Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2018年前期 第6節 裏話

 

f:id:ClaudioSuarez:20180822023052j:plain

 

PUMASは、自信を取り戻す

PUMASは今季トーナメントにおける自信を取り戻すために、ホームゲームでケレタロFCを制さなければならない

 

f:id:ClaudioSuarez:20180822023144j:plain

 

モンテレイにおいて無敗を止められたPUMASは、今夜の対ケレタロFC戦で再び連勝街道に戻ることを狙うが、数名のスタメンの負傷が高価に付くだろう。2018年前期ステージ第6節でケレタロFCを迎え撃つために、両センターバック(ルイス・キンターナとアレハンドロ・アリバス)を負傷のため欠く。そして攻撃陣では、ダヴィッド・パティーニョ監督は最も有力な補強選手の1人︰カルロス・ゴンザレスがハムストリングスの影響で起用出来ない恐れがある。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180822023200j:plain

 

この影響で、PUMAS攻撃陣はフェリペ・モラとマティアス・アルスティサの2TOPとパブロ・バレーラとマルティン・ロドリゲスの両サイドハーフという布陣になる見込み。片方、このダブルヘッダー週の初戦で彼らにとって吉報もある。ここまで3勝1敗1分けで勝ち点10のPUMASに、負傷中でありながら補強選手として移籍したファン・イトゥルベが起用可能なのだ。しかしケレタロFCという相手は、PUMASにとって難しさを増すこともあり得る。昨シーズンの同じカードで、1-1のドローであったからだ。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180822023214j:plain

 

オリンピック・スタジアムにおけるアウェイゲームで、1勝2敗2分けのケレタロFC・ゴールキーパー︰ティアゴ・ヴォルピは、「ダブルヘッダー週をプレーするのに、僕らは良い感じだね。PUMASが強いのは承知の上だが、今度は僕らがアウェイで勝つ番だね。」と語った。PUMAS対ケレタロFCは過去に34回対戦して、PUMASの18勝11敗5分けというデータになっている。

 

ヴィクトル・マルコラ︰「ハードワークをしないといけない。良いサッカーをしてきたんだ。5試合戦って、ほんの少しの差で初めて負けたんだ。僕らの犯したミスは、多かったね。あれが無かったら、もっと際どい試合になっていただろう。」

 

パブロ・バレーラ︰「(ルイス・キンターナとカルロス・ゴンザレスの負傷による交代が)苦戦に追い込まれた試合だった。前半で2人の負傷者とその交代出場するとは予想していなかったし、結局それは僕らにはあまり役に立たなかったんだ。彼らが早く戦列復帰して、僕らとプレーすることを待っているよ。」

 

ルイス・キンターナ︰「もっと落ち着いて、怪我と向き合うよ。おそらく少し気が早ってしまったんだろう。ドクターの忠告をよく聞いて、対クラブ・アメリカ戦のピッチに立てるようにするつもりだ。(怪我は)後部太腿の肉離れだった。」

 

カルロス・ゴンザレス︰「(首都ダービーで復帰することについて)それが目標なんだ。何も深刻な怪我ではないことを願うよ。今回の怪我に関する検査を受けるつもりだ。誰だって、こういう試合には出場したいからね。チームドクターが何とコメントをするか?聞いてみるよ。まだ何も失っていないから、まずは体を休めないといけないね。」