Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2021年ガーディアンズステージ 第16節 レビュー

f:id:ClaudioSuarez:20210506090429p:plain

 

アンドレス・リリーニ監督は、PUMASを退団したくない「引き続き、チームの指揮を取りたい」
 

f:id:ClaudioSuarez:20210506090527j:plain

 
シーズン閉幕まで継続に関しては話したくないが、彼はプロジェクトを継続したいと述べた
 

f:id:ClaudioSuarez:20210506090632j:plain

 
PUMASにとって悲しい夜。勝利が必要であったにもかかわらず、数多くのミスはチームにコストをかけることになった。試合終盤にヘンリ・マルティンが引導を渡し、レペチャへ(敗者復活戦)進出への最後の切符を失った。これは次のような疑問を問い掛けた:アンドレス・リリーニ監督の進退はどうなるのか? プロジェクトを続けるのか? 彼の答えは明確であった:シーズン閉幕までノーコメント、しかし信念と願望を持っているので継続するだろうということであった。
 
「シーズン閉幕まで、継続に関してはノーコメントだ。」と言った。「結論は首脳陣と共に引き出されるが、常に分析があり、コーチ陣スタッフと選手たちとで決定が下される。それがサッカーだ。 プロジェクトを統合し続けたいという意思は持っている。」
 
f:id:ClaudioSuarez:20210506091300p:plain  
そしてこの敗北は痛烈であった。守備陣はよく頑張ったが、攻撃陣はたった10得点しかマーク出来なかった。絶え間ない攻撃にも関わらず、得点力不足は解消できず彼らのすべての希望は打ち砕かれた。
 
「この敗戦は、チーム全員が打ちのめされている。レペチャへ進出という目標を達成することが出来ず、非常に悲しい状況だ。今日は相手チームのゴールに対してより明確なチャンスを作った試合だったが、それを決め切ることは出来なかった。今日は特に困難な日だ…クラブは私に働くためのすべてを与えてくれた。そして、自分は達成することが出来なかった。」
  
今のところアンドレス・リリーニ監督の将来は白紙であり、近日中に新たな展開があるであろう。
 

 

 

f:id:ClaudioSuarez:20210506091019p:plain

 

クラブはもう既に新シーズンへ向けて補強をしようとしており、アンドレス・リリーニ監督は続投と発表
 
レオポルド・シルバ会長は、2021年ガーディアンズ・ステージにおけるレペチャへ(敗者復活戦)進出圏外となったクラブの今後について語った
 
「自分は2021年ガーディアンズ・ステージにおけるレペチャへ(敗者復活戦)進出圏外となったクラブを率いた。クラブは昨シーズンの後、今シーズン目標を達成することが出来なかった。リギージャ(プレーオフ)へ進出すべきだった。」
 
カルロス・ゴンザレスという重要な選手の退団の後、チームはシーズン最低の10得点に終わった攻撃陣による惨めな結果に対して、本来あるべき姿に戻す為に新しい契約を前にすでに動いていることを述べた。
「我々は競争力を維持しクラブがふさわしい場所に戻るために、特定のポジションにおいて補強をしなければならないことは分かっている。それはもう既に始めていて、チームが試合全体に貢献する補強を持てるように取り組んでいる。」
 
もちろん会長はチームの下部組織が引き続き促進され、若手選手たちが経験を踏んでスタメンの重要な部分として統合し続けるように強化することを明らかにした。そして最後にアンドレス・リリーニ監督には引き続き信念を持って継続してチームの指揮を取ってもらい、選手たちとそのトレーニングの基盤が整っていれば、翌シーズン再び競争できると確信している。
「再び彼が引き続き、チームの指揮を取るべきであると思っている。彼の指導と共に、翌シーズンに参加する選手たちがこの悪い結果だったトーナメントを好転してくれると思っている。」と彼は語った。
 

 

 

f:id:ClaudioSuarez:20210506094227j:plain

 

イスラエル・ロペス助監督は、更迭
「監督はもはや2人による良い関係は存在せず、このまま続けるつもりはないと自分に言った。 それは5年に渡るプロセスだったので腹を立てたが、物事は時にしてこのように起きるものだ。」
「自分の退団は、監督と首脳陣の決定だった。自分は非常に驚いたが、それが事実だ。唯一の選択肢は、前に進むことだ。自分は、サッカーに貢献し続ける準備を続ける。」
 

f:id:ClaudioSuarez:20210506094323p:plain

メキシコリーグ2021年ガーディアンズステージ 第16節 UNAM 0 - 1 América

f:id:ClaudioSuarez:20210505043133j:plain

 

PUMASがゴールを失敗しまくって消耗し、クラブ・アメリカに対して敗れレペチャへ(敗者復活戦)圏外に
 

f:id:ClaudioSuarez:20210505044403j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210505044431p:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210505044452p:plain

攻撃的な努力をしたにも関わらず、PUMASは不安定なアメリカに対してシュートを決めきれず、2021年ガーディアンズステージを終える
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る

DRONERO.MX(@droneromx)がシェアした投稿

f:id:ClaudioSuarez:20210505044519j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210505044538j:plain

