読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

マティアス・ブリトスには、リーグ戦とリベルタドーレス杯がある。

マティアス・ブリトスには目標として、メキシコ・リーグとリベルタドーレス杯がある。本日、2016年に乾杯。

 

 彼にとって、2016年PUMASは4つのトーナメントを争うべきである。カップ戦とリーグ戦。その優先順位とは。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160102100623j:plain

 

 2015年前期ステージ・プレーオフ決勝でティグレスに対して敗れたことは、PUMASにとって様々な教訓を残した。そして、続く2ヶ月間でPUMASは4つのトーナメントを争うことになる。つまり、前・後期ステージのリーグ戦、リベルタドーレス杯、そして北中米カリブ海地域のチャンピオンズ・リーグである。彼はそれぞれの競争に対して、前シーズン同様の本質、偉大なエネルギー、熱意と信念でどう向き合うかを知っている。マティアス・ブリトスは、このように想像する。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160102101740j:plain


 「高いハードルが突き付けられたけれど、続く2ヶ月間でそれらをどうクリア出来るのか?を見せなければならないし、僕らはさらに長所を延ばして過去の失敗を修正するつもりなんだ。失敗から学び、それは僕らにとって役立つんだ。僕にとって、グループ7に配属されたリベルタドーレス杯ほど争うべきトーナメントはないね。それは、とても大きな責任があるね。単純にはいかないけれど、僕らは自分たちのプレーと仲間をを信じてうまくやろうと思ってるんだ。」と言った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160102101724j:plain


 PUMASにとって、複雑であるにもかかわらず待っているのは前・後期ステージのリーグ戦やフェアな国際試合であるが、ブリトスはタイトル奪取が可能であるという確かな未来を見据えている。「2016年シーズンは間違いなく満たされた満足が僕らを待っていて、大きな責任を持って前シーズン唯一獲得できなかったタイトルを取るんだ。誰も、僕らの先には行かせないよ。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160102100712j:plain


 すべてのトーナメントを含めて、首脳陣TOPであるアントニオ・サンチョは各ラインに不足がないよう4選手との契約をした。期待で一杯の年に対して、ディフェンダーであるフランシスコ・メサ、ミッドフィルダーであるイベール・ルイス、サイドアタッカーであるマシアス・ヴィダンゴスィ、そしてフォワードであるルイス・キニョネスを各ラインに仕込む。それが、ブリトスが認知しているところである。

 

f:id:ClaudioSuarez:20160103152359j:plain


 「今すでにチームはたくさんの交代オプションを持っていて、極めてチームが自信を得るために重要であり、それによって目的を達成するんだ。今シーズンのために重要な選手たちがやってきて、僕らは良い方法で補強をしたから自信があるんだ。新しい選手たちは、良い方法で各ポジションを獲得するだろう。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160102100722j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20160110164847j:plain


 PUMASにクラブ・レオンから2014年の半ばにやってきて、3シーズンを過ごしたマティアス・ブリトスはPUMASの選手として経験を積んだ時間に対する反省をした。彼がPUMASにやってきた時には前監督のホセ・ルイス・トレホが辞任し、現監督であるギジェルモ・ヴァスケスがその望みを繋ぐまで継続的に腰椎負傷で苦しんでいた。しかし、今ではチームの素晴らしい医療チームによって最高の瞬間を迎えている。「初めはとても大変だったよ。その後手術をして、僕が要求していた通りの適応が出来たんだ。現在に至るまでに第1線でプレーを出来るようになったことは、ピッチで失っていた自信を回復するのに役立ったんだ。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20160102101019j:plain


 グラウンドにおける明暗に加えて、ブリトスは今まで慣れていたポジションではなく違った機能で履行するために、ポジションを共有出来るようにまでなった。昨年末には3ポジション(ハーフ、エンド、アタッカー)を務める満足感が残った。「自分が違ったポジションをプレーすることは常に快適ではないけれど、常々言ってきたことさ。もしチームが必要とするなら、ゴールキーパーだってやるよ。」