読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

ヘスス・ガジャルド:下部組織は、監督の信頼に応え続けている

メキシコリーグ 2017年後期 関連記事

f:id:ClaudioSuarez:20170125150852j:plain

 

この火曜日PUMASは大学都市の第2グラウンドで再びトレーニングを開始し、対クラブ・レオン戦の決勝点を挙げたヘスス・ガジャルドは、PUMASの下部組織は、フランシスコ・パレンシア監督が寄せている信頼に応え続けていることを強調した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170125151320j:plain

 

「PUMASは偉大な下部組織を持っていて、それを示していることに対して神様に感謝するよ。ここにはとても素晴らしい内部競争があって、各選手たちはベストを尽くすために偉大なクオリティを持っているんだ。他の外国人選手がやって来ようが、メキシコ人選手や下部組織出身選手であれば十分対抗出来ると思うから、気にしないよ。」

 

 

「(第2節における退場処分による欠場明けの)ニコラス・カスティージョと(開幕から負傷で欠場していた)マティアス・ブリトスの戦列復帰によって、僕らはもっと力強いチームになるんだ。たくさんの外国人選手を連れて来ないようにするためにも、メキシコ人若手選手たちを応援しなければいけないと思うね。仮に彼らがいなくても代わりに出場出来る選手はたくさんいて、良好な結果を得るためにサッカーがしたいんだ。」と、語った。

 

 ※パブロ・バレラは前節の負傷のため、練習には不参加。

 

これはまさに現首脳陣の提案であって、その意図通りに結果を出している。「一番重要なことは、信頼を得るためにアウェイで対クラブ・レオン戦で勝利を収めたことなんだ。開幕して数節厳しい相手との試合が多かったけれど、勝ち点を挙げ続けているので僕らは平穏だよ。このように順位表の上位を維持し続けたいし、完璧なパフォーマンスによって得られる勝利を挙げ続けたいんだ。」と、彼は説明した。

 

好調な出足を切って、PUMAS下部組織選手は今度の日曜日にオリンピック・スタジアムで行なわれる対クルブ・ネカクサ戦で勝利を挙げることために、数々のディテールを修正しなければならないことを意識している。

 

「難しい試合になるだろうね。偉大なチームだけれど、今週末に良いサッカーが出来るように僕らは僕らのハードトレーニングに焦点を当てることを明確にしないといけないんだ。」と、コメントした。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170125151615j:plain

 

※PUMASは、明日アンダー20メキシコ代表とオリンピック・スタジアムにおいて練習試合を行う予定。