Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2015年前期 第14節 関連記事-4

f:id:ClaudioSuarez:20151028042504j:plain

ギジェルモ・ヴァスケス「時に、敗戦は助けとなる」

 

対チアパス・ハグァーレスの敗戦後、PUMASの首脳陣は結果に対して特に警告はなく、今トーナメントの目標達成を目指して行く。

 

先週末の日曜日、PUMASのホームゲームの連勝は対チアパス・ハグァーレスにおいて2-3で敗れたことで止まった。PUMASは今ステージ残り3試合のため目標達成を目指し、後ろを向くことは出来なければ過ぎ去った悪夢を記憶する事もない

 ギジェルモ・ヴァスケス監督は、いくつかのエラーがあったこと、そしてそれがホームゲームの敗戦を招いたことを知りつつも、チームにとって憂慮すべき状況ではないとオリンピック・スタジアムでお紺割れた記者会見の場で語った。「チームは出だし快調だったが、その後エラーが響いた。後半はよく戦ったと思うし、パフォーマンスには満足している。欠場者は、決勝戦までに復帰させたい。我々の目標はあくまでもプレーオフであって、だからチームは得点を上げに行かなかった。」

試合中の選手たちの奮闘について、監督は次のように述べた。「時に、敗戦は何が悪かったのか??何を修正しなければならないか??をチェックするための助けとなるんだ。チームは良く奮闘して、今改善する点を探さなければならない。」

 

監督はエラーを修正し、シーズンを締め括るためにチーム全員が揃う必要があると言った。「顔を上げて、ティファナ戦で良い試合をするようにしなければならない。勝ち点を上げるために今は顔を上げて、前に進まなければいけないんだ。重要なことはチームはこのように最高の奮闘をしたにもかかわらず、残り数節にチーム全員が揃わなければいけない。」

 

最後に、試合途中に負傷退場したハヴィエル・コルテスについて言った。「ハヴィエル・コルテスについては、MRI検査をし、その後何があったのか?報告があるだろう。」

ちなみに翌週松は2015年前期ステージ順位表でブービーのティファナ・ショロスとの対戦が予定されており、ハグァーレスはホームでプエブラを迎え撃つことになっている。

 

f:id:ClaudioSuarez:20151028042521j:plain

 【関連】ハヴィエル・コルテスの健康状態

 

今朝PUMAS対チアパス・ハグァーレス戦前半23分に負傷退場した、MFハビエル・コルテスのMRI結果を左膝の伸ばし過ぎによる痛みと不快感であったと報告致します。

 

MRIは構造的な損傷ではなく、全身性浮腫であったことを明らかにしました。炎症が発生すると、回復には2〜3週間かかることが予想されます。

 

医療サービス事務局