Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

アラン・メンドーサ:若手選手たちは、PUMASの名声を上げたがっている

f:id:ClaudioSuarez:20170106122517j:plain

 

「PUMASは神秘的に下部組織出身選手たちにチャンスを与えるように回復していて、これは首脳陣から出たアイデアであってそれを利用しなければならないね。僕ら若手選手たちは、PUMASの名声を上げたがっているよ。TOPチームにおいてポジションを獲れるために、僕らに自信を持たせるためにやる気にさせるんだ。」と、PUMASのサイドバックであるアラン・メンドーサはこの木曜日にオリンピック・スタジアムで行なわれたトレーニング後に語った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170106122654j:plain

 

第1節の対CDグアダラハラ戦は、それを示すための良い機会である。「僕らは勝ちに行くつもりで行くよ。監督とずっとトレーニングを積んできたのは、そのためなんだ。勝ち点3を獲りに行くために、僕らのサッカーをするんだ。」と、説明した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170106122707j:plain

 

1982年はPUMASがCDグアダラハラのホームで最後に勝利した(0-1)年である。2月7日にマヌエル・ネグレテがオーバーヘッドキックでゴールを決めた、34年も前のことである。3度の準決勝(1983-84シーズン、1998年度冬季シーズン、2011年後期ステージ)と1度の決勝(2004年後期ステージ)を含む、16敗22引き分けという内容が、その対戦成績である。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170106123622j:plain

 ※TOP5の第2位

 

「グアダラハラにおいて、今まで起きたことは知っているよ。だからこそ、僕らはやる気なんだよ。ニコラス・カスティージョやブライアン・ラベージョらのような選手たちとの契約は、監督が求めているサッカーをするためにプレシーズンにおいてベースとなってきているんだ。僕らはCDグアダラハラに対抗できる能力と資質を持っているけれど、それらはすべて彼らが僕らのことを気を付けるためでもあるんだ。プレッシャーがあるか?って??そんなものはないね。」と、記者会見でコメントした。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170106123703j:plain

 

PUMASの下部組織出身選手であるアラン・メンドーサは、前シーズンまで主将であり2017年後期ステージにCFモンテレイに移籍したルイス・フエンテスが守っていたポジションをカバーするであろうと強調した。彼はメキシコ2部リーグからPUMASに戻るチャンスを与えられ、プレシーズンにそれまでルイスがプレーをしていた左サイドバックを任せれていた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170106123721j:plain

 

「ルイスは彼の契約をして、僕は僕が出来ること…多分それは彼が提供しなかった、またはその逆も然りだろう。彼の代わりをするために帰ってきたのではなく、僕は自分のコンディションで仕事をして行くんだ。」と、語った。

 

プレーシーズンの間散々であったPUMASの結果に対する重要性について、それはチームのパフォーマンスと新しく契約した選手たちの適応をを見るためであったと語った。「プレシーズンマッチの結果についてそんなに興味はないんだ。僕らにとって興味があるのはチームの機能であったり戦略的に僕らがフィット出来るか?であって、あれらの試合結果は、少し誤解を招くだろうね。トーナメント開幕に当たって、コンディションを整えられたんだ。」と、メキシコ2部リーグで優勝したクルブ・ネカクサとドラドス・シナロアの両チームからPUMASへ戻ってきた男は語った。