Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2018年後期 第17節 UNAM 1-1 Querétaro

f:id:ClaudioSuarez:20180430152716j:plain

 

PUMASはリギージャ(プレーオフ)進出するために、ホームで苦戦を強いられる

 

f:id:ClaudioSuarez:20180430152837j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180430152902j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180430152930j:plain

 

PUMASは、勝ち点を挙げるという義務とリギージャ(プレーオフ)進出することを確実としました。それもケレタロFCに対して、1-1のドローというドラマチックな形でありましたがそれは十分な結果であり、準々決勝では対戦相手であるクラブ・アメリカが待っています。

PUMASはリギージャ(プレーオフ)進出するために最低限の努力をプレーし、ほとんどその力強さを失ってしまいました。前半15分、マティアス・アルスティサの先制点のおかげで、あとは敗戦という最悪のシナリオだけは免れることのみを気を付けるだけでした。しかしながらドローを避けることは出来ず、キーパー:アルフレッド・サルディヴァルによるペナルティキックのセーブによって、危うく最悪の悲劇とならないで済みました。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180430153005j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180430153039j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180430153050j:plain

 

少なくともPUMASサポーターが予想すらしなかった苦戦を強いられた1戦となり、自らの判断で限界ギリギリまで発揮する責任を負わされました。序盤は早い時間帯におけるマティアス・アルスティサが放ったシュートを相手キーパーが弾いたものの先制点となり、残りは本当にドラマチックな展開となりました。

幾つかのチャンスを作ったものの、実際には得点には至りませんでした。両サイドのパブロ・バレラとヘスス・ガジャルドが幾つかのチャンスを演出しましたが、センタリングは効果的ではなく、ニコラス・カスティージョとマティアス・アルスティサはエリア内で無意味に争っていました。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180430153108j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180430153119j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180430153135j:plain

 

その後、ケレタロFCはやっと目を覚ましました。後半から出場したエルビン・トレホが、ドローを目指したのです。PUMASは前半の先制点で、かなり満悦していました。 エドソン・プッチはペナルティキックを獲得したものの、キーパー:アルフレッド・サルディヴァルが反応し事なきを得ました。この瞬間、スタジアムはまるで得点を挙げたかのような騒ぎようで、至る所でキーパーに対する賞賛で溢れかえっていました。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180430153153j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180430153205j:plain

 

その数分後エルビン・トレホはセンタリングを試みましたが、結果的にそれはシュートとなってボールはゴールネットへ転がりました。その瞬間、スタジアムは静寂に包まれました。その展望は応援するどころではなく、最悪の展開を恐れて騒ぎ始めたのです。

状況をコントロールし打開する代わりに、PUMASは同じ姿勢でプレーをし続けました。反撃することが出来なかったのです。危険なセンタリングやポスト直撃弾など、ケレタロは試合終了直前まで逆転間近に迫りましたが、PUMASは何とかその危機を免れたのでした。リギージャ(プレーオフ)は来週水曜日と目の前にあって、その対戦相手はクラブ・アメリカです。