 
今シーズンのPUMASで何か見慣れていたとしたら、それは劇的な締め括りだった。 引き分けで終るかのように見えたこの試合、シーズンを通して不安定だった2021年ガーディアンズステージにおいて、土壇場の得点によって数少ない勝利を挙げられるはずだった。しかし対クラブ・アメリカ戦においては、そのようにならなかった。そして、PUMASの今シーズンは終わった。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210505044941j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210505051441j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210505051508j:plain

 
総合順位表の第11位から第15位にいた各チームの試合結果とこの試合に勝てば得失点差でレペチャへ進出が可能であったが、PUMASはここ4戦リーグ戦や北中米カリブ海地域のクラブ・ワールドカップにおいて未勝利であったクラブ・アメリカに対して勝利を収めることが出来なかった。苦しんだにも関わらず、クラブ・アメリカは総合順位表第2位でリギージャ(プレーオフ)へ向けて進出した。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210505051610j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210505051635j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210505051728p:plain

 
勝たなければ後が無いこの試合でPUMASは主導権を握り、クラブ・アメリカを脅かした。しかし明らかなゴール欠如で3試合連続無得点(1敗2分)という悪循環に悩まされ、第14節の対クルブ・ネカクサ戦の勝利(1−0)以来得点を決めることが出来なかった。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210505051909j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210505051926j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210505051829j:plain

 
まずは前半17分、ホアン・バスケスからのロングフィードからブルーノ・バルデスよりボールを奪ったファン・イグナシオ・ディネンノがペナルティーエリア内中央にいたファン・パブロ・ビゴンへパス。これをフリーであったにも関わらず、ニアポスト脇へシュートを外した。
 

 

f:id:ClaudioSuarez:20210505052003j:plain

 
その後すぐの前半19分、今度は同じくロングフィードから左サイドに展開したセバスチャン・サウセドからのセンタリングを、ペナルティーエリア中央でファン・ディネンノがヘディングシュート。しかし、これもゴールポスト右脇へ逸れていった。
 

 

さらには前半26分、またもやロングフィードをホルへ・サンチェスによる拙いボール処理からガブリエル・トーレスがスチール。左サイドのセバスチャン・サウセドへ叩き、ドリブル突破から3対3の状況からミドルシュート。これは相手ゴールキーパー:ギジェルモ・オチョアにセーブされた。
 

 
そして前半35分、今度はサンティアゴ・ネベダからボールを奪ったファン・パブロ・ビゴンがそのままペナルティーエリア側までドリブルで持ち込み、直接シュート。しかしこのボールも、ゴールポスト脇を逸れていった。
 

 

f:id:ClaudioSuarez:20210505052050p:plain

 
後半に入ってすぐに迎えたチャンス、ホアン・バスケスが奪ったボールを右サイドにいたガブリエル・トレースが相手ディフェンダー2人を交わして、ペナルティーエリア中央に走り込んだファン・ディネンノへスルーパス。しかしこれも相手ディフェンダーに潰され、得点出来ず。
 

 

f:id:ClaudioSuarez:20210505052125p:plain

 
さらにその直後のプレーで、右サイドをドリブルで駆け上がったカルロス・グティエレスが挙げたセンタリングは、ゴールを守るギジェルモ・オチョアの頭上を越えていってあわや直接ゴールというボールは左ポストを直撃。
 

 

f:id:ClaudioSuarez:20210505052150j:plain
 

加えて後半15分、ホアン・バスケスとアラン・モソが奪ったボールをファン・パブロ・ビゴンが右サイドにいたファン・ディネンノへ叩き、そのままドリブルで持ち込んでこれを追い越したガブリエル・トーレスが最後はフリーでセンタリングを受けたにも関わらず、これをイージーミス。
 

 

f:id:ClaudioSuarez:20210505052220j:plain

 
終いには後半18分、ゴール前で数的優位を活かしてガブリエル・トーレスがペナルティエリア右にいたファン・パブロ・ビゴンへ叩き、このボールを正面にいたディフェンダーを交わして切り返して放った左足のシュートも、ギジェルモ・オチョアにクリアされた。
 

 

f:id:ClaudioSuarez:20210505050722p:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210505050819j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210505050754p:plain
 

最後に後半37分、PUMAS最大の弱点である右サイドをアラン・メディナがファクンド・ワジェルとヘロニモ・ロドリゲスを引き連れて、ゴールライン奥までドリブル突破。この折り返しをエリア内フリーで駆け込んだヘンリ・マルティンに押し込まれ、万事休す。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210505050845j:plain

 
PUMASは、総合順位表のすぐ上位にいたケレタロFCがクラブ・レオンに、マサトランFCがCFモンテレイに、さらにはクラブ・ティファナがクルス・アスルにドロー終わり、勝てば同じ勝ち点21ながら得失点差でレペチャへ進出圏内の第12位に残れるチャンスを逸し、今シーズンを終えた。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210513122031p:plain

 

メキシコリーグ2021年ガーディアンズステージ 第16節 プレビュー

f:id:ClaudioSuarez:20210430130559p:plain

 

