Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2017年前期 第3節 América - UNAM プレビュー

f:id:ClaudioSuarez:20170804125851j:plain

 

ヘラルド・アルコバ:オリンピック・スタジアムより、アステカスタジアムでの首都ダービーを楽しむ

 

f:id:ClaudioSuarez:20170804125922j:plain

 

土曜日の夜に行われる対クラブ・アメリカ戦にあたって、ヘラルド・アルコバはサポーターはいつも共にいるのに加えてアステカ・スタジアムという素晴らしい環境・アウェイグラウンドではあるものの勝利の可能性が残されているので、何の不利も感じないと述べた。

「アステカ・スタジアムでの対クラブ・アメリカ戦はとても特別であって、最も好きな試合の1つなんだ。サポーターはいつも応援してくれる。だからオリンピック・スタジアムよりもアステカ・スタジアムでの首都ダービーが好きで、とても美しい対戦だよ。当たり前だけどこれはただの1試合であって、家族連れがスタジアムに戻ってきてねといういつもメッセージいつも通り送るよ。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20170804125947j:plain

 

彼は対クラブ・アメリカ戦におけるライバル関係や両チームの歴史の全てが存在するので、その感動を隠し切れない。

「とても好きな試合であって、アステカ・スタジアムでアウェイチームとしてプレーをするのが好きなんだ。そして、勝てれば素晴らしいものになるね。」と、付け加えた。

 

PUMASにとってアウェイゲームで勝つことは大変難しいものになっていて、今はアステカ・スタジアムで勝ち点を上げる義務は存在せず、対する重要なライバルに良い印象を残すことだと述べた。

「この試合が意味するものとアウェイゲームに勝つという意味では、常にこの試合に勝つ必要性はあるよ。こういうレベルの試合に負けるときはとても辛いし、1週間中にその話題で語られる。それは、そんなに容易いものではないんだ。」と、言った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170804130011j:plain

 

ヘラルド・アルコバは、PUMASについてガストン・シルヴァと話した

 

PUMASに入団予定であった補強選手:ガストン・シルヴァは、ヘラルド・アルコバにとって母国が同じであるので、彼もまた行方を追っていた。そして今日、少なくとも会話を出来た内容を振り返った。彼に対して常にクラブのポジティブなことを語ったが、その後は再び会話をすることが無かった。

「チームに合流することが出来る同胞として、会話をしたんだ。ポジティブなことしか話さなかったんだ。少なくとも、仕事場としてクラブにおいてネガティブなことは何もないってね。判断はとても個人的なものだったので、それについて語るのは非常に失礼になるだろう。彼にはクラブについて話したけど、そしてその後2度と話すことなかった。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20170804173634j:plain

 

彼はシルヴァのPUMASからのオファーを棄却する理由は知らないが、クラブの内部的に解決すべき問題であるのでどんな論争も放置するよう求めた。

「何が起きたか?については話さないよ。僕にとって話すことは好ましいけど、何が起きたか?知らないんだ。だから彼と、またクラブと話すことだけが残っている。そうすれば、何が起きたか?知ることや話すことが出来るね。でも、この話題はもう止めにしよう。何かが起きて、それだけが独り歩きしているからね。」と、述べた。