Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

首脳陣、コーチスタッフと選手たちは、ダリオ・ヴェロンに対して感情的な別れを演出する

f:id:ClaudioSuarez:20170615202830j:plain

 

この水曜日、オリンピック・スタジアムにおいて、PUMASの首脳陣、コーチスタッフと選手たちは、14年間計28シーズンを過ごしPUMASを退団することになったダリオ・ヴェロンに対して感情的な別れを演出した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170615221515j:plain

 

「主将に別れを告げることは我々にとってとても重要なことであり、彼に言う通りまた再会をするんだ。別れを告げるために来てくれた、ダリオに感謝する。また首脳陣と彼との間で言及した、実際にはなかったある類の相違を払拭したいね。首脳陣や学長、チームメイトやコーチスタッフを代表して、ダリオ、本当にありがとう。唯一言わなければならないことは、君の努力と発揮し続けた才能に対して本当に感謝しているよ。」と、PUMASのオーナーであるロドリゴ・アレスは語った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170615221614j:plain

 

f:id:ClaudioSuarez:20170615221635j:plain

 

PUMASの一員として公式戦536試合に出場し、4回のリーグ優勝と1度の年間王者決定戦、そしてトロフェオ・サンティアゴ・ベルナベウを勝ち取ったダリオ・ヴェロンは、サブ・オーナーのセルヒオ・エヘアとTOPチームの監督であるフランシスコ・パレンシア、そしてチームに入団してから応援し続けてくれたサポーターに感謝した。

「自分にとって、とても難しい1日だ。時に自分のことであったり、クラブのことで本当ではないことを語られたと思う。自分は穏やかであって、PUMASにとても感謝しているんだ。この14年間において、特に若い選手たちにとても重要なことを残したつもりだ。ラテンアメリカで最も重要なクラブに所属したことに大変誇りに思っているし、自分にとって光栄だったよ。オーナー、監督、サブ・オーナー、そしてチームメイトのみんなありがとう。」と、彼は述べた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170615221658j:plain

 

このシーンは、首脳陣がダリオ・ヴェロンがPUMASのジャージを着用した最高の瞬間とともにビデオを撮影して準備してあった。この終わりに、全チームメイトが最後の11トーナメントで10シーズン主将を務めた彼の顔が描かれた白いTシャツを着用して壇上へ上がり、彼の3人の息子と奥さんのためサインされたジャージをオーナーより手渡された。そして最後にこのホールにいた全員で、クラブの歴史上最も偉大な象徴に対してゴージャ(チャント)を歌った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170615221537j:plain

 

「PUMASが、いつもリーグ優勝争いを続けているように願っているよ。だって、偉大なクラブだからね。本当に、ありがとう。」と、彼は締め括った。