PUMASのフォワード:ファン・ディネンノは、バーチャル記者会見において、レペチャへ(敗者復活戦)進出のために他チームの結果によることを述べた。
「総合順位表のこんなポジションには、今まで決していたくなかった。しかし、我々は責任を取らなければならない。個人的な目標である得点を取るという点については、考えてもみなかったほど少ないのが現状だ。チーム全体が多大な努力をしてきたが、残念ながらそれは結果に結びついておらず、それが我々グループとして最も不安を与えるものだ。それはレペチャへやリギージャでプレーをしたいという願望だが、残念ながらそれは我々自身ではなく他チームの結果によるものだ。しかし最後に失われるのは希望であって、試合当日までレペチャへに進出するという目標を達成できるというつもりで向かう。」
 

f:id:ClaudioSuarez:20210430130706j:plain

 
この点で、彼は次のように付け加えた。
「我々はもっと高い順位にいるべきだと思うので、フラストレーションが貯まる。自分にはサッカーの経験がありこれまで多くのチームに所属しながらいろいろなことがあったが、このような状況に遭遇するのは非常に困難であって、障害や逆境を乗り越えたいという願望の観点から見て今日その一部だ。こういう状況に我々が相応しいとは思わない。可能な限り自己批判的に見ても、我々は勝つに値する試合を戦ってきた。それは効果的ではなかったし、チームが持っている勝ち点と我々がいる状況を暗示している。」
 

f:id:ClaudioSuarez:20210430130740p:plain

 
「しかし、このチーム最後まで諦めない。その例を1つ挙げると、昨シーズンのリギージャ準決勝だ。それが我々を支えてくれるクラブのDNAとしてのキャラクターと態度だ。願わくばレペチャへに進出するチャンスを持って日曜日の試合にプレーをしたいが、もしそうでない場合は我々1人1人が最善を尽くそうということを念頭にプレーをする。この集団は、逆境を超えてこのエンブレムを守るためにトレーニングされている。」と、述べた。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210430130911p:plain

 
そういう意味で、彼は次のように主張した。「我々はレペチャへ進出するためのツールを持っていて、様々な状況でそれを結果に繋げることが出来なかったので、もし進出出来ない場合にはガッカリすることになるだろう。試合では、これぞ首都ダービーというプレーをする。感情的な面から100パーセント以上を出し尽くす。合理的な面で言えば、クリアで適切な判断を下すという意味で、可能な限り冷静にプレーをする。」
 

f:id:ClaudioSuarez:20210430130953p:plain

 
「唯一レペチャへ進出可能な方法は我々が勝てるかどうか次第なので、対クラブ・アメリカ戦ということを念頭に置いてトレーニングしている。他チームによる結果が必要であることを考えると、このスポーツにおいて自分たちの結果次第ではないことは非常に苛立たしいことだ。しかし最良の思考を持とうとするために日々過ごさなければならないし、目標はあくまでも目の前のライバル:クラブ・アメリカを倒すことだ。」
 

f:id:ClaudioSuarez:20210430131035j:plain

 
そして、対クラブ・アメリカ戦をプレーをすることの感情的な重みについて詳しく述べた。
「それが、首都ダービーマッチであることは分かっている。選手たちにとってもサポーターにとっても、影響が大きい試合だ。相手チームが現在どういうプレーをするかをさておいても、ただ1つの試合を勝つより価値が高いので勝ちたいし、選手たちはほんの少し疲労があるだろう。それはダービーマッチであり、それは誰がプレイするにしても試合が非常に要求が厳しいことを意味する。自分は最終節であることは念頭にないが、レペチャへをプレーをするために勝つことだけを考えているしその希望は残っている。」
 

f:id:ClaudioSuarez:20210425061759j:plain

 
一方で攻撃陣で2TOPを組む、ガブリエル・トーレスについてこう語った。
「これまで一緒にプレーをしてきた試合で、ピッチにおいて彼と居心地良く感じる。明らかに機能を共有し、2人の資質とコンディションを尊重する。彼はクラブと代表チームの両方での経験を自分に伝えてくれる。2人で得点をする状況はあったので、それを出来なかったのは悪い流れだったと思う。今週の日曜日にまだ試合が残っているので良いプレーをしたいし、我々2人だけではなくチームと我々の役割から得点を決めるために協力する。」
 

f:id:ClaudioSuarez:20210430131206p:plain

 
今シーズン最優秀守備陣の第2位に付けている、ディフェンダーたちについてこう語った。
「チームの守備陣による働きは、注目に値する。周囲全ての人がそれを見ているし、それを維持するための努力は実際には簡単なことではなく、非常に大きいのでとても満足している。」
 

f:id:ClaudioSuarez:20210430131327p:plain

 
最後にもしチームがレペチャへ進出が出来なかった場合について、こう述べた。
「まだ終わっていない。日曜日にそういう状況になっていないことを望んでいる。こういう状況の中で日々生きているので、それは非常に困難だ。毎週チームメイトたちがもっと頑張って犯したミスを修正したり、うまく出来ていないプレーを正そうとしているのを見ている。批判的になることは非常に困難であるし、我々が出来る限りのことをトライしそれを試合の中で結果を達成することが出来なかったのを見ると、非常に複雑な気持ちだ。」
 
