Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

2016年 リベルタドーレス杯 第6節 Emelec 2-3 UNAM

f:id:ClaudioSuarez:20160416190731j:plain

 

PUMASは、リベルタドーレス杯予選グループ7のパフォーマンスを勝利で締め括る

 

f:id:ClaudioSuarez:20160416190745j:plain

 

PUMASは、エクアドルのジョカイ・デ・マンタスタジアムで対エメレク戦を3-2で勝利し、勝ち点15でグループ予選首位で突破した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160416190756j:plain

 

現在のところ、コロンビアのアスレティコ・ナショナルが唯一予選グループにおいてPUMASより勝ち点が多い。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160416190808j:plain

 

PUMASはフィデル・マルティネスは2得点、ルイス・キニョネスが1得点挙げ、エメレクはオルガル・マタモロスとクリスティアン・グゥアナがそれぞれ得点を挙げた。

準々決勝の対戦相手は、4月21日(木)に8つの予選グループによる試合が全て終わってから組み合わせが判明する。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160416191000j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160416190827j:plain


PUMASは、リベルタドーレス杯予選グループ7の参加をエクアドルのジョカイ・デ・マンタスタジアムで対エメレク戦を3-2の勝利で締め括った。

PUMASは予選6試合で勝ち点15で予選グループ7を首位で終え、この時点でコロンビアのアスレティコ・ナショナルが唯一予選グループにおいてPUMASより勝ち点が多い(得失点差で4点差)。加えて当グループにおいてPUMASとデポルティーボ・タチラ(勝ち点9)で準々決勝へ進出。オリンピアとエメレクはそれぞれ勝ち点7、4点で予選敗退となった。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160416190851j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160416191025j:plain


前半12分と後半15分にフィデル・マルティネスが2得点、前半34分にルイス・キニョネスがダニエル・ルドェエーニャによるパスを受けて得点を挙げた。エメレクは前半45分にオルガル・マタモロスと後半26分にクリスティアン・グゥアナがそれぞれ得点を挙げた。オルガル・マタモロスはペナルティキックを外し、同点に追いつくチャンスを後半43分に逃した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160416190903j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160416191150j:plain


若干21歳の左サイドバック、アルトゥーロ・モンテロがTOPチームデビューをこの試合飾った。

PUMASの準々決勝の対戦相手は、4月21日(木)に8つの予選グループによる試合が全て終わってから組み合わせが判明する。各8グループの首位と第2位、最高の結果を出したチームが一番悪い成績であったチームとそれぞれ対戦することとなる。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160416191134j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160416191113j:plain


スタメン:


エメレク:12-エステバン・デレール、6-カルロス・モレノ、5-ホセ・ルイス・キニョネス、29-ガブリエル・アチリエル、11-ゲオヴァニィ・ナサレノ(後半16分、24-フェルナンド・ヒメネス)、7-ヘンリー・レオン、10-フェルナンド・ガイボール(後半13分、17-ハヴィエル・チャロコパ)、14-オルゲル・マタモロス、25-ロベルト・ブルバノ、9-クリスティアン・グゥアンカ、18-デニス・ストラクゥアルシ(後半18分、19-ブライアン・アングロ)、監督-オマル・デ・フェリペ


PUMAS:13-アルフレッド・サルディヴァル、2-ホセ・カルロス・ヴァンランキン、21-アレハンドロ・カストロ、26-ルイス・キンターナ、25-アルトゥーロ・モンテロ(6-ヘスス・ガジャルド)、17-イベール・ルイス、8-ダヴィッド・カブレラ、9-ダンテ・ロペス、24-ルイス・キニョネス、10-ダニエル・ルドェエーニャ(後半38分、23-アルフォンソ・ニエト)、11-フィデル・マルティネス、監督-ギジェルモ・ヴァスケス


主審:フェルナンド・ラパリーニ、副審:ディエゴ・ボンファ、アリエル・スシメ、第4審:ヘルマン・デルフィノ(全てアルゼンチン)


警告;エメレク:後半20分、ホセ・ルイス・キニョネス、35分、オルゲル・マタモロス、36分、フェルナンド・ヒメネス、43分、カルロス・モレノ

PUMAS:前半24分、アルトゥーロ・モンテロ、後半41分、アルフレッド・サルディヴァル