Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2018年前期ステージ 選手紹介(MF編)

f:id:ClaudioSuarez:20180712031536j:plain

 

6.ケヴィン・エスカミージャ(ボランチ)

身長:180cm 体重:72kg

1994年2月21日生まれ(24歳)

デビュー:2012年7月25日

タイトル:なし

下部組織出身。2011年に17歳以下メキシコW杯や23歳以下トゥーロン国際大会に出場、2015年にはトロントで行なわれたパンアメリカン競技大会で銀メダルを獲得している。3シーズン前からスタメンで起用される試合も増え、ファン・フランシスコ・パレンシア監督が賭ける期待も高かった。この世代ではTOPの実力者であると個人的にも思うし飛躍して欲しい選手であったが、期待通りの活躍が出来ないままベンチを暖めている。今シーズン辺りが、真の正念場になるであろう。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180712031557j:plain


7.ダヴィッド・カブレラ(インサイドハーフ)

身長:179cm 体重:76kg

1989年9月7日生まれ(27歳)

デビュー:2008年8月24日

2008~2016年PUMAS、2016~2017年モナルカス・モレリア(レンタル移籍・14試合出場1得点)

タイトル:2009年後期・2011年後期

下部組織出身。左サイドからのコーナーキッカーで、ミドルシュートも得意。2013年シーズンに1年間を棒に振る大怪我をしてしまい、翌年半ばから漸くチームへ復帰。2シーズン前のメキシコ杯対タパチュラ戦で肋骨を骨折し休養を余儀なくされたが、シーズン後半には無事復帰。一昨シーズンはレンタル移籍でモナルカス・モレリアでプレーをし、昨シーズンに再び復帰し、そのキャリアの集大成をそろそろ見せてほしいところ。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180712031612j:plain


8.パブロ・バレーラ(右サイドハーフ)

身長:178cm 体重:73.7kg

1987年6月21日生まれ(30歳)

デビュー:2005年

タイトル:2009年後期ステージ(PUMAS)2013年後期メキシコ杯(クルス・アスル)2013-14年CONCACAFチャンピオンズリーグ(クルス・アスル)

ニックネーム:ダイナマイト

下部組織出身で、2005年にTOPチームデビュー。足の速さを活かした突破や質の高いクロスが持ち味で、2008年7月に左ひざを負傷して半年間を棒に振ったものの、2009年1月初めに復帰し、クルブ・ネカクサ戦では早くもゴールを決め、決勝のCFパチューカ戦では後半ロスタイムに決勝ゴールを決め、後期ステージ優勝の立役者の一人となった。2010年7月にプレミアリーグのウェストハム・ユナイテッドFCに移籍した後、メキシコへ帰国。クルス・アスル(49試合で4ゴール)、CFモンテレイへ移籍(38試合で4ゴール)した後にスタメンでのプレー機会を求めて再びPUMASへ。一昨シーズンに再び足の手術を行い一シーズン棒に振り、昨シーズンから復帰。往年のレベルにはまだまだ程遠いものの、時折見せるプレーにはやはり流石と思わせるし、要所での得点も多い。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180713054952j:plain


10.ビクトル・イグナシオ・マルコーラ(左サイドハーフ)

身長170cm・体重70kg

1987年7月24日生まれ(30歳)

デビュー:2008年

タイトル:CAウニオン(アルゼンチン2部リーグ)

国籍:アルゼンチン

アルゼンチン2部リーグでデビューした後、2015~2016年にCAウニオンで1部リーグ昇格。その後メキシコリーグ入りし、クラブ・ティファナで背番号10番を背負い2シーズンで88試合9ゴール6アシストをマーク。しかしながら、シーズン終盤の14~17節及びリギージャ(プレーオフ)には怪我のため、試合のラスト数分のみの途中出場で、オフはパラグアイ1部リーグのセロ・ポルテーニョにてリハビリした後にチーム合流する予定。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180712031644j:plain


14.ブライアン・フィゲロア・フローレス(右サイドハーフ)

身長176cm・体重72kg

1999年5月28日生まれ(19歳)

デビュー:2017年7月23日

リーグ準優勝をしたユースのアンダー17チームで9得点を挙げ、飛び級でTOPチームに昇格・登録されたセンターフォワード。計80試合の様々なカテゴリーで30得点以上を挙げた彼に目を付けた首脳陣は、以前にチームの旧エースだったニコラス・カスティージョに行ったような個別授業を受けさせたあと、正式にとTOPチームへ編入した。昨シーズンからのプレーであったが、さすがにいきなり通用とはいかなかった。しかし、今後のチーム攻撃陣を背負って立つ可能性もあり、今シーズンの飛躍に改めて期待したいところ。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180712031735j:plain

 

16.アンドレス・イニエストラ(インサイドハーフ)

