Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

PUMASのレアンドロ・アウグスト副代表、今季で退陣予定

f:id:ClaudioSuarez:20191116024107j:plain

 

クラブに何の汚点も残さずに、君は去って行くんだ:アイルトン・ダ・シルバは、レアンドロ・アウグストのPUMAS退陣を仄めかす

 

f:id:ClaudioSuarez:20191116024344j:plain


元会長:ロドリゴ・アレス・デ・プラガが退陣したように、レアンドロ・アウグスト副代表も2019年前期ステージ終了次第、PUMASを退陣する予定

 

f:id:ClaudioSuarez:20191116030005j:plain


選手時代に同じ時期をチームメイトとして過ごし、現在は友人であるアイルトン・ダ・シルバは、直近にPUMAS首脳陣であったレアンドロ・アウグストのPUMAS退団を仄めかした。

 

f:id:ClaudioSuarez:20191116024618j:plain

 

彼はインスタグラムを通して、ここ最近はユースアカデミーにおいてよく親交を深めていたアイルトンは、レアンドロにこれまで一緒に同じクラブで過ごした感謝の意を示した。と同時に、クラブの首脳陣に対して間接的に来月更迭をするようメッセージを送った。

「獲得した全てのタイトルに感謝する。PUMASのジャージを称えクラブで過ごした全てのことは、水のように透明で汚点は何一つない。こんな退陣の仕方は想像もしていなかったが、君が入団して以来クラブ史上最高の選手であることは間違いない。」と、選手を代表して述べた

レアンドロ・アウグストは最終節の対CFパチューカ戦まで在籍した後、クラブへ辞任の意を伝えた上で公式発表がされる予定。

 

f:id:ClaudioSuarez:20191116025544j:plain

※2019年前期ステージ第18節のFCファレス戦、私の所属するサポーターらがいつも陣取るスタンドへお忍びで観戦。ファンに別れを告げたそうです(今後は、生まれ故郷のブラジルに永住するとのこと)。

 

f:id:ClaudioSuarez:20191116024225j:plain

レアンドロ・アウグスト

ブラジルはパラナ州カスカヴェル市出身、1977年8月18日生まれ(42歳)。ポジションはミッドフィルダーで、1995年ブラジルサッカー1部リーグのクリシューマECでプロデビュー。その後SCインテルナシオナルやボタフォゴFRでプレーをし、2000年にクラブ・レオンでメキシコサッカー1部リーグへ。

f:id:ClaudioSuarez:20191116025940j:plain

翌年の2001年から2011年まで、ここ最近のPUMAS黄金期(2004年リーグ連覇、2009年と2011年後期ステージ)を牽引した。

f:id:ClaudioSuarez:20191116025927j:plain

またメキシコへ帰化している関係で、2008年スヴェン・ゴラン・エリクソン監督率いるメキシコ代表に召集。初ゴールを対ボリビアとの親善試合でマーク。

 

f:id:ClaudioSuarez:20191116024247j:plain

アイルトン・ダ・シルバ

ブラジルはアラゴアス州カジュエイロ市出身、1977年9月8日生まれ(42歳)。ポジションはミッドフィルダーもしくはフォワードで、1995年ブラジルサッカー1部リーグのSEパルメイラスでプロデビュー。その後パウリスタFCやベネズエラのデポルティーボ・ペタレFCでプレーをし、200年にCFアトラスでメキシコサッカー1部リーグへ。翌年の2002年から2006年までPUMASに在籍。