Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコ1部リーグのルール『20/11』とは

f:id:ClaudioSuarez:20180728051200j:plain

 

昨日行われたアレハンドロ・アリバスに対する記者会見で、PUMASの下部組織出身選手たちは『20/11ルール』を満たすためにアドバンテージがあるという話題がありました。これに関する記事を下記ブックマークより、全文引用したものを下記に記します。

 


メキシコ1部リーグのルール20/11って何??各チームが、2018前期ステージで何分プレーをさせなければならない?

 

メキシコ1部リーグの全チームが基準を達成する義務があり、そうでない場合は罰が課せられる

 

今では別名になりましたが、本質的には以前と同じです。 21/11(その年齢の選手がいるため)は、数年前に登場したMXリーグの競技ルール内の法律で、2018年前期ステージトーナメントで、再登場したばかりです。

 

UANLティグレスのリカルド・フェレッティのような監督にとっては、頭痛の種です。 他の監督にとっては、手続きや義務、そして最後にはユース世代の選手たちや彼らのチームにとっての機会や代替手段として見なされます。

 

いわゆる20/11は2005年前期ステージに先立って生まれ、その実施は2011年まで続きました。それはユースやアンダー世代の選手たちがA代表となるまで、各世代毎の代表で中長期的に力を発揮するために、作られました。21歳の選手たちが、そのトーナメントやカップ戦などで総時間が1000分(約11.12試合)優先的にプレーを出来るようにと設計されました。

 

今基準は少し下がって、765分(8.5試合)となりました。1997年生まれ(現在21歳)の選手たちは、およそ半分。そして1998年生まれ(現在22歳)の選手たちは、ほぼ100%その条件を満たしています。

 

アンドレス・グアルダード、エクトル・モレノ、ギジェルモ・オチョアやチチャリート・エルナンデスら1984~89生まれ世代に属している選手たちは、その産物です。同じ時期に、2005年と2011年のアンダー17ワールドカップで優勝しました。

 

1部リーグの大半のチームは外国人選手たちを契約するためのキャパシティが限らていたと考慮されたため、その撤廃を支持しました。その直後、リーグは帰化された外国人によって溢れ返りました。"メキシコにおける未成熟"とそれに続く10/8(その後、9/9)です。よってリーグは、そのルールの復帰を命じました。

 

各チームが、何分プレーをさせなければならない?

 

チーム名

対象の選手人数

選手名

時間(分)

クラブ・アメリカ

2

エドソン・アルバレス (7), アントニオ・ロペス (7)

14

CFアトラス

4

ホセサンティアゴ・エルナンデス (90), クリスチャン・カルデロン (90), イスマエル・ゴベア(90) , ウリセス・カルドナ (36)

270

クルス・アスル

2

ロベルト・アルヴァラド (75),ミサエル・ドミンゲス (15)

90

CDチバス

1

ヘスス・ゴディネス (34)

34

クラブ・レオン

2

ホルヘ・ディアス (21) ,ヘクトル・マスコロ (31)

52

CFロボス・デ・ラ・BUAP

1

アルド・クルス (90)

90

CAモナルカス・モレリア

2

ロベルト・メラス (32)

32

CFモンテレイ

2

ジョナタン・ゴンザレス (57) ,エリック・カントゥ (5)

62

クルブ・ネカクサ

0

 

0

CFパチューカ

4

ミゲル・タピアス (90), エリック・アギーレ (65), パブロ・ロペス (45) ,フランシスコ・フィゲロア (25)

225

CFプエブラ

1

ヴァルディミール・ロローニャ (90)

90

PUMAS

1

アラン・モソ (90)

90

ケレタロFC

1

マルセル・アレハンドロ・ルイス (36)

36

クルブ・サントス・ラグーナ

1

ヘスス・アルベルト・アングロ (90)

90

ティグレスUANL

0

 

0

デポルティボ・トルーカFC

1

アレクシス・ヴェガ (90)

90

CDティブロネス・ロホス・デ・ベラクルス

1

ロナルド・プリエト (21)

21

クラブ・ティファーナ

1

ヘスス・リカルド・アングロ (56)

56


それを遵守しなければ、何が起こるか?

 

メキシコサッカー連盟は以前、違反したチームに対して順位表より勝ち点3を剥奪してペナルティを科しました。 これは2005年にチアパスFC、ケレタロFC、CAサンルイスに対して2006年に起こりました。実際、その理由のために2007年にはケレタロFCが2部リーグへ降格しました。

 

* メキシコ杯の場合、1998年以前生まれの選手たちは予選リーグと決勝リーグの両方で180分の参加を保証しなければなりません。2019年後期ステージのリーグでは、1部リーグでは1998年生まれの選手たち(100%)と1997年生まれの選手たち(50%)が1000分の対象となる。 そのため同い年生まれのために、メキシコ杯では、彼らは1999年以前生まれと見なされければならず、さらに180分を蓄積される事になるでしょう。