「我々は日々行われる努力と価値観の観点から、それをクラブに負っていることは決してない。我々は開幕節から最善を尽くし、また結果を達成するために全力を尽くしている。我々が行ってきた努力によってクラブ・アメリカに勝つことは感情的にはポジティブであるが、レペチャへ進出という結果が伴わなければ残念ながらポジティブではない。」と、締め括った。
 

メキシコリーグ2021年ガーディアンズステージ 第15節 レビュー

f:id:ClaudioSuarez:20210426070110j:plain

 

アンドレス・リリーニ監督は、PUMASのレペチャへ(敗者復活戦)進出のために全てがうまく行くと信じている
 
f:id:ClaudioSuarez:20210426070032j:plain
 
プエブラにおけるドローでPUMASは厳しい状況となったが、未だ進出争いに残っている
 

f:id:ClaudioSuarez:20210426070143p:plain

 
PUMASは2021年ガーディアンズステージのレペチャへ進出のために、最終節で対クラブ・アメリカ戦における勝利が必要であり、アンドレス・リリーニ監督は翌週に絶対それが可能になることを示した。彼はクアウテモック・スタジアムにおけるスコアレスドローの後で、進出のために必要なことをする瞬間であると認めた。
 
「そうだ。進出争いを繰り広げているライバルチームの試合結果次第であるので、我々は我々の試合を勝たなければならない。しかし間違いなく自分たちは、自分たちの試合は勝ちに行く。対クラブ・アメリカ戦の試合結果でレペチャへ進出するための勝ち点が与えられるので、ホームゲームでそれを決着しなければならない。」と、述べた。
  

f:id:ClaudioSuarez:20210426070416j:plain

 
「間違いなくそれを可能にしてみせるし、毎試合サッカーの内容を改善していると思う。もう次節が最終節であり、もちろん後がない。自分が唯一選手たち1人1人に言えることは、君たちはこれまでに見たことがあるだろう。明日から対クラブ・アメリカ戦へ向けて気持ちを切り替えて、結果を出すつもりだ。」
 
これらすべてを踏まえて、選手たちがこれ以上モチベーションを必要としないだろうと考慮した。クラブ・アメリカと対戦し、レペチャへ進出争いをするということである。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210426070443p:plain

  
「対クラブ・アメリカに臨むにあたって、選手たちはこれ以上のモチベーションを上げることはないと思う。最終節であるし、どんな対戦相手であろうが勝たなければならない。首都ダービーはどんな選手であれ、プレーをしたがり勝ちたがる試合だ。メキシコで最大のクラブとのこれまで数えきれないほどの歴史があり、年に2度の対戦だからだ。」
 
「選手たちは自分たちが直面している、リギージャ(プレーオフ)に進出しなければならないということを分かっている。どんな対戦相手であれ、それは我々の義務であるので、プレーをしなければならないし、勝たなければならない。最終節にあたって、目標であるリギージャ進出を達成する。」
 

メキシコリーグ2021年ガーディアンズステージ 第15節 Puebla 0 -0 UNAM

f:id:ClaudioSuarez:20210425061045j:plain

 

PUMASとプエブラFCはクアウテモック・スタジアムにおいて、お互いにダメージを与えないまま終わる
 

f:id:ClaudioSuarez:20210425061141j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210425061211p:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210425061317j:plain

 
コロナ禍の影響で1年余りの無観客試合の後、観衆はクアウテモック・スタジアムに戻った
 

f:id:ClaudioSuarez:20210425061342j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210425061356j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210426070737p:plain

 

金曜日のナイターゲーム。2021ガーディアンズ・ステージ第16節の開幕戦に、全世界を脅かしているコロナ禍の影響で1年余りの無観客試合の後、観衆が戻ったクアウテモック・スタジアムにおいて、PUMASとプエブラFCによる一戦は0−0のスコアレスドローに終わった。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210425062423p:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210425062241j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210425062308j:plain

 
前半10分に右サイドのコーナーキックを得たプエブラFCはファン・パブロ・セゴビアが頭で流して、ファーサイドに駆け込んだサンティアゴ・オルメーニョに合わせたが、これはゴールの左脇を擦り抜けて行った。また前半14分にはペナルティーエリア内の混乱に乗じて、セバスチャン・サウセドのスルーパスからファビオ・アルバレスがガブリエル・トーレスへスルーパスを試み、最後にファン・イグナシオ・ディネンノが押し込んだボールは線審によるオフサイドの判定で無効となった。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210425061737j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210425062523j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210425062600j:plain

 
一方でプエブラFCは前半21分、右サイドからジョージ・コラルが挙げたセンタリングをペナルティーエリア内においてアラン・モソが胸トラップでゴールキーパーへ戻そうと試みたプレーがハンドを犯したという主審の判定でペナルティーキックに。しかしこれはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)でレビューされ、その判定は覆された。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210425062345j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210425062830j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210425063026p:plain

