Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2015年前期 第3節 関連記事

僕らは、失敗を修正するために用心深くなければならない。 ホセ・カルロスヴァンランキン

f:id:ClaudioSuarez:20150813051841j:plain

 『僕らは、最近の試合で犯してしまった失敗を修正しなければならない。トルーカではインテンシヴに欠けてしまったし、前半は彼らにプレゼントをしてしまった。対プエブラ戦では、固定された戦術的な失敗をして負けてしまった。その失敗を修正するためには、もっと用心深くなければならないね。』とホセ・カルロスヴァンランキンはオリンピックスタジアムで行われた記者会見で宣誓した。

 

『一番重要なことは、チームが戦術的にきちんとしていることだ。もう既に2敗してしまっているので、対アトラス戦は勝ちきることが大事になる。今は、明日の試合のことに集中したい。』とPUMASデフェンダーは付け加えた。そして重要なのは、守備の順序を維持することであることを強調した。

『もっとダイナミックな試合をしたいね。僕らにとって、ナイターは快適だよ。重要なのはここからは守備の順序を維持することと、得点するオプションをつくることさ。』と強調した。

f:id:ClaudioSuarez:20150813082350j:plain

プエブラ戦後に起きたダヴィッド・カブレラとマティアス・ブリトスが揉めた件に関連してチーム内での状況について尋ねたところ、こう言った。『試合に敗れた絶望感による揉み合いが起きたんだ。でも、チームはもう大丈夫だよ。試合中、熱くなってしまったんだろうね。何でもないことだ。もし心配があるとすれば、チームの順位が本来もっと上位にいなければならいことだね。重要なことは、試合に勝つことによって順位を下げないことなんだ。』

最後に先日行なわれたパンアメリカン競技大会でチームのために助けなければいけないことを再認識したと結論付けた。『グラウンドでプレーをして示さなければいけないよね。パンアメリカン競技大会では、メキシコ代表の主将だったからなおさらだった。そして、同じインテンシヴでここでも示さなければいけない。メキシコ代表としてのそれはもう終わって、ここではレギュラーポジションを勝ち取らなければならないんだ。それは、毎日何かを示すことなんだ。チーム内競争がとても激しいから、なおさらだよね。』