読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

日曜日には、150cm以下の身長で大人と同伴の子供たちは無料で入場可能となる

メキシコリーグ 2017年後期 関連記事

f:id:ClaudioSuarez:20170203223739j:plain

 

PUMASは家族の経済状況を懸念して、今度の日曜日に行われる対CFパチューカ戦の試合で150cm以下の身長で大人と同伴の子供たちは無料で入場可能とした。パブロ・バレラはPUMASの良好なパフォーマンスの中心となっていて、この週末行なわれる対CFパチューカ戦が簡単な試合にならないと分かっている。

 

「とてもダイナミックなチームで力強く良く統率されていて、ここで勝ち点3を取りに来るからね。ただPUMASは、とても良いサッカーをしているよ。たくさんの子供たちで溢れかえったスタジアムを見るのは、最も素晴らしいことなんだ。僕らからは、スタジアム全体が満足するような試合をピッチから見せるよ。」と、木曜日に語った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170203223805j:plain

 

チームはこのトーナメントで勝ち点9を挙げクラブ・ティファナと首位を分け合っており、ホームで試合をすることはこのまま首位を維持するために絶好の機会となる。しかしながら彼はまだたくさんの試合が残っており、少しずつ行かなければならないと思っている。

 

「毎週末が、僕らにとって1つのパラメーターなんだ。僕らは穏やかにいなければならなくて謙虚にハードワークをし続け、自分たちの背丈以上に構えず、状況が悪くならないように危ない橋は渡らないようにしないといけないね。同じ方法でハードワークし続け、毎週末勝ち点3を取りに行かなければならないんだ。」と、述べた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170203223852j:plain

 

前節メキシコリーグのベストイレブンに選ばれたPUMAS下部組織出身選手は、サポーターによる応援がオリンピック・スタジアムという1つの砦になっていると思っていて、次節のためにもそれを維持したいと言った。

 

「CFパチューカは良い選手たちが揃っているから、僕らが有利だとは感じないよ。だけど僕らはホームチームであって、いつも言っている通り何が何でも勝たなければならないんだ。無敵でなければならないし、それがPUMASのホームにおける価値を上げるんだよ。ピッチに入ったら監督の指示通りにサッカーをしないといけなくて、それが今シーズン開幕に僕らが得ている結果なんだ。」と、強調した。