 
後半に入って9分、左サイドからサルバドール・レジェスがアラン・モソとの1対1から挙げたセンタリングをニアポストで待っていたマクシミリアーノ・アラウーホが押し込もうとしたが、惜しくもゴールポスト脇を擦り抜けて行った。これに対してPUMASはその直後、ガブリエル・トレースがペナルティーエリア右から相手ディフェンダーを交わしてシュートを放ったが、相手ゴールキーパー:アントニー・シルバの攻守に阻まれた。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210425062919p:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210425063145p:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210425063111j:plain

 
後半19分にはペナルティーエリアの外からドリブル突破を仕掛けたエリク・リラが、そのまま持ち込んで強烈なミドルシュートを放ったが、これもまたアントニー・シルバのパンチングでボールはゴールバーを越えて行った。そしてコーナーキックからのリバウンドを今度はファクンド・ワジェルがゴールの右隅を狙ったものの、またもやキーパーの攻守に涙を飲んだ。極め付けは後半34分、カウンターアタックからファビオ・アルバレスが前線にいたファン・ディネンノへ繋ぎ、相手ディフェンダーとの競り合いでお互いが潰れた隙をアルバレスが抜け出し、ゴールキーパーとの1対1のなったが、これもまたアントニー・シルバの差し出した足に阻まれた。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210425063411j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210425062748j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210426070841p:plain

 

プエブラFCによる後半の攻撃は、右サイドに集中した。後半37分、3人の選手たちによるトライアングルパスから、最後はゴール前フリーになったクリスティアン・タボは渾身のシュート。しかしこれはPUMASのゴールキーパー:アルフレード・タラベラの差し出した両手で防がれた。アディショナルタイムにはペナルティーエリア手前からフリーキックを得たが、ボールは奇跡的にゴール右を力なく逸れて行った。こうして観客が久しぶりに戻ったスタジアムで行われた一戦は、スコアレスドローに終わった。

 

f:id:ClaudioSuarez:20210426070909p:plain

 

f:id:ClaudioSuarez:20210501120913p:plain

 

メキシコリーグ2021年ガーディアンズステージ 第15節 プレビュー

f:id:ClaudioSuarez:20210423053025j:plain

 

それまでサイドハーフやボランチとして、今やサイドバックとしてもプレーをしているPUMASのユーティリティープレーヤー:ファクンド・ワジェルは、クラブに残留したいと考えている。今シーズンが終わった後、クラブ首脳陣は彼の完全移籍契約を結ぶか、リース契約を結んでいるクラブ・プラサ・デ・デポルテス・コロニアと契約の延長について交渉するかを決定する必要がある。彼は最終的な移籍が完了しなかった場合に備えて、8月から元所属先のクラブへ報告しなければならない。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210423053314j:plain

 

「自分自身はPUMASに残りたいが、その事は自分の決定次第ではなく、ウルグアイ・サッカーA代表にも関わる問題だ。残りたいが、その決定を待たなければならない。選手たちがピッチへ戻ることができるのは素晴らしいことだ。レペチャへ(敗者復活戦)に進出する望みを残せるように、サポーターには応援してもらいたい。」と、今週末の金曜日にクアウテモック・スタジアムで行われる試合についてコメントした。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210423053347j:plain

 
金曜日に対戦する相手チームに関するすべては、ピッチにおいてそれらがすべての優位性を示さない場合、ほとんど役に立たないとも述べた。そして2021年ガーディアンズ・ステージにおける最優秀攻撃陣である対戦相手に対してポジティブな結果を出すために、チームメイトに自信を持っていることを示した。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210423053412j:plain

 
「ピッチでは、全ての者がイーブンだ。どのチームだって、どんな相手に対しても勝つことが可能だ。プエブラFCは、素晴らしいシーズンを送っている。対戦相手チームやその偉大さは、90分間にピッチでそれを示すことが出来なければ関係ない。今我々は失敗することが出来ないので、ミスをする余地はない。毎週末の試合全てを勝ちに行く。それらは総合順位表の順位に関係なく、プレーをするだけだ。どちらかのチームによるミスを少なくした方が勝つ。」と、コメントした。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210423053437j:plain

 
先週末にUANLティグレスに対してさらに勝ち点2を獲得する絶好の機会を手放した後、改めて決勝戦として残り2試合をプレーすることを告白した。
「残り2試合が、勝たなければならない決勝戦だ。試合中優位さを感じたUANLティグレス戦に勝つことが出来なかったので、苦々しい後味が残った。そして、今年最も重要な2試合が迫っている。もちろんレペチャへ進出するために、勝ちたい。」と付け加えた。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210423053502p:plain

 
サイドハーフとしてプレーをしている今、チームは敗北することなく、ポジティブな試合結果を維持した。同じポジション争いをしているヘロニモ・ロドリゲスが負傷明けになる今節そのポジションでプレーをする選手は決まっておらず、今節のスタメンはまだ決まっていないことを明らかにした。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210423053544j:plain

 
「以前はさほどこのポジションでプレーをしていなかったが、非常にフィットしていると感じている。最近監督とは直接話していないが、ヘロニモが負傷していたのでプレーをした。プエブラFC、今はこの2節の試合特に今節のアウェーゲームに集中している。」と、締め括った。

