Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2018年前期 第2節 UNAM 5-3 Necaxa

f:id:ClaudioSuarez:20180731042329j:plain

 

PUMASが先制されるも、ホームでクルブ・ネカクサに勝利

 

f:id:ClaudioSuarez:20180731042418j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180731042449j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180731042526j:plain

 

オリンピック・スタジアムで滅多にないゴールショーで、PUMASがクルブ・ネカクサを倒した

 

f:id:ClaudioSuarez:20180804024500j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180731042549j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180731042617j:plain

 

PUMASの実力は、すでに現実のものであります。チームはオリンピック・スタジアムのピッチで素晴らしい形で、抵抗したものの最後は敗れたクルブ・ネカクサを倒しました。トーナメントが開幕したばかりではあるものの、PUMASは得点力そして優越的な力で相手を服従をさせ、サポーターを励起させるパフォーマンスに支えられています。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180731044524j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180731044535j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180731044152j:plain

 

2018年のホームゲームはPUMASにとって最高の成績ではありませんでしたが、チームはキックオフ直後から試合を支配し始めました。しかしながら前半13分のヴィクトル・ダヴィラによる早い時間帯の得点によって試合の支配権はクルブ・ネカクサに渡り、ホームチームは攻撃の嵐を耐えなければならない状況となりました。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180731044107j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180731044131j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180801074406j:plain

 

それにもかかわらず24分左サイドバックのアラン・メンドーサが攻撃に参加し、強烈なボレーシュートで試合を振り出しに戻しました。試合は、最高の瞬間に達しました。パブロ・バレーラとアラン・モソが再三に渡って両サイドから攻撃を仕掛け、クルブ・ネカクサにとって頭痛の種となりました。実際にクルブ・ネカクサの攻撃は、止みました。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180731044257j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180731044308j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180801073159j:plain

 

後半に入って、両チームともに最大限にオファーすべきであると理解しました。こうして後半8分以前にセリエAのフィオレンティーナやACミランに所属していた、マティアス・フェルナンデスによるペナルティエリアやや右外からのフリーキックで逆転すると、すかさずその直後に相手ディフェンダーのミスを突いて、彼にとっては古巣との対戦となりましたが、カルロス・ゴンザレスが同点としました。そして22分には、ディフェンダーからのフィードを中央で折り返されたボールをマルティン・ロドリゲスが、左サイドから走り込みながらゴール右隅に押し込み逆転。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180801235435j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180731044402j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180731044411j:plain

 

PUMASがゲームを圧倒し、サポーターはそれを感動しながら堪能しました。31分にはピッチ中央から右サイドに展開されたボールをアラン・モソが、相手ディフェンダー2人を抜き去り、最後にキーパーをも制して4点目・・・すでに試合の行方は決定的となっていたものの、大量得点にさらなる得点が生まれそうな予感がありました。ペナルティエリアの外やや左寄りからカルロス・ゴンザレスが左サイドで再びボールを受け、一度シュートフェイントで相手ディフェンダーの体制を崩してから、右足でダメ押し弾。PUMASはトーナメント2勝目を、より力強い試合運びで挙げたのでした。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180731044558j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180731044607j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180731044618j:plain

 

5-3というスコアはダヴィッド・パティーニョ監督に地に足を着けて、リードを維持する心配なしに穏やかさを与えましたが、来たるべきリギージャ(プレーオフ)進出への道はまだ始まったばかりです。対するクルブ・ネカクサは犯したミスの数々を反省すしなければなりませんが、オリンピック・スタジアムにおいて要注意であるチームという印象を残しました。PUMASは攻撃において多くのオプションを持ち、今最大の称賛を受けたのでした。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180731044349j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180731043626j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180801074246j:plain