Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

祝クラブ創立64周年

f:id:ClaudioSuarez:20180914031850j:plain

 

歴史的な名選手たちやそのサポーター、獲得したタイトルのおかげで、メキシコのサッカー1部リーグで最も大きなチームの1つであることを特徴としているクラブ・ウニベルシダ・ナシオナル

 

f:id:ClaudioSuarez:20180914032131j:plain

 

サポーターや歴史的な名選手たち、そして彼らが獲得したタイトルのおかげで、メキシコのサッカー1部リーグで最も大きなチームの1つであることを特徴としているPUMASは、クラブ創立64周年の歴史を祝っています。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180914053921j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180914032152j:plain

 

歴史的な名選手たち

多くの選手たちが濃紺と金色のユニフォームに袖を通しましたが、タイトルを獲得した何人かを挙げれば、ウーゴ・サンチェス(画像下)、 エヴァニヴァルド・カストロ・カビーニョ(画像上)、リカルド・トゥッカ・フェレッティ(現メキシコA代表臨時監督)、エンリケ・ボルハ、マヌエル・ネグレテ、ホルヘ・カンポス、クラウディオ・スアレスやルイス・ガルシアなど、ほんの少しだけです。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180914042959j:plain

 

選手たちの輩出

クラブ・ウニベルシダ・ナシオナルの下部組織は、メキシコサッカーにおいて主要な下部組織の1つです。アトレティコ・デ・マドリードへ移籍し、後にレアル・マドリードで多くのタイトルを獲得し、クラブの伝説となったウーゴ・サンチェス。それからヨーロッパの各クラブのスカウトから、一躍注目を集めるようになりました。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180914032310j:plain

 

RCDエスパニョール、PSVアイントホーフェン、ASローマ、そして現在はレアル・ソシエダとキャリアの大部分をヨーロッパで積み重ねているエクトル・モレノや、ルイス・フローレス、マヌエル・ネグレテのように、PUMASの下部組織からヨーロッパ大陸へ渡っていったケースもあります。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180914032418j:plain

 

タイトル

PUMASはメキシコのサッカー1部リーグの歴史の中で、最も多くのタイトルを獲得しているチームの1つであります。クラブ・アメリカ、CDグアダラハラ、デポルティーボ・トルーカ、そしてクルス・アスルに続く7度のリーグ優勝で、一番最後に優勝をしたのはギジェルモ・ヴァスケス監督とともに、対モナルカス・モレリアを倒した2011年後期ステージであります。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180914032436j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20180914072140j:plain

 

さらに、メキシコ杯と2度のメキシコスーパーカップ。国際大会では、3度のCONCACAFチャンピオンズカップとコパ・インテルアメリカーナ(コパ・リベルタドーレス優勝クラブとCONCACAFチャンピオンズカップ優勝クラブが、アメリカ大陸最強を争う大会)、さらに2004年のサンティアゴ・ベルナベウ杯=レアル・マドリードが主催するプレシーズンの親善大会が1度それぞれ優勝をしています。