読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

アンダー20メキシコ代表がPUMASに敗れる

f:id:ClaudioSuarez:20170126133955j:plain

 

2、3月に行なわれる2017年FIFA アンダー20ワールドカップ・北中米カリブ海地域予選に対して準備を進めているアンダー20メキシコ代表が、オリンピック・スタジアムで行なわれた練習試合においてメキシコ1部リーグのPUMASに1-3で敗れた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170126134234j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170126134034j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170126134049j:plain

 

前半は両チームとも、レギュラー陣が中心となってプレーをした。序盤は両チームとも数少ない得点シーンしか生まれなかったが、22分アンダー20メキシコ代表の犯したミスによってチリ人選手:ニコラス・カスティージョが先制点を挙げた。先制された後にアンダー20メキシコ代表は同点を目指したが、28分にエドワルド・アギーレが放ったシュートは惜しくもアレハンドロ・パラシオスの守るゴールバーを直撃した。その2分後の30分、アラン・メンドーサが相手ペナルティ・エリア外で蹴ったFKがフェルナンド・ヘルナンデスが守るゴールに決まり、前半を0-2で折り返した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170126134106j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170126134113j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170126134124j:plain

 

後半は両チームともサブメンバーを出場させ、アンダー20メキシコ代表は全力で立ち向かい、3分ケヴィン・マガーニャが敵陣左サイドから力強いシュートでクロス気味に決めて1点を返した。その後両チームとも相手を脅かすプレーを試みたが、ピッチでは若干アンダー20メキシコ代表のほうが優勢に見えた。1-2で終えようとしていた終盤、37分アラン・アコスタが右サイドから放ったシュートが再び決まり1-3で試合を終えた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170126134145j:plain

 

試合後、ファン・フランシスコ・パレンシア監督は「とても我々にとって、役立った試合だった。両チームにとって偉大なフィードバックがあった。次節対戦予定のクルブ・ネカクサは偉大なチームだが、勝利を挙げ続けたいのであれば我々のプラン通りのサッカーをし続ければ答えは出るだろう。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20170126134158j:plain

 

そして、サポーターによる応援は基礎になるだろうと述べた。「満員のスタジアムが理想的だね。大半のサポーターと今首脳陣が行なったシーズンチケットの値下げ修正によって、みんなに応援に来て欲しいね。何故ならば、我々は彼らの応援を必要としているからだ。」

 

アラン・アコスタによる3点目得点シーン