読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2016年前期 第12節 UNAM 1-0 Chiapas

f:id:ClaudioSuarez:20161003232017j:plain

 

PUMASは、メキシコ代表に召集されたヘスス・ガジャルドを祝う

 

f:id:ClaudioSuarez:20161003204827j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003204846j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003204858j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003204907j:plain

 

PUMAS首脳陣、監督&コーチ陣そして選手たちは、その才能、献身、引き渡しによってメキシコ代表に召集されたヘスス・ガジャルドを祝った

 

f:id:ClaudioSuarez:20161003204928j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003205000j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003205011j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003205748j:plain

 

クラブはフランシスコ・パレンシア監督とコーチ陣に彼を応援し続け、信じて下部組織出身選手を推進したことに感謝した。これが、PUMAS下部組織の新たな段階における最初の引渡しをしたものである。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161003205117j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003205128j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003205149j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003205454j:plain

 

オリンピック・スタジアムはチアパスFCを1-0で勝利したPUMASのための要塞として維持されている。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161003210125j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003210137j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003231530j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161004074734j:plain

 

得点する最初の機会はヘスス・エスコボサがアレハンドロ・パラシオスに放ったアウェイチームのシュートによって生まれるも、ピコリンが弾いて防ぐ。この瞬間から、前半すでに相手にダメージを与える方法をより見つけていたPUMASへと攻守交代した。

 

一番明らかなチャンスだったのは、パブロ・バレラからパスを受け取ったマティアス・ブリトスがシュートした瞬間であったが、ボールはゴールポストをかすめ去った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161003210156j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003210205j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003210229j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003210236j:plain



後半開始直後、再びチャンスを掴んだマティアス・ブリトスは今度は外さなかった。一度ヘスス・ガジャルドが弧を描いたボールを、マティアス・ブリトスがゴールネットに向けて単にプッシュするだけセンタリングへと供給した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161003210247j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003210255j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003204717j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003210313j:plain

 

さらにその後PUMASはボール支配を相手チームに与えたが、アブラハム・ゴンザレスの足が半円を描き強烈なシュートを打つような脅威を与え続けたが、ボールは惜しくもゴールバーを直撃したので、PUMASは更なるリードを奪えなかった。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161003210328j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003210350j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003210416j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003231613j:plain

 

 

翌週PUMASはデポルティーボ・トルーカFCとアウェイで対戦、チアパスFCはホームでCFモンテレイを迎え撃つ。


PUMAS、ホームでは不滅:6勝目をマーク

 

f:id:ClaudioSuarez:20161004074546j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161004074613j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003232003j:plain

 

PUMASが、ホームでは不滅であることを確認し、2016年前期ステージの6試合全勝

 

f:id:ClaudioSuarez:20161003210602j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003211028j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003211124j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003210534j:plain

 

マティアス・ブリトスのゴールが、PUMASのオリンピック・スタジアムにおける無敗を維持し、ほんの少ししか対抗しなかったヴィジターのチアパスFCを1-0で破り、順位表第4位に浮上した。

この得点で、マティアス・ブリトスは通算5ゴール目をマーク。PUMASの今シーズン得点王の座に座っている。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161003211451j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003211500j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003211511j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003211407j:plain

 

スコアが動いたのは後半になってからだった。開始1分も経過しないうちに、ヘスス・ガジャルドが左サイドから上げたセンタリングをペナルティエリア内に侵入したマティアス・ブリトスが相手キーパー:リボリオ・サンチェスを制し得点した。

 

PUMASは前半30分にパブロ・バレラのチアパス・ゴールをかすめる強烈なシュートと、45分にはリボリオ・サンチェスがセーブしたヘラルド・アルコバのヘディング・シュートの計2回相手チームに脅威を与えた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161003211430j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003211347j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161003211333j:plain

 

後半の得点後、27分アブラハム・ゴンザレスが惜しくもゴールバー直撃のシュートを放ったが、得点差を拡げることは出来なかった。

一方ハガーレスは勝ち点を挙げることなく、セルヒオ・ブエノが監督に再就任してから勝ち点6のまま最下位に沈んだままである。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161003205645j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161004074656j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161004112328j:plain