 

ハイメ・ロサーノ(元PUMAS)メキシコ五輪代表監督について

f:id:ClaudioSuarez:20210422115039p:plain

4度目のリーグ優勝(2004年後期ステージ)決勝戦ペナルティーキック

「日本はとても良いチーム」 メキシコ五輪監督が「規律」と「流動性」を警戒 | フットボールゾーン

メキシコ五輪代表のハイメ・ロサーノ監督が東京五輪で同組となった日本、フランス、南アフリカについて言及

2021/04/22 11:2

本日発表された東京オリンピック・サッカー競技における予選組み合わせで日本、フランス、南アフリカと同組になったメキシコ代表監督を務めるハイメ・ロサーノのウェブサイト検索が非常に多い割りには、選手として現役時代に触れた記事があまりに少ないのでここに簡単に紹介しておきます。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210422115208p:plain

 ※大学都市(オリンピック・スタジアムがある)産まれとプリントされたTシャツ
 
ハイメ・アルトゥーロ・ロサーノ・エスピン(MF)

1978年9月29日生まれ(42歳)

経歴:1998~2001年PUMAS(50試合5得点)、2001~2002年セラヤFC(メキシコサッカー現在2部リーグ、24試合1得点)、2002~2005年PUMAS(99試合20得点)、2005~2007年UANLティグレス(67試合12得点)、2007~2010年クルス・アスル(90試合15得点)、2010~2012年モナルカス・モレリア(69試合12得点)、2012~2013年PUMAS(10試合1得点)

メキシコA代表歴:リカルド・ラ・ボルペ監督時代に継続的に招集された。2006年FIFAワールドカップ・北中米カリブ海地域予選、2004年(ペルー大会・第4位)、2007年(ベネズエラ大会・第3位)コパ・アメリカ、2004年アテネ五輪(一次予選敗退)メキシコ代表、そして一番強く印象付けた活躍をした2005年FIFAコンフェデレーションカップ(第4位)である。

 

常にあだ名「ジミー(ハイメの英語名)」と呼ばれるが、俳優一家(父ハイメ・ロサーノ・アギラル=映画やテレビで豊富な経験を持つメキシコの俳優と母アナ・ベルサ・エスピン・オカンポ=2005〜2020年のコメディシリーズ『隣人たち』ロレナリバーズ役で知られるメキシコのテレビ、劇場、映画の女優の間)に生まれたため、「エル・アクトール(俳優)」と呼ばれることもある。選手として現役時代は、左足のフリーキッカーとして優れていた。近年のPUMAS黄金時代の1つでもある、メキシコサッカー1部リーグが年2期制となって以来初めてのリーグ連覇(2004年後期ステージ前期ステージ)に大きく貢献。そしてクラブ史上大きな業績である、サンティアゴ・ベルナベウ杯(レアル・マドリードが主催するプレシーズンの親善大会︰1回(2004年=当時ラウール、ジダン、ベッカム、フィーゴ、オーウェン、ソラーリらが出場、ヨーロッパ外に本拠地を置くクラブとして初めて優勝)である。

メキシコリーグ2021年ガーディアンズステージ 第15節 レビュー

f:id:ClaudioSuarez:20210421042924j:plain

 

PUMASのチーム状態は上昇していて、対プエブラFC、クラブ・アメリカ戦でレペチャへ(敗者復活戦)へ向かっていく:アンドレス・リリーニ
 

f:id:ClaudioSuarez:20210421043054j:plain

 

ホームゲームの対UANLティグレス戦をスコアレスドローに終わり、監督はチームの明らかな改善を認め、残り2試合(対プエブラFC、クラブ・アメリカ戦)を見据える
 

f:id:ClaudioSuarez:20210421043221j:plain

 
ちょうどリギージャ(プレーオフ)における最高の形で臨むのにより重要な時に、PUMASのアンドレス・リリーニ監督はチームが非常に良い時を迎えて、2021年ガーディアンズ・ステージの残り2節における対プエブラFC、クラブ・アメリカ戦を自信を持って戦えると認めた。
 
「非常に良い2チームと対戦することになる。我々はチーム状態が上昇していて、よりしっかりと足を地につけて臨んでいる4試合のうち、我々の目標であるレペチャへ進出のための2試合になる。」と、対UANLティグレス戦後の記者会見で語った。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210421043251p:plain

 
彼は現在総合順位表の第3位であるCFプエブラと昨シーズンのPUMASとの間に類似点があることを発見したため、第16節における複雑な決戦を想定している。
 
「プエブラFCはポジティブな要素がある。まず選手たちが試合に勝ち、複雑な状況を解決するという考えを確信しており、年令の若い監督がチリに格好の参考となる例を持っていて、昨シーズンのPUMASと多くの類似点がある。何故ならば少ない投資で獲得した選手たちが本物であり、それが行われることを強化するからだ。」
 

f:id:ClaudioSuarez:20210421043349j:plain

 
一方で彼は、対UANLティグレス戦における引き分けが総合順位表の順位を上げるための勝ち点3を挙げるチャンスを逸したと強調した。そして、オリンピック・スタジアムにおける新たな勝利を挙げることを妨げた相手チームの陣容を賞賛した。
 
