Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ 2015年前期 第5節 関連記事2

僕らは、総力を維持する必要がある: ヘラルド・アルコバ

f:id:ClaudioSuarez:20150822031058j:plain

「結果よりも、力を出すために総力を上げて努力することが好きだ。チームの機能はより強固だと思うが、ゴールを狙う時間帯に攻撃性は良い結果を出すために僕らを助けてくれる。サイドバックはプレスをかけて、FWは相手ゴールに対して非常に効果的だった。」とヘラルド・アルコバはオリンピックスタジアムでの記者会見で言明した。

 

 「自分にとって、フィギュアはチーム全体であることが好きなんだ。チームが押されたときに、自分はもっと興奮するね。自分は名プレーヤーではないし、自分のプレースタイルはひたむきになることなんだ。ここにいる選手はいずれも、それが実際よりも多くを信じられるためにスーパースターではないんだ。人生ですべての作業や見た目のための基礎は、謙遜に毎日それを研磨し続けることなんだ。僕らの生き方やプレースタイルは、低姿勢を保つことだからね。」とウルグアイセンターバックは加えた。

 

今シーズンのPUMASの状況について掘り下げて聞くと、ホームゲームが重要であることを強調した。「重要なバランス、そしてもっと力を与える攻撃と守備の順序があるが、これはまだ始まったばかりであってシーズンはまだ長いんだ。結果は非常に良いように見えるけれど、トルーカプエブラに負けた試合のように、僕らには限界があることを知っている必要があるんだ。今はまだ3勝しかしていないから、プレーオフ進出のために必要な勝ち点を獲得出来ることを願っているよ。プレーオフに進出するには、最低でも勝ち点26は必要だからね。重要な勝ち点を上げるサプライズに出くわしたよ。アトラス相手に5-0で勝てるとは思わなかったし、パチューカのようなアウェイゲームで勝てるとも思わなかった。とても高い順位に位置する日もあれば低い順位に位置する日があるとは思わないが、主な目的であるプレーオフ進出を強力に獲得するためのバランスを見つけること出来ることが思うんだ。」と付け加えた。

 f:id:ClaudioSuarez:20150822045004j:plain

 次の対戦相手であるシナロワ・ドラードスについて、こう言った。「全てのチームがとても難しい相手だよ。彼らはメキシコシティの高度と暑さにうまく適応するだろう。彼らは大敗したばかりなので、却って対戦するにあたって危険さを感じるよ。もし勝ち点3を獲得出来たならば、シーズンの3分の一で勝ち点12を上げることになるので僕らにとって大きな後押しになるね。僕らの願いはできるだけ早くプレーオフのために進出するために高い順位を確保することだ。そうでなければ、新たに問題が発生することを意味するからね。必然的な勝ち点の積み上げがあって、それが出来なければ争いから離脱することになるんだ。勝ち点12を上げることは壮大なことだろうし、その積み上げはこのスポーツにおける主要な目的に到達することなんだ。」と強調した。

 

 最後に今シーズンの補強された陣容について「フィデル・マルティネスのことはよく知っているよ。マルセロ・アラトーレも同様に僕らを助けてくれているし、アレハンドロ・カストロはとても規律良く貢献してくれているよね。彼は多くの逆境を克服しているし、僕らすべての選手に刺激を与えてくれるタイプのプレーヤーなんだ。昨シーズンとの違いは、僕らはより組織的であり必要な場面でより多くのプレーを保つことが出来てこれは、より良いバランスに反映されているんだ。」と締め括った。