身長:175cm 体重:80kg

1996年3月11日生まれ(22歳)

デビュー:2015年8月5日

タイトル:なし

2017~2018年ヴェナードスFC(ユカタン州メリダ市・2部リーグ)、2018年~PUMAS

メキシコ2部リーグにて、昨年デビュー。33試合で2得点を挙げている。ローン契約でヴェナードスFCでプレーをしていたが、今シーズンからPUMASで選手登録されている。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180712031753j:plain


17.マルティン・ロドリゲス(右サイドハーフ)

身長:172cm 体重:78kg

1994年8月5日生まれ(23歳)

デビュー:2015年8月5日

タイトル:2012年チリ1部リーグ(CDウアチパト)、2015年チリ1部リーグ&チリ杯(CSDコロコロ)

国籍:チリ

2011~2015年CDウアチパト(61試合5得点)、2015~2016年CSDコロコロ(57試合13得点)、2017~2018年クルス・アスル(51試合6得点)、2018年~PUMAS

故郷のサッカースクールに入った10歳の時にサッカーのキャリアを始め、CDウアチパトのオーナーによって発掘されクラブ入り。16歳でプロデビューを飾り、クラブにとって39年ぶりの優勝に貢献。その後、名門CSDコロコロへ移籍。ここでもリーグ優勝とカップ戦優勝をし、2016年前期ステージでクルス・アスルへ。アンダー20の2013年アルゼンチン南米選手権よりチリ代表として招集されるも、同年トルコW杯では軽度の靭帯損傷で欠場。2014年9月には対ハイチ戦の親善試合にて、A代表デビュー。2017年ロシア・コンフェデレーションズカップでは、3試合で1得点。その後2018年ロシアW杯南米予選で、1試合のみ出場している。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180712031808j:plain

 

22.アラン・アコスタ(右サイドハーフ)

身長:173cm 体重:74kg

1996年12月19日生まれ(21歳)

デビュー:2015年8月5日

タイトル:なし

下部組織出身。メキシコ杯2015年前期 第2節 Alebrijes 1-1 UNAM戦でプロデビュー、メキシコリーグ2015年前期 第4節 UNAM 5-0 Atlas戦で1部リーグデビューをそれぞれ飾る。後者ではフィデル・マルティネスのダメ押し弾を右サイドからアシストした。20試合出場して1得点(2017年前期ステージ第10節の対クルブ・レオン戦フル出場)。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180712031828j:plain

 

23.マルセロ・アルフォンソ・ディアス・ロハス(ボランチ)主将⇒今季よりアルゼンチン1部リーグ・ラシン・クラブ・デ・アベジャネーダへ移籍

身長:166cm 体重:64kg

1986年12月30日生まれ(31歳)

デビュー:2005年1月22日

タイトル:2009年前期ステージ、2011年前・後期ステージ、2012年前期ステージ、2011年コパ・スダメリカーナ(CFウニベルシダ・デ・チレ)、2012-13&2013-14スイススーパーリーグ、2013年ウーレンカップ(FCバーゼル)

国籍:チリ

2009~2012年CFウニベルシダ・デ・チレ、2012~2014年FCバーゼル(スイス)、2015~2016年ハンブルガーSV、2016~2017年セルタ・デ・ビゴ、2017年~PUMAS

ウニベルシダ・チリ下部組織出身のMF。ボランチを中心に攻撃的MF、サイドバックもこなした経験がある。中盤の位置から正確なキックで前線へのパスやサイドチェンジをしながら、ゲームを作っていくミッドフィルダーである。ウニベルシダ・チリ時代にはフリーキックからペナルティーキックなどほとんどすべてを担当していた。

2005年にチリアンダー20代表経験を持ち、2011年11月にA代表初招集を果たすと2014ワールドカップ予選ではチームの主力となり、2015・16年のコパ・アメリカ連覇にも貢献した(2015年はベストイレブンにも選出)。翌年のロシア・コンフェデレーションズカップでは全試合に出場し決勝進出に貢献したものの、決勝のドイツ戦では前半20分に自陣ゴール前でボールを奪われ失点。結果的にそれが決勝点となり、準優勝となった。

14/15シーズン途中にハンブルガーへ移籍。チームは降格圏に沈み、プレーオフへ回ることとなったが、ディアスはその第2戦の終了間際に劇的な同点弾を決めた。2017年より、PUMASへ。今ではキャプテンマークを巻いて、チームの中心として君臨している。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180714041400j:plain

 

26.ブライアン・マウリシオ・ロサノ(左サイドバック)

身長:167cm 体重:56.7kg

1997年3月2日生まれ(24歳)

デビュー︰2015年6月28日(メキシコ杯)

※メキシコA代表のエース︰イルビング・ロサノ(チュキ)の兄