「それを逃してしまったということは、全ての面から見て必要なこの試合に勝ちたいという欲求を持っていなかったことだろう。我々がみすみす逃したのでは無い。アクションに対抗し、ゴールを決めたいという相手チームがあった。彼らには多くの優秀な選手たちがいる。プエブラFCとクラブ・アメリカがどのようにプレーしてきたかという理由の中で、彼らは秩序のあるコンパクトなチームであるため、我々はより大きな能力を発揮しなければならないだろう。そして彼らは良いサッカーをしながら総合順位表の上位に位置しており、どんな試合でも良い結果を収めている。」
 

メキシコリーグ2021年ガーディアンズステージ 第15節 UNAM 0 - 0 Tigres UANL

f:id:ClaudioSuarez:20210420102805p:plain

 

PUMASとUANLティグレスの一戦は見る者を楽しませたが、結果的にスコアレスドローに
 

f:id:ClaudioSuarez:20210420102852j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210420102906j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210420103137p:plain

 
オリンピック・スタジアムにおける対戦は両チーム得点無し。アラン・モソはゴラッソを、カルロス・ゴンザレスもまた無効とされる
 
f:id:ClaudioSuarez:20210420102921j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210420102948p:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210420103051p:plain

 
PUMASとUANLティグレスの一戦は激しい試合となったが、オリンピック・スタジアムにおいてスコアレスドローに終わった。両チームともゴールを無効とされ、お互いに勝ち点1を分け合ったものの、リギージャ(プレーオフ)に向けての見通しは厳しくなった。一方でUANLティグレスはレペチャへ(敗者復活戦)進出争いの順位を上げる勝ち点3を逃し、PUMASは今シーズンを通して非常に厳しい争いをしておりギリギリ第12位以内を死守しつつも、今やその進出争いは他チームの結果次第となった。とても激しい試合は決定的な得点(PUMASは10度のチャンスに対してゴールの枠に飛んだボールは3つ、UANLティグレスは6度のチャンスに対して枠に飛んだボールは2つ)が欠け、残念ながら両チームのゴールキーパー:アルフレード・タラベラとナウエル・グスマンを脅かすことは無かった。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210420103256p:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210420103325j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210420103341j:plain

 
前半9分、アラン・モソが左足で放ったシュートは見事に枠を捉え、PUMASの先制点かと思われたプレーはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)でレビューされた結果、その前のプレーでカルロス・グティエレスが右サイドからドリブル突破を図った際に、サイドラインをボールが割っており主審:アドナイ・エスコベドによって無効とされた。ホームチームにとって、最初のチャンスを疑わしいプレーが災いした。そのような場面があったとは言え、UANLティグレスはより試合に集中していた。前半15分過ぎにファクンド・ワジェルがミスを犯しプレゼントしたボールは、右サイドを駆け上がったハビエル・アキーノによって対角線のセンタリングを供給することになったが、大きなチャンスになったかと思われたもののそのエリアは無人であった。
 
f:id:ClaudioSuarez:20210420103835j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210420103635p:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210420103659p:plain

 
前半36分、フリアン・キニョネスのセンタリングは、ファーポストにいたカルロス・ゴンザレスに繋がり得意のヘディングシュートを放ったが、リバウンドを計算したアルフレード・タラベラによってセーブされコーナーキックへと逃れた。ハーフタイム前にはアンドレ・ピエール・ジニャクがタラベラを交わしてゴールかと思われたがそのシュートは惜しくも外れ、左サイドを突破したカルロス・グティエレスのシュートはナウエル・グスマンが交わし、さらにそのリバウンドを再びカルロスがセンタリングしたボールはファン・イグナシオ・ディネンノがコントロール出来ずにゴールバーを越えて行った。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210420103557p:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210420103926p:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210420104018p:plain

 
後半に入って、今度はUANLティグレスがその先制点を無効とされた。左サイドからゴールラインまで鋭く抉ったキニョネスが送ったセンタリングをカルロス・ゴンザレスが押し込んだものの、再びVARでレビューした結果センタリングをする前にボールがゴールラインを割っており、決定的なチャンスを潰した。PUMASは反撃をするのに手間取り、右サイドを突破したセバスチャン・サウセドがホアン・バスケスへ送ったセンタリングは、ボールをトラップして窮屈な体勢から十分なアングルへ向かってシュートをすることが出来ず、ポストの脇を擦り抜けていった。数分後には右サイドを割ったジニャックが送ったセンタリングをカルロス・ゴンザレスが中央でスルーし、レオナルド・フェルナンデスがやや遅れてシュートしたもののボールは枠を捉えることなく終わった。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210420104136p:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210420104159p:plain

f:id:ClaudioSuarez:20210420104311p:plain

 
試合の終わりも迫り、両チームがアクセルを吹かし、相手のミスを探して勝ち点3を挙げるためにプレッシャーを掛ける必要があることを認識していた。後半30分過ぎ、ディエゴ・レジェスが放ったパワフルなシュートは枠を捉えたかに見えたが惜しくもゴールバーを直撃し、PUMASは溜息をついた。プレッシャーがピークに達したUANLティグレスは相手を倒しに行ったが、止めを刺すまでには至らなかった。タラベラはジニャックのシュートとアルド・クルスによるシュートを見事に防ぎ、試合の立役者となった。PUMASもまた後方に留まらず、ワジェルが放ったミドルシュートは辛うじてナウエルに阻まれた。結局試合はそのまま終わり大変動きのある内容であったが得点の報酬は無く、両チーム共にレペチャへ進出圏内へその順位を上げることなく勝ち点1を分け合った。
 

f:id:ClaudioSuarez:20210420104335p:plain

 

f:id:ClaudioSuarez:20210422135933p:plain

 

メキシコリーグ2021年ガーディアンズステージ 第15節 プレビュー

f:id:ClaudioSuarez:20210416133022p:plain

 

「残り3試合は我々にとって、シーズンでよくあるりがちな数試合ではない。我々の行方や目標を決める、3つの決勝戦だ。必死で勝ちに行かなければいけない、そしてこのクラブでプレーをしているところを見せなければならない。」とニコラス・フレイレは、レギュラーシーズンで最後の3試合について語った。その上で、こう付け加えた。「展開とダイナミズムの観点から、この3節は非常に面白いものになるだろう。我々はそれを最大限に活用し、出来る限りのことをしたという期待を持ってシーズンを締めくくることを望んでいる。集中して、最大限の激しさで望むつもりだ。毎回の得点チャンスを決定的なものにしようと思っている。」
 

f:id:ClaudioSuarez:20210416133447p:plain

 
彼が常にこのスポーツにおいて、プレッシャーに晒されていることを認めた。「我々は、こういった状況に慣れている。地に足を付けてハードワークに焦点を絞り、今週末のために監督が決めるものを維持する。UANLティグレスは、オリンピック・スタジアムへ来ることをあまり快く感じていないだろう。だからこの試合は、それを最大限に活用してプレーをしようとするマインドゲームだ。」
 

f:id:ClaudioSuarez:20210416133748p:plain

 
さらに「存在するチームの団結力は非常に良好であり、これまでのホームゲームの結果が我々に有利ではなかったことをさておいて、前向きな感情を持っている。チーム全員のメンタリティは、持っている最大限をピッチで発揮することで一致している。目標は、リギージャ(プレーオフ)進出だ。相手チームにとっても、間違いなく決勝戦の1試合になるだろう。我々や彼らにとってこの1戦は、プレリギージャだ。」と強調した。 
 

f:id:ClaudioSuarez:20210416133532p:plain

 
かつて2年半の間チームメイトだった、フォワード:カルロス・ゴンザレスに聞かれるとこう答えた。「彼は1人の友人だったので、間違いなくとてもフレンドリーな再会になるだろう。彼はクラブにとって非常に重要な選手だったので、お互いにとってまたテレビで放送を見る人にとっても感情的なものになるだろう。彼は、ピッチ内で模範選手だった。愛された彼の退団は非常にショックだったが、これもサッカーというスポーツやコンスタントに選手の移籍を行うこのクラブの一部だ。」
 

f:id:ClaudioSuarez:20210416133708j:plain

 
一方でチームが昨シーズンのように、総合順位表の上位にいないことは心が痛むと述べた。「非常に素晴らしい成績を収めた昨シーズンに我々の誰もが信じなかった決勝戦進出の後で、このクラブに相応しい順位に位置していないことは心が痛むことだ。非常に奥深い自己批評をチーム内で行ったし、チーム陣容や戦法が昨シーズンとそう変わらない今、もう1つの現実を見る思いだ。これは最後の3試合に反映されることを確認するために、外面的よりも内面的に目を向けているステップだ。」
 

f:id:ClaudioSuarez:20210416133602p:plain

 
ロッカールームにおけるリーダーの1人である彼は、より若い選手たちへのアドバイスがどういうものかを強調した。「サッカー選手になるというこの夢をスタートさせて以来、我々は名声や尊厳、価値観のためにプレーをする。競争をして、成長することを信じるために。これらの段階はプロセスの一部であって、それらを理解し、消化し、受け入れて、克服する方法を知らなければならない。チームは危機にあるのではなく、時に躓く時がある。残り3試合はそれぞれが必勝であって、シーズンの素晴らしい締め括りをするために、個人とチームの両面で戦わなければならない。お互いの顔を見て『出来る限りのことをやった』と言って安心して言えるように、それがシーズンが終わった時に穏やかでいられるように。」
 

f:id:ClaudioSuarez:20210416133637p:plain

 
最後にコロナウイルス対策のワクチン接種は、もう少し後に分析されることになるだろうと述べた。「我々は、シーズンの締め括りに集中している。これが終われば、それを考えることになるだろう。今は引き続き注意をしながら、対策を行いながら最大限の時間をステイホームする。その後シーズンが終わってから、ワクチン接種を考えるだろう。」