読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

ブライアン・ラベージョ:子供たちが入場無料で大好きな選手たちを見れるというアイデアは偉大だ

メキシコリーグ 2017年後期 関連記事

f:id:ClaudioSuarez:20170204192953j:plain

 

今週の日曜日に行なわれる対CFパチューカ戦の試合を150cm以下の身長の子供たちは無料で入場可能となるというPUMASのイニシアチブは偉大なアイデアと、クラブの選手:ブライアン・ラベージョは評価した。

 

チリ人MFは記者会見で日曜日の試合は、リーグの第2位を維持しているフランシスコ・パレンシア監督が就任してから掲げてきたものと同じ理念で戦うと述べた。

 

「同じ方法で、試合毎に提唱し続けなければいけないんだ。監督が僕らに教え込んだのは、常に攻撃するプレーとホームで強くあれということだ。」と、説明した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170204193250j:plain

 

リーグ首位に立つ可能性がある対CFパチューカ戦は、チームが慌てるものではない。逆にラベージョは落ち着きと謙虚さを維持することが、良い結果を得るために助けになると感じている

 

「着実に行かなければならない。チームはそれを明確に打ち出している。僕らがより高いパフォーマンスのためにハードワークし続けなければならないにも関わらず、多くの改善が見られるのは良いことだね。」と、強調した。

 

PUMASが4試合3勝で順位表第2位につけている2017年後期ステージは、チリ人補強選手:ブライアン・ラベージョが強調した状況であった。

 

 

「本当に満足だし、上位にいることは誇りだね。このために、僕らはハードワークを日々しているんだ。チームの機能となっていることに幸せで、こうしてみんな加わって引き続きやっていきたいんだ。」と、コメントした。

 

チーム全ての選手たちのレベルが上がるために公平さは基盤となるので、彼はチーム内競争を強調した。

 

「それは、100%だよ。誰1人も諦めていないし、全員がプレーをしたがっているよ。それはチームにとって良いことだし、監督も頭を悩ませるだろうね。」と、述べた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170204193156j:plain


パレンシア監督は、対CFパチューカ戦にマティアス・ブリトスは起用しないと明言

 

PUMASの監督:ファン・フランシスコ・パレンシアは、2017年後期ステージ第5節の対CFパチューカ戦にマティアス・ブリトスは起用せず、3節続けて1TOPはニコラス・カスティージョであると明言した。

 

「もうこうなることは、ずっと考えていた。今週マティアス・ブリトスはトレーニングに参加できず、ピッチの上で一緒にプレー出来るために待たなければならない。対クラブ・レオン戦でプレーをした日はプレーさせてみたが、足に強い痛みを発症して前節に再びプレーをするために治療出来なかったんだ。」と、言った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170204193115j:plain

 

この発言は下部組織出身選手たちにチャンスが巡ってくるということであり、出場出来ない選手の代わりを供給するためのクオリティを持った陣容であると知っている監督はこう言った。

 

「彼らは、チャンスが来るだろうと知っているよ。なぜならばそれがクラブの理念であり、PUMASが下部組織出身選手とメキシコ人選手のクオリティ、そして部外者であるかもしれないが凄いクオリティを持った、それをサポートする外国人選手たちで成り立っているチームであるということは私にとって重要なんだ。」と、述べた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170204193053j:plain

 

彼が結果を出した順位表第2位につけているということは、メキシコで最も重要なクラブの1つを率いるような課題に直面するために、常に準備が出来ていたと考えた。

 

「チャンスが巡ってきて、物事をうまくこなす希望を持って始めるときのために準備していたんだ。PUMASがどういうチームであるかを表すことを知っている選手たちばかりで、とても良いチームだよ。首脳陣は私を応援してくれているし、それら全てが結果を与えてくれているね。監督経験が短いということは、まったく関係ないよ。私は自身が現役を引退した後、チャンスが巡ってきた時のために5年間準備してきたんだ。」と、述べた。