読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

アブラハム・ゴンザレスは、彼の所属するチーム:PUMASへの愛を告白

f:id:ClaudioSuarez:20161102160154j:plain

 

PUMASのMF:アブラハム・ゴンザレスは、彼の所属するチーム:PUMASへの愛を告白した。たくさんの時間をこのメキシコシティで過ごしたいという気持ちが、彼のチームメイトやサポーターによって育まれたからである。「愛さないということは、難しいね。とても感謝しているよ。家族のようなクラブであって、チームを愛さない訳にはいかないね。人々はサポートしてくれて、街は壮観であって本当にここにずっと残りたいという気持ちなんだ。」と、述べた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161029180624j:plain

 

前節の対ヴェラクルス戦で2ゴール目を挙げた際に、ユニフォームの紋章に口付けするようなパフォーマンスをしたのは、彼が述べたことを証言する行為にも見える。「まだ自分では、なぜあんなことをしたのか?信じられないんだ。どのくらいの時間が経ったのか?分からないけれど、チームが与えてくれる信頼が自分がその中にいることが快適であると感じて、それが重要なことなんだ。それらが、反映されたからだと思うね。」と、答えた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161102160240j:plain

 

対ヴェラクルス戦において数々のミスを犯したにも関わらず、ゴンザレスはトーナメントの最後にポジティブな結果を収められることを強調した。「結果、勝利を得たんだ。これは、これまでやってきたことが悪くなかったと言えるよね。ペナルティキックを外して、頭に来たけれどもね。僕らは、勝利するチャンスにとても自信を持っているんだ。それまで連敗していた負の連鎖から解放されて、どうしても勝たなければならない試合に勝てて良かったね。」と、言い切った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161102160256j:plain

 

一方、彼は6ゴールを決めているウルグアイ人のチーム得点王:マティアス・ブリトスに次いで2番目の得点者であることに驚きを示した。「日曜日に、もっと得点出来ると良いね。でもそれを考えていないけれど、なぜ自分が4得点も挙げているのか?驚いているよ。ただ、日曜日に勝つことだけに専念しているんだ。」

 

そして今週の日曜日に行なわれる対モナルカス・モレリア戦でリギージャ(プレーオフ)進出を賭けて一緒に戦うために、全PUMASサポーターへホーム・スタジアムへ応援に来るよう招待した。その目的を達成するためには、彼らサポーターの応援が必要であると認識しているからである。「サポーターの応援はとても重要であって、いつもしてくれている通りに続けてほしいんだ。彼らは12番目の選手であって、勝とうが負けようが常に僕らを応援してくれるね。僕らにとって、そうあることは非常に幸運なことなんだ。」と、前節の4-1で勝利した対ヴェラクルス戦における2得点を挙げた選手は語った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161102160354j:plain

 

「本当に2得点には、満足しているよ。でも、全ては連敗から脱出する勝利のためだったんだ。本来であればもっと前にそうするべきだったけれど、今は今度の日曜日にリギージャ(プレーオフ)進出するという重要な賞品を賭けて戦うんだ。」

 

彼は相手チームが1部リーグ残留を賭けて戦っているので、対モナルカス・モレリア戦は複雑になるだろうとコメントした。しかしながらチームは勝利するため、またリギージャ(プレーオフ)進出のためにツールを持っていると答えた。「今までのように、力強くプレーをしなければならない。もし同じようなラインで続ければ、リギージャ(プレーオフ)進出出来ると確信してるよ。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20161029180201j:plain


今は対モナルカス・モレリア戦で勝利を挙げることに焦点を当てているが、常に重要なことはより上位でレギュラーシーズンを終えることだとコメントした。「進出することは重要だけれど、ホームで2ndレグを戦えることを考えればより上位でフィニッシュするに越したことはないね。まずは日曜日に勝つことが重要で、その後にそれ以外のことを考えることにするよ。」と、付け加えた。

 

同じように正反対の結果はリギージャ(プレーオフ)進出圏外に陥ることになり、最終節にすべてを繋ぐような自信過剰で自滅することだけは有り得ないと認めた。「僕らは折り込み済みだけど、万が一引き分けで勝ち点2を逃したりすれば、最終節にプエブラへリギージャ(プレーオフ)進出を確定するために遠征しなければならなくなるんだ。ただ今は、日曜日のことだけを考えるよ。」と、宣言した。

 

PUMASは水曜日に引き続き、今週日曜日正午キックオフの試合の準備を行なう。

 



f:id:ClaudioSuarez:20161024201301j:plain

 

マティアス・ブリトスは、PUMASがリギージャ(プレーオフ)進出することを望む

 

PUMASのFW:マティアス・ブリトスは、彼のチームがリギージャ(プレーオフ)進出し、その後リーグ優勝することを考えることに焦点を当てている。今シーズンを通してPUMASは連勝をすることが出来なかったことに注意しながら、彼はこのトーナメント終盤に彼の最高のサッカーを示すための良い瞬間であると感じている。「リギージャ(プレーオフ)進出争いは良いことだし、チームの自信のためにも重要だ。僕らが今までやってきたことや与えられてきた結果だからね。でも今は残り2節、連勝が必須なんだ。」と、言った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161103013124j:plain

 

彼はリギージャ(プレーオフ)進出は未だ確定した訳ではないので、まったく先走ったことを言いたくない。しかしながら、もしリギージャ(プレーオフ)進出すれば、目的はただ1つだけ『リーグ優勝』だ。「今は、リギージャ(プレーオフ)進出だけを考えているよ。もしそれが与えられたら、最も重要な優勝争いを考えるだろうね。日曜日は、僕らにとって決勝戦なんだ。その相手チームが最良の結果を与えられていない場合、彼らは良いチームであって尊重されなければならないんだ。」と、主張した。

 

対UANLティグレス戦で敗れ、それまで無敗だったホームゲームは彼にとって再びホームで勝利を挙げることがチームを立て直す意味でも重要であると考えている。「観衆に喜びを与えるために、ホームで勝利を挙げることは重要なことだ。チームが見せてきた良い機能をソリッドにして、今まで与えられてこなかったものをホーム最終戦で掴み取りたいね。」と、言った。