Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

ギシェルモ・ヴァスケスは、PUMASが力強さを取り戻すよう期待している

f:id:ClaudioSuarez:20160112181926j:plain

 

 PUMASはモンテレイから受けた衝撃に屈したものの、週明けにトレーニングを再開した。陰気な表情、ほんの少しのジョークと真剣な表情の選手たちが、オリンピック・スタジアムの第2グランドへ入って行った。PUMASのトレーナーは、リラックスするために水を撒いた。ギシェルモ・ヴァスケス監督は2試合ホームゲームが続き前シーズンのPUMASへ戻るようトレーニングをするにも関わらず、彼のチームの出来が気に入らなかったことを受け入れた。


 「たくさんのルーズボールを失ったし、ゲームのリズムを掴めなかったね。前シーズンに見せたようなフィニッシュが欠けていたと思う。その辺は、まぁまぁだったんじゃないかな。前シーズンは多くの勝利を収めたしそういうゲームを期待していたんだけど、今はホームゲーム2試合が待っている。願わくば、願わくばチームがより良くなる可能性を掴むこと願っているんだ。前のトーナメントではとても良かったし、出来る限り改善するようにやっていくつもりだし、どこまでやれるか?を見ていくよ。」


 監督は、この躓きをトレーニング不足と最大の心配だった準備不足のせいにしなかった。「そうだね、最初の試合だったけれど、結果はそんなに悪くなかったんじゃないかな。連動した動きはより良くなってくると期待しているし、規律良く守っていたと思う。モンテレイのようなチームに対して、プレーをするリズムが欠けていたんじゃないかな。」


 今PUMASは2試合続けてホームゲームを迎えて、彼のチームにとってよりマッチするのに役立つ状況に監督は喜んでいる。「そうだね。長い1週間だし、チームが少しずつ飛躍するために観察してハードワークする時間を与えてくれるからね。ハードワークをする時間が短かったのは、難しかったよ。チームの欲望とその他すべてが配置されているので、改善に努めていくんだ。次の試合では、チャンスやより多くのボール支配率、全般にはチームが良い結果を出せるように願っているよ。」

 

試合前に想像していたより、チームの出来は悪く見えなかった:ヴァスケス

 

f:id:ClaudioSuarez:20160112182018j:plain

満足。ギジェルモは、良い結果が出る自信を持っている。

 

 PUMASの監督は第1節における悪い結果のように見えたが、たくさんのことを次の試合前に改善しなければならないことを強調した。モンテレイのスタジアムにおける敗戦は痛々しく、しかしPUMASの希望は消えない。2016年後期ステージにおける0-1の敗戦後、ギシェルモ・ヴァスケスは明らかにした。「絶望することはない、敗戦には胸が痛むよ。チームは強くなるべきだね。そこを耐えて、次の試合では同じ規律とより高いインテシティで行くんだ。」と戦略を明かした。


 「第1節であったことを考えればチームはよく健闘していたし、より改善し続けなければならないが、試合前に想像していたよりチームの出来は悪く見えなかった。チーム一丸となって努力し続けることが、重要だ。」と、付け加えた。


 彼にとって結果の違いは、PUMASの守備陣によるミスのみによって与えられたと見ている。「チームは前半良く守っていたし、規律も取れていた。ライバルのクオリティは知っていたし、チームは知り得なかった相手のチャンスに対してとてもよく戦ったよ。ゴールは我々が1つのミスを犯して、彼らは我々の自陣をリカバリーして1点を挙げたんだ。」と、締め括った。

 

ダンテ・ロペスの得点が、このところずっと生まれていない

 

f:id:ClaudioSuarez:20160112183024j:plain

 

 パラグアイ人は、30試合で無得点。モンテレイ戦ではスタメンで出場するも、1年半前よりも低いレベルを披露。累計で1187分もの間、ゴールを奪って祝うことをしていない。

 

 以前にダンテ・ロペスは、PUMASのゴールの代名詞だった。今やパラグアイ人FWは、負の統計を維持しておりPUMASの控え選手になりつつある。彼は2014年11月23日(対モンテレイ戦)以来、13ヵ月もの間30試合ゴールを祝っていない。先週の土曜日はエドワルド・エレラの欠場に恵まれて、90分間対モンテレイ戦でプレーをする機会を与えられたにも関わらずだ。

 


 32歳のダンテ・ロペスは、PUMASへの復帰以来困難な時期を迎えている。2013年の終わりに2014年後期ステージのPUMAS攻撃陣TOPへになるために戻り、当時の監督ホセ・ルイス・トレホにPUMASのベンチ要員にされた。実際にシーズンでは彼は14試合のうち、12試合スタメンでダリオ・ヴェロンやダニエル・ルドゥエーニャ、若手だったダニエル・ラミレスらと3ゴールのみしか決められず、その寄与はマルティン・ブラヴォーにその座を譲る羽目になった。

 


 次の半年間、ダンテ・ロペスは第5節の対クラブ・レオン戦までプレーを始めなかった。彼の太腿の負傷は、PUMASの監督として最後の試合(対クラブ・レオン戦)になったホセ・ルイス・トレホから戦力として考慮することから削除された。第6節からプレーオフ準々決勝の対クラブ・アメリカ戦の敗戦までに、3試合のみの出場しかなかった(対クラブ・アメリカ、ティグレス、モンテレイ戦)。


 それ以来対クラブ・アメリカ戦のプレーオフ2試合を加えて、ダンテ・ロペスの負の統計は始まり試合を重ねるたびに出場機会は最小になり、同様にチームへの貢献も減っていった。2015年後期ステージになって新しい対戦においてようやくプレーを見れるようなったが、707分間無得点のまま。彼の危機は第11節(対プエブラ戦)と第12節(対レオネス・ネグロス)の間に、彼は彼がチームメイトとしての機能を損なうことを示してしまった。彼は争うリズムが以前のものではなく、残りのシーズンにはプレーを見せることがなくなった。

 


 2015年前期ステージには、最近PUMASに移籍したフィデル・マルティネスによってダンテ・ロペスは以前にギジェルモ・ヴァスケスに任されていたそのポジション(左サイドバック)を奪われた。エクアドル人の移籍はダンテ・ロペスの数字を引き継ぎ、第13節(対ハグァーレス戦・前節フィデルが退場処分のため欠場)のみスタメンとしてプレーをしたのみに留まった。彼の出場機会はプレーオフを含めて散発となり、224分間になった。シーズンの終わりには首脳陣TOPのアントニオ・サンチョは、移籍可能選手リストに彼の名を記した。ダンテ・ロペスの選手生活の終わりに見えたが、計画の変更があった。


 2016年におけるリーグ戦とリベルタドーレス杯を争う重要性の前にPUMASは彼のストーブシーズン移籍市場から排除したが、センターフォワードの契約は獲得しないままクラブに残る状況となった。移籍リストへ載せたのと同じ首脳陣に感謝しつつ、彼はクラブから去ることを再考する必要がなくなった。得点への復帰が、もう1年間の契約更新となったのだ。

 


衰退への道
トーナメント   出場試合数 出場時間(分) 得点
2016年後期ステージ     1     90     -
2015年前期ステージ     18    210       -
2015年後期ステージ            9      707        -
*2014年前期ステージの最後の2試合において、ダンテ・ロペスは得点しなかった。

 

その他攻撃陣
名前         出場試合数   得点
マティアス・ブリトス     27    11
エドワルド・エレラ      40    16
イスマエル・ソーサ      40    18
フィデル・マルティネス    23      5
*統計は直近2ステージ+今シーズン