕らは偉大な試合をしたいと思っていて、サポーターに喜びを与えるんだ。」と、今週の火曜日にPUMASのゴールキーパー:アレハンドロ・パラシオスは、翌日にオリンピック・スタジアムで行なわれる対UANLティグレス戦の展望を語った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161123165600j:plain

 

PUMASの選手たちはリギージャ(プレーオフ)とはレギュラーシーズンの試合とは全く別のものであることを分かっており、だからこそUANLティグレスと対戦することに怯えていない。「PUMASは偉大なチームだから、すべてのリギージャ(プレーオフ)において尊敬される対戦相手であるんだ。今シーズンはそれまでと違ったプレースタイルをトライしていて完成されていないのに加えてとても高いクオリティの陣容だから、良いリギージャ(プレーオフ)を迎えられると思うよ。」と、彼は説明した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161123165611j:plain

 

彼は複雑なシーズンを締め括った(最終節で勝たなければならない状況で、リギージャ進出を勝ち取った)ことは、チームに対して良い方向に向かっていると包括的に付け加えた。「あれは、ポジティブな環境を作り上げたよね。リギージャ(プレーオフ)を始めるにあたって、魂の注入として僕らは完璧なフィニッシュが出来たんだ。準々決勝の1st、2ndレグの2試合を対戦するのに、サッカー面においてもまた精神的にもチームは完璧な状態だと思うよ。」と、コメントした。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161123165621j:plain

 

PUMASは勝利を獲得する準備が出来ているにもかかわらず、結果を得るためにはサポーターの後押しは重要なものとなると分かっている。だからこそ、彼はサポーターにスタジアムへ来て応援してくれるように依頼した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161123165631j:plain

 

 

※ちなみにハヴィエル・コルテスは負傷をしていたものの、チームの練習に参加しており準備OKのようだ。