読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

ホセカルロス・ヴァンランキン:チームはトーナメントをうまく締め括ることに、前向きな気持ちだ

f:id:ClaudioSuarez:20170428150619j:plain

 

「難しい状況にいることは、分かっているよ。勝たなければならない、アウエーとホームの2試合だね。チームは前向きな気持ちで、トーナメントをうまく締め括ることにうずうずしているんだ。」と、この木曜日にオリンピック・スタジアムにおいて行われたトレーニング後にホセカルロス・ヴァンランキンは語った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170428150714j:plain

 

彼は、モレリアと対戦する今度の土曜日に目的を達成するために改善しなければならないことをチームは分かっていることを明確にした。「僕らはそのためにハードトレーニングをしていて、これまでの悪かった瞬間はそのトレーニング不足だったんだ。チームはより結束しなければならないということが、唯一の方法なんだ。より守備的な秩序を持つべきだと話しているよ。」と、説明した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170428150721j:plain

 

アウェイでプレーをすること、(スタンドには)モレリアのサポーターがより多いことについて、どのような方法でもPUMASサポーターに包まれていると感じるので、モレリアで試合をうまく運ぶために不可欠だと述べた。「PUMASサポーターは、いつもどのスタジアムでもいるんだ。全てのサポーターは、どこであっても僕らに付いて来てくれるよ。」とチームが戦っているこの瞬間に彼ら全てへメッセージを送るのは難しいが、「言えることはただ一つだけ、両方の試合とも勝ちに行くよということだ。」と、締め括った。