Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

影響が大きい欠場者を抱え、PUMASはモンテレイへ旅立った

f:id:ClaudioSuarez:20180818021755j:plain

 

2018年前期ステージ第5節における対CFモンテレイ戦のため、PUMASはアレハンドロ・アリバス不在で旅立った

 

 

前節ホームでCFパチューカとドローであったPUMASは、元気さと良い自信を持って行くと語ったボランチ︰パブロ・バレーラにとって、この試合は良いパラメーターになるだろうということである。

「チームは、大丈夫だよ。複雑だった対CFパチューカ戦、そして今モンテレイにおいて勝ち点3を挙げようと思っているんだ。難しい試合になると同時に我々にとってどういう状態であるか?良いパラメーターになるだろうね。向こうで良い結果を得られると思うよ。」

 

 

一方でアルフレッド・サルディヴァルは、PUMASが首位に立っている価値が無いという人間がいるのは気にせず、彼らはサポーターを喜ばせるためにサッカーをしていると語った。

「自分にとってクラブを大切に感じ信頼している限り、(そういう噂は)気にしないよ。人は自分が望むものを自由に考えることができるんだ。僕らはチームのために、サッカーをするだけさ。それ以外のためではないんだ。その考え方で、勝って順位表の上位を維持し続けるだけさ。

 

 

なおアレハンドロ・アリバスは、鼠径部の痛みを訴え遠征しなかった。ルイス・キンターナはセンターバックとしてプレーする準備が出来ており、半年間膝の問題を抱えていたファン・マヌエル・イトゥルベはTOPチームデビューが